2014秋1部香川大対四学大第1試合順延日についてのお知らせ

8月29日に悪天候のため中止、順延となりました秋季リーグ1部香川大学対四国学院大学の第1試合の日程が決定しましたのでお知らせ致します。

日時:8月30日(土)10:00〜
場所:観音寺球場

上記の日程で行います。
よろしくお願い致します。

(報告者=四学 兼山)
posted by 四国六大学 at 22:04 | 2014春リーグ戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

総括〜2014春

 同率首位の松大・四学でさえも4敗、9年振りに行われたプレーオフ(同勝点・同率による順位決定戦)と、激戦となった2014春季リーグ戦。松山大学は愛大戦で勝ち点を落とし、最終四学戦でも第一試合を落とし、瀬戸際まで追い詰められながらもそこからの五連勝で覇権を手繰り寄せ、松大にとっては平成18年以来の連覇となった。優勝の松山大学の戦いぶりを見ると、息詰る展開の試合がほとんどを占め、圧倒的な強さを示すことはなかった。先発陣の西岡・松本に加え金枡を中心とする救援陣を加えたバッテリーが再三のピンチでも踏み止まり、決定的な失点を食い止める粘りを見せた。打撃陣もその粘りに応えるようにチャンスに強い打撃を見せた。主将・政岡が攻守ともに引っ張るチームではあるが、それに続く選手が負けず劣らずの活躍を示し、試合毎に殊勲をあげる選手が代わるという"レベルの高い"全員野球で、群雄割拠の激戦を切り抜けた。
 首の差をかわされた四国学院。若い選手が台頭し、苦しむ展開が多かったのだが、岩田・高岡らのリーグを牽引してきた打撃陣の粘りの一打で試合の流れを変え、試合をものにしてきた。あと一勝と迫りながらも、全員野球の松山大の前にその粘りもわずかに届かなかった。三位となった愛媛大。田中宏が一本立ちし、松山大学から勝ち点を取り、6勝を挙げるなど、宇野・吉田らの投手陣がしっかりと試合を作り、香川・高橋らを中心とする打撃陣も好調で私学二強を脅かし続けたが、第四週に四学戦で仕留めきれず、悔しい結果となった。高知大は打線が振るわず苦しい試合が続いた。上位との対戦でも投手陣が踏ん張るものの粘りきれずに押し切られ、連続の四位に沈んだ。香川大は勝ち点は1と振るわなかったが、松大・四学からも勝利を挙げる奮闘を示し、混戦の立役者となった。最少人数で挑んだ鳴門教育、リーグ戦では無念の未勝利に終わったが、上位相手に後一歩のところまで追い詰める試合も多く、対戦相手も星勘定ほどの差を感じるものはいないであろう。
 第三戦にもつれ込む対戦が7つ、9回(最終回)で動く試合もあり、6試合がタイブレークになるなど熱戦、混戦が繰り広げられた。
 一部同様に混戦となった二部は、徳島大が優勝し入替戦に出場した。その入替戦も二試合ともに息詰る投手戦となった。その中で最後まで粘りきった鳴門教育が連勝で残留を果たした。
 6月から始まる全日本選手権。1回戦は北陸地区の福井工業大学に決定している。福井工業大学は毎年春に四国へ合宿にきており、いくつかの大学はオープン戦などの対戦の経験はある。強豪であり、格上のチームであることは身を持って体験しており、チャレンジャーであることは間違いない。われわれの代表として出場する松山大学は、現在更なるレベルアップを目指し、精力的に調整を進めている。群雄割拠の激戦を勝ち抜いた誇りを持って、チャレンジしてもらいたい。

◆今後の予定
 5/31 松山大愛媛大硬式野球定期戦(坊っちゃんスタジアム)
 6/10 全日本大学野球選手権大会(初日・9:00〜松山大vs福井工業大学)
 6/21 理事会・マネージャー会
 6/27 四国インカレ(香川県志度球場・〜29日)

image.jpeg 1400043465038.jpg
DSCF2722.JPG DSCF2564.JPG DSCF2235.JPG 1398581431106.jpg 1397980404032.jpg image.jpeg
posted by 四国六大学 at 10:55 | 2014春リーグ戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014春入替戦鳴教大対徳島大第2試合結果

5月24日(土)、鳴門教育大学グラウンド、12:57開始(試合時間2時間8分)
主管 鳴教大
観客数41人

イニングスコア
鳴門教育=100|000|45|8
徳島大学=100|000|00|1

バッテリー
鳴門教育大学=○中野-矢島
徳島大学=●藤田-平間
二塁打=太田、中川、小林将(鳴大)、塩見(徳大)
三塁打=なし
本塁打=小林晴(鳴大)
暴投=中野(鳴大)
捕逸=平間(徳大)
野選=なし
MVP=中野(鳴大)
VP=小林晴(鳴大)
審判=(西池、岡田、前田、筒井)
記事=鳴門教育大学対徳島大学の入替戦第2回戦。先攻の鳴教大は、初回に先頭打者小林晴の本塁打で先制点を取る。しかし、後攻の徳大もすぐさま1点を返し、同点のまま回が進み、この試合も投手戦となった。緊迫した試合展開から動き出したのが7回表。鳴大は安打と相手の失策から一挙4得点をあげる。
続く8回にも3点を取った鳴門教育大学が8回コールドで勝利し、1部残留が決定した。
MVPには完投勝利を収めた中野が、VPには本塁打を放った小林晴が選ばれた。
(報告者=鳴教大 宮本)
image.jpeg image.jpeg
posted by 四国六大学 at 07:25 | 2014春リーグ戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014春入替戦徳島大対鳴教大第1試合結果

5月24日(土)、鳴門教育大学グラウンド、10:00開始(試合時間1時間50分)
主管 鳴教大
観客数35人

イニングスコア
徳島大学=000|000|000|0
鳴門教育=000|000|001×|1×

バッテリー
徳島大学=●井上-大西
鳴門教育大学=○安川-矢島
二塁打=なし
三塁打=大草(徳大)
本塁打=なし
暴投=なし
捕逸=大西(徳大)
野選=なし
MVP=岡本(鳴大)
VP=安川(鳴大)
審判=(岡田、西池、佐古、永山)
記事=春季リーグ最後の戦いとなる徳島大学対鳴門教育大学の入替戦第1回戦。
初回、先攻徳大の大草に三塁打を打ち、苦しい立ち上がりを見せた鳴大先発の
安川であったが、後続をしっかりおさえ無得点に。
対する鳴大も反撃をしかけたいところだったが、徳大先発の井上を前に
なかなか反撃の機会を掴めない。
無得点を刻む投手戦となり、タイブレークまで持ち越すかと見えた9回裏、
鳴教大の小林将が安打で出塁、続く矢島の犠打により
チャンスをつくると、岡本が左中間への決勝安打を放ち鳴大が勝利をおさめた。
MVPは決勝打を放った鳴大の岡本が、VPには2安打完封鳴大の安川が選ばれた。
(報告者=鳴教大 宮本)
image.jpeg image.jpeg image.jpeg
posted by 四国六大学 at 07:24 | 2014春リーグ戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014春1部優勝決定戦松山大対四学大第2試合結果

5月14日(水)マドンナスタジアム、9:25開始 (試合時間 2時間20分)
主管 松山大
観客数 239人

イニングスコア
松山大学= 000|400|100|5
四国学院= 000|000|201|3

バッテリー
松山大学=○松本、金桝 ― 政岡
四国学院=●成田、重村 ― 兼若、古賀
二塁打=(四学)高岡 、(松大)北尾2
三塁打=なし
本塁打=(四学)高岡
暴投=なし
捕逸=(松大)政岡
野選=なし
MVP=松本(松大)
VP=酒井(松大)
審判=(早川、室野、岡田、上田)
記事=今リーグ5回目の対戦となった四学ー松大。平日開催ながら239人の観衆が見守る中始まった一戦。序盤成田(四学)、松本(松大)両先発投手が好投を見せる。動いたのは4回、昨日屈辱の途中交代となった北尾が二塁打を打ち好機を作ると十河も続く。ここで松大は末廣がスクイズを決め先制する。さらに酒井、坂本の連続適時打が飛び出しこの回4点を奪う。その後7回にも十河が連日のスクイズを決め5-0と松大がリードする。四学は7回に内野ゴロと代打小阪の適時打で反撃する。その後救援した金桝も好投を見せる。四学は9回主将高岡が意地の左越本塁打を放ち1点を返すが反撃もそこまで。松大が5-3で勝利し崖っぷちからの5連勝で2季連続28回目の優勝を決めた。(5年ぶり30回目の全国大会出場)
 この試合、今リーグ怪我等もあり本来の投球ができていなかったがこの大一番で好投をした松本(松大)がMVPに。追加点を奪う適時打を打った酒井(松大)がVPに選ばれた。
(報告者=松大 光田)
写真はMVPの松本(松大)と意地の本塁打を打つ高岡(四学)と優勝を決め歓喜する松大選手
1400043465038.jpg1400044637921.jpg1400040842162.jpg


=ブログ管理人より追加=
◆プレーオフ第二戦9回裏攻防と松山大優勝の瞬間の配信映像


Video streaming by Ustream
◆ライブ配信のパブリックビューイングの模様(松山大学生食堂)
IMG_0022.JPG IMG_0023 (2).JPG
posted by 四国六大学 at 14:38 | 2014春リーグ戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014春1部優勝決定戦松山大対四学大第1試合結果

5月13日(火)、マドンナスタジアム、12:30開始(試合時間2時間50分)
主管 松山大
観客数193人

イニングスコア
四国学院=011│000│000│2│4
松山大学=000│001│100│3x│5x
規定によりタイブレーク

バッテリー
四国学院=●細田‐兼若
松山大学=○西岡-政岡
二塁打=兼若、岩田修(四学)、妹尾(松大)
三塁打=なし
本塁打=なし
暴投=細田(四学)
捕逸=政岡(松大)
野選=なし
MVP=政岡(松大)
VP=磯兼(松大)
審判=(小林、岡田、上田、弓立)
記事=9年ぶり3回目の実施となった優勝決定プレーオフ第1試合。四学は2回に2つの死球で二死二三塁とすると、9番山城の当たりが松大のエラーを誘い先制する。さらに3回には原が右犠飛を打ち1点を追加する。松大は好機を作るもなかなか点に結びつかない。しかし、6回4番北尾に代打した磯兼がチームの雰囲気を変える左前安打を打つ。すると二死三塁で末廣が右前適時打を放ち1点を返す。さらに7回にも二死満塁で磯兼が適時内野安打を打ち同点に追いつく。その後両チーム得点に結びつかずタイブレークに突入する。すると10回四学は先ほどの好機に凡退した岩田修が右越適時二塁打を打ち2点を奪う。ここで万事休すかと思われた10回裏松大は政岡が2ストライクと追い込まれた状態から中前適時打を放ち同点とする。さらに続く十河が追い込まれた状態からスクイズを決めサヨナラで松大が勝利し優勝に王手とした。この試合同点適時打の政岡がMVPに。途中出場ながらチームの流れを変える2安打を打った磯兼がVPに選ばれた。四学細田、松大西岡両投手の気迫の投球は見事なものであり、群雄割拠の今リーグを象徴する熱戦となった。
松山大学 1勝0敗
(報告者=松大 光田)
写真は2点目を奪う原(四学)の右犠飛と同点打の政岡(松大)とサヨナラスクイズを決める十河(松大)
1399967359026-1.jpg1399967351393.jpg1399967345755.jpg
posted by 四国六大学 at 16:59 | 2014春リーグ戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第七週見所〜2014春

第七週(ポストシーズン)
 雨天順延などで第六週まで延びた2014春季のリーグ戦の日程は終了した。松山大が最終戦を勝利し、群雄割拠の激しい戦いを象徴するように2014春季リーグ戦はレギュラーシーズンでは決着がつかず、四国学院、松山大がともに勝ち点4、9勝4敗で並び、プレーオフ(二勝先勝方式)に突入することとなった。
 坊っちゃん決戦での対戦では、三試合とも先制したチームが僅差で逃げ切る緊迫の試合となった。両チームともに投手陣を中心にディフェンス面で充実してきており、がっぷり四つの力と技の攻防となることは間違いだろう。近年覇権を争い続ける私学二強による全日本選手権出場を賭けた、雌雄を決する大一番となる。
 もう一方のポストシーズン。意地とプライドをかけた緊迫の入替戦。鳴門教育と徳島大の徳島勢同士の吉野川ダービーとなる。この両大学の入替戦の攻防は幾度となく繰り返され多くのドラマを生んでいる。少数精鋭で一部リーグの荒波にもまれた鳴門教育が意地を見せ残留するのか、接戦となった二部を勝ち上がった徳島大が勢いそのままに昇格するのか、こちらも見逃せない戦いとなる。
 この2カードで群雄割拠の激戦の続いた四国六大学野球2014春季リーグも幕を下ろす。この最後の戦いに勝利の女神が微笑むのは果たして、、、。

◆プレーオフ(松山大vs四国学院・二勝先勝方式)
第1回戦 5/13 火 12:30 マドンナ・・・・・Live!
第2回戦 5/14 水 09:00 マドンナ・・・・・Live!
(予 備) 第2回戦終了後・・・・・Live!

◆入替戦(鳴門教育vs徳島大・二勝先勝方式)
第1回戦 5/24 土 10:00 鳴教大G・・・・・Live!
第2回戦 5/24 土 13:00 鳴教大G・・・・・Live!
(予 備) 5/25 日 未定 鳴教大G・・・・・Live!
全試合入場無料!

Live・・・ライブ配信を予定しています。電波状態により、配信できない場合もございますことをご理解ください。
DSCF2493.JPG
posted by 四国六大学 at 23:00 | 2014春リーグ戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする