2016春2部徳島大対徳文大第2試合結果

4月16日(土)、番の州球場、12:53開始 主管 徳島大学 イニングスコア 徳島文理=020|030|000|5 徳島大学=000|001|52×|8 バッテリー 徳島大学=藤田、○吉野、島ー酒井 徳島文理=●山本ー藤原 二塁打=友居、小谷、玉置(徳大) 三塁打=なし 本塁打=宮永(徳大) 暴投=吉野(徳大) 捕逸=なし 野選=なし MVP=宮永(徳大) VP=島(徳大)、山本(徳文) 徳島大学 2勝0敗(通算 4勝0敗) (報告者=徳大 児島)

続きを読む

2016春2部徳島大対徳文大第1試合結果

4月16日(土)、番の州球場、9:58開始 主管 徳島大学 イニングスコア 徳島大学=111|300|210|18 徳島文理=010|000|13|5 (8回コールド) バッテリー 徳島大学=○圓藤ー酒井 徳島文理=●蓮井、西口、大西智ー山本 二塁打=酒井2、林航(徳大)、大西智、大西浩(徳文) 三塁打=小谷、林航(徳大) 本塁打=なし 暴投=圓藤(徳大)、大西智(徳文) 捕逸=なし 野選=なし MVP=児島(徳大) VP=酒井(徳大)、岡田(徳文) 徳島大学 1勝0敗(通算 3勝0敗) (報告者=徳大 児島)

続きを読む

第三週見所~2016春

高知決戦  伝統の定期戦を兼ね、両大学総力挙げての戦いとなり、大いなる盛り上がりを見せた松愛戦は、愛大の投打の噛み合う攻撃で快勝。高大は持ち前の守備力に加え、攻撃面でも小技を絡めるなどバリエーション豊かな得点力を見せ連勝。四学は投手陣が完璧なピッチングで高工打線を翻弄し、圧倒的な強さを見せ、2試合共にコールド勝利した。どの試合も2戦で決着が着き、勝点2と勝点0の大学の差がはっきりと分かれた第二週の戦いとなった。 第三週は、一箇所開催・第2ラウンドとなる高知決戦。リーグ戦も中盤に差しかかり、折り返し地点となる。今週の戦いぶりが、今後の展開に大きく影響する。  やはり一番の見所は、勝点2同士である愛大と四学の一戦。愛大が勝てば、昨春に続く春連覇への道が大きく開けてくる。四学が勝てば、常勝四学の復活に近付き、リーグ戦の模様が一変する。勝負の鍵は、両大学投手陣が握る。愛大は、エース田中を軸に構成され、続く佐藤など二番手以降の投手も侮ることはできない。対する四学も、小久保、岡上、重村、土田など投手力は極めて高い。ピッチャーを軸とした守備で、ロースコアの戦いに持ち込まれることが予想される。  松大の前には、高大のエース益原、主将でセンター柴田、堅実な二遊間と、鉄壁のセンターラインで立ちはだかる。高大は打撃面でも、2回生富岡が2本のHRを放つなど、柴田、小笠原だけに留まることなく、成長した新世代も期待される。対する松大は、今だ勝点0と、まだ本調子ではない。しかし、投手の継投と打線がうまく噛み合った時、脅…

続きを読む

2016春1部高知大対香川大第2試合結果

4月10日(日)、高知県東部球場9:53開始(試合時間 2:09)主管 高知大学  観客数 70人 イニングスコア高知大学=040|101|001||7香川大学=000|002|000||2 バッテリー高知大学=(勝)道原、岡崎、益原ー田中香川大学=(負)井島、田内ー湯田二塁打=片山(高大)、窪田(香大)三塁打=なし本塁打=富岡②(高大)暴投=なし捕逸=なし野選=なしMVP=富岡(高大)VP=道原(高大)審判=(川江、立野、伊藤、西村)記事=1回戦で勝利を飾った高大と、何としても勝って3試合目に持ち込みたい香大との第2回戦。試合は序盤から高大が大きく動かした。2回、レフト前ヒットで薮井が出塁すると、続く富岡がレフトへのツーランホームランを放ち、いっきに2点を挙げる。そのまま勢いを落とすことなく死球、ヒットでチャンスを作り、ディレードスチールといった小技をきかせた積極的な攻撃で点を重ね、この回4得点を挙げる。4回、打撃好調の片山がライト線へのツーベースを決めると、橋本の犠打、薮井がセーフティスクイズを決め、リードを広げる。6回にも、死球で出塁、ヒットで進塁した小笠原が、相手の守備の隙をついて生還し、好走塁を見せつけた。最終回での富岡の、井島の球を完璧にとらえた本日2本目のホームランは、試合を決定付けるものとなった。追いかける香川大は、反撃を試みるもなかなか点を奪えない。しかし6回、四球を選び出塁した湯田と、野手のエラーで出塁を果たした車谷が、進塁打や併殺崩れ、國光のレフト前ヒットを経て…

続きを読む

2016春1部愛媛大対松山大第2試合結果

4月9日(土)、マドンナスタジアム 9:57開始(試合時間2:15) 主管 愛媛大学 観客数 370 人 イニングスコア 愛媛大学=301|001|010|6 松山大学=000|010|000|1 バッテリー 愛媛大学=佐藤、寺西、増田-乗松 松山大学=渡辺、玉木、金枡、越智、平山-田原 二塁打=山脇、西久保(愛大) 三塁打=なし 本塁打=奥田(松大) 暴投=玉木(松大) 捕逸=田原(松大)、乗松(愛大) 野選=なし MVP=佐藤(愛大) VP=西島(愛大)、奥田(松大) 審判(石川、早川、上田、弓立) 記事=愛媛大学の先勝で迎えた春季リーグ戦第2週及び定期戦の第2回戦。この日は両スタンドに応援団、チア、ブラスバンドを迎えており白熱した勝負をさらに盛り上げてくれた。今試合も序盤から愛媛大学が主導権握る。プレイボール直後の一球目、先頭の西島(愛大)がサードへのセーフティーバントで出塁すると、送りバント、相手のエラーで一死一三塁を作る。4番香川(愛大)はセカンドフライに倒れるも5番西久保が四球で繋ぎ二死満塁。ここで6番山脇が右中間を破る2点適時二塁打を放ち先制、後続も繋ぎ初回に3点を得る。愛媛大学先発の佐藤は投球した8イニング中6イニング先頭打者を打ち取る安定感抜群の投球で松山大打線に付け入る隙を与えない。絶対に負けられない松山大は継投で試合の流れを呼び込もうとするも勢いづいた愛媛大打線を食い止めることは出来ず、後を継いだ投手陣が3失点。得点も5回に飛び…

続きを読む

2016春2部徳文大対徳大医第2試合結果

4月9日(土)番の州球場 試合開始13時18分 主管 徳島文理大学 イニングスコア 文理大=401|030|000|8 徳大医=104|000|002|7 バッテリー 徳島文理=○山本、加藤、浅井、宮田-舛田 徳大医学=●末政、足立-肥田 二塁打=真鍋(徳大医学)、山本(文理大) 三塁打=加納2(徳大医学)、桑水流(徳大医学) 本塁打=なし 暴投=なし 捕逸=なし 野選=なし MVP=福島(文理大) VP=加納(徳大医学) 徳島文理 1勝1敗(通算1勝1敗) (報告者=徳文 加村)

続きを読む

2016春2部徳文大対徳大医第1試合結果

4月9日(土)番の州球場 試合開始10時05分 主管 徳島文理大学 イニングスコア 徳大医=000|000|100|3|4 文理大=010|000|000|0|1 バッテリー 徳大医=○別所、足立-肥田 徳島文=●小松-山本 二塁打=加納2(徳大医学)、大西(徳文大)、肥田(徳大医学)、真鍋(徳大医学) 三塁打=なし 本塁打=なし 暴投=なし 捕逸=なし 野選=なし MVP=別所(徳大医学) VP=足立(徳大医学)、小松(文理大) 徳島文理 0勝1敗(通算0勝1敗) (報告者=徳文 加村)

続きを読む