2019年度春季リーグ 総括

2019年度春季リーグ戦は、最終週まで順位が分からない、大混戦のリーグとなった。2018年度秋季リーグ戦に続き、全大学から勝ち点を奪取し、圧倒的な勝負強さを見せた高知工科大学が完全優勝、そして創部以来初の全日本大学野球選手権大会への出場を決めた。 高知工科大は昨秋に続き、投打ともに高いレベルを見せた。絶対的エース尾崎(4年:徳島北)と、尾崎とともに二枚看板を背負ってきた山上(4年:丸亀城西)、更には金本(2年:今治西)、大地(3年:松山北)など、二枚看板に続く投手が出てきたことが優勝の大きな要因になったことは間違いないだろう。そして高知工科の代名詞ともいえる強力打線は今期も健在だった。走攻守で高いレベルを見せ、チームの中心選手となりつつある新宅(2年:広島新庄)、コンスタントに安打を量産した當田(3年:大島)らの上位打線に加え、リーグ全体で打率3位となった門田(2年:高知)、同じく4位となった杉本(3年:高知)など、打率3割を超えた選手(規定打席以上)は6名に及び、切れ目のない打線で他大学を圧倒した。 昨秋最下位となり、入れ替え戦まで経験するというどん底を見た愛媛大が今春2位に躍進。優勝まであと一歩という大健闘ぶりを見せた。持ち前の走塁で相手をかき回す攻撃を、大前(3年:龍野)、太田(3年:加古川西)の1,2番コンビ、主将澤谷(4年:金光学園)、俊足巧打の民部(4年:倉敷南)らが演出し、今村(4年:三島)、藤田(2年:新居浜西)らのパンチ力ある打撃も光った。投手陣は、速球派左腕勝田(4年:津山…

続きを読む

2019春入替戦松山大対徳島大第3試合結果

5月19日(日)久万ノ台グラウンド12時40分開始(試合時間2時間12分)主管松山大学観客数50人イニングスコア松山大=003|030|020||8徳島大=002|000|000||2               バッテリー徳島大=金城、河野、吉田、川崎-岡本松山大=坂口、森安、河野、大東、田渕-乗松、三好二塁打=高橋、三好、小田原(松大)三塁打=竹野(徳大)本塁打=なし暴投=大東(松大)捕逸=なし野選=なしMVP=高橋(松大)VP=小田原(松大)、吉田雄(徳大)審判=(稲葉、上田高、上田幸、弓立)記事=入替戦も1勝1敗の五分となり迎えた第3試合。逆王手をかけた松山大が前半からエンジン全開で徳島大に襲い掛かる。3回表、松山大は2番高橋のレフト線を破るタイムリーツーベースヒットを皮切りに4番小田原、5番渡部颯の連続タイムリーで一挙3点を先制する。その裏、徳島大も松山大先発の坂口の急な乱調を見逃さなかった。3つのフォアボールで塁を埋め1アウト満塁とすると、2番吉田が置きにいったストレートをうまくレフト前に弾き返し2点差に詰め寄る。その後松山大は坂口に代わり今季初登板の森安をマウンドに送る。セカンドゴロの間に1点を失うも、どうにか後続を断ち切り松山大が主導権を譲らない。その後、松山大は5回表にも相手のエラーとフォアボールなども絡め3点を追加し、前半戦を6-2と試合の主導権を握ったまま後半戦に突入する。8回表、徳島大の4番手川…

続きを読む

2019春入替戦松山大対徳島大第2試合結果

5月19日(日)久万ノ台グラウンド9時59分開始(試合時間2時間1分)主管松山大学観客数54人イニングスコア松山大=001|000|300||4徳島大=000|100|000||1               バッテリー徳島大=大西-岡本松山大=林、亀井、田渕-三好、乗松二塁打=なし三塁打=なし本塁打=なし暴投=なし捕逸=なし野選=なしMVP=高田(松大)VP=亀井(松大)、大西(徳大)審判=(上田高、稲葉、弓立、上田幸)記事=Ⅰ部昇格へあと1勝と勢いのある徳島大とⅠ部残留のために負けられない松山大の入れ替え戦第2回戦。徳島大は大西を松山大は林をマウンドへ送る。試合は3回表松山大の攻撃、1死1.3塁のチャンスで2番高橋が打席に入る。何としても先制点が欲しい松山大、4年生の意地で高橋がレフトへヒットを放ち高田が先制のホームを踏む。しかし4回裏徳島大の攻撃、ここまで好調だった林が制球に苦しむ。2四球とヒットで2死満塁とチャンスをものにしたい徳島大。7番吉田への死球による押し出しで試合は振り出しに戻る。7回表松山大の攻撃、渡部(颯)がヒットで出塁すると、その後2四球で2死満塁のチャンスを作る。1番高田のライト前ヒットとエラーで3点を勝ち越すことに成功する。5回以降徳島大打線は1年生ピッチャー亀井のテンポの良いピッチングで出塁2人のみと苦しい展開となった。入れ替え戦第2回戦は4対1と松山大に軍配が上がり、決着は第3回戦へともつ…

続きを読む

2019春入替戦徳島大対松山大第1試合結果

5月18日(土)久万ノ台グラウンド12時55分開始(試合時間2時間20分)主管松山大学観客数42人イニングスコア徳島大=000|000|004||4松山大=000|000|001||1               バッテリー徳島大=河野、大西-岡本松山大=坂口、河野-乗松二塁打=なし三塁打=なし本塁打=森下(徳大)暴投=大西(徳大)捕逸=なし野選=なしMVP=森下(徳大)VP=河野(徳大)、渡部颯(松大)審判=(伊井、高橋、上田、弓立)記事=曇天の空模様の中迎えた入替戦第1試合。松山大が先にⅠ部残留に王手とするのか、はたまた徳島大が勢いそのままにⅠ部昇格に1歩前進するのか注目の初戦。松山大は先発に1年生の坂口を起用する。今季リーグ戦でも先発を担当した試合があるなどマウンド度胸はとても1年生とは思えない堂々っぷり。対する徳島大の先発はエース河野。初戦から盤石の布陣で松山大打線を迎え撃つ。この試合、両大学先発投手が危なげないピッチングでチャンスを何度もしのぎ合う展開。松山大は5回からリリーフエース軟投派左腕の河野にマウンドを託す。その後もスコアボードには0の文字が並んでいく。8回を終え未だにスコアレスの展開。9回、試合が急展開する。9回表、徳島大は1アウトから3番田中がショートのエラーで出塁すると、続く4番京川もライト前ヒットを放ち、試合前の予想通りこの3・4番コンビがチャンスメイクする。その後1人倒れるも6番田上がショー…

続きを読む

ポストシーズン見所〜2019春〜

昨秋のⅡ部覇者である鳴門教育大の連覇を見事阻止し優勝を決めた徳島大学。事実上の優勝決定戦でもあった鳴門教育大戦でも粘りのピッチングで失点を最小限に抑えた河野、大西が投手陣の軸を担っている。打線も上位を任されている竹野、田中、京川の3人には今試合でも注目したいところ。対する松山大学は、三回戦までもつれ込ませる試合を見せるもあと一歩のところで負ける試合が多く勝ち点は1しか得られなかった。終盤での弱さが大いに目立つ。序盤、中盤でどれほど打線が繋がり得点を重ねられるかが試合を左右するキーポイントになるだろう。中軸を担う川又、小田原、渡部颯の奮起に期待しつつ、大東、田渕の先発二本柱がどこまで試合をつくれるかがⅠ部残留への鍵になる。勝ち点を逃してきた悔しさをここで晴らしたい。このまま勢いにのりⅠ部昇格を狙う徳島大と、前試合から募る悔しさから何としてでもⅠ部残留を果たしたい松山大学。今季の最終局面であり互いに譲れないこの試合。勝利の女神はどちらの大学に微笑むか。

続きを読む

2019春 入替戦について

1部6位の松山大学と2部1位の徳島大学の入替戦の日程について、お知らせ致します。 5/18(土)第1試合 13:00開始会場:久万ノ台グラウンド 5/19(日)第2試合 10:00開始(予備日程 13:00開始)会場:久万ノ台グラウンド 会場、日程は以下の通りです。よろしくお願い致します。 報告者=松山大 佐野

続きを読む

リーグ勝敗表

2019春季リーグ戦20190512更新      リーグ日程優勝 高知工科大学順位Ⅰ高工香大四学高大松大愛大勝点勝負優勝高工大-●〇〇○●○●〇〇〇〇○●○51045位香川大〇●●-〇〇●〇●●●●○●1583位四学大●○●●●-○●○●〇〇●〇●2683位高知大〇●●〇●〇●○●-○●○●●2686位松山大●●○○〇●●●○●-〇●●1582位愛媛大●○●○●○〇●〇〇〇●〇〇-495(Ⅱ部リーグは↓↓・スクロールで移動してください)優勝 徳島大学順位Ⅱ鳴教徳大香専徳医新専勝負2位鳴教-●●〇〇〇〇〇〇62優勝徳大〇〇-〇〇〇〇〇〇803位香専●●●●-〇〇〇〇444位徳医●●●●●●-〇〇265位新専●●●●●●●●-08入替戦松山大  徳島大

続きを読む