2019春 1部 松山大対高知大 第2試合結果

5月5日(日)今治市営球場15時15分開始(試合時間1時間48分)主管松山大学観客数112人イニングスコア松山大=000|000|101||2高知大=000|000|100||1               バッテリー松山大=田渕、〇河野-三好高知大=●松藤-菅野二塁打=なし三塁打=なし本塁打=高橋(松大)暴投=なし捕逸=なし野選=なしMVP=高橋(松大)VP=松藤(高大)、河野(松大)審判=(高橋、小林、稲葉、田中) 記事=昨日の朝の冷たい空気とはまたうって変わって、灼熱の太陽の下で行われたこの試合。6回まで両大学先発投手の見事な投球により、お互いにスコアボードには0が並び、ヒットの数も互いに1本ずつと主導権を譲らない戦いが続いた。試合が動いたのはラッキー7となる両大学7回の攻撃。まずは先攻の松山大。1アウトから4番川又がストレートを捉え右中間を一刀両断、ツーベースヒットを放ちチャンスメイクする。その後2アウト2塁となり、打席にはここで勝負強さ光るバッティングが持ち味の代打篠浦。カウント1ボール2ストライクと追い込まれた4球目、ストレートを弾き返すと詰まり気味の打球は力なくセンターの目の前に落ち、松山大が苦しながらも1点を先制。対する高知大も7回裏、1アウトから高知大自慢のクリーンナップ4番松本、5番中山の連打、6番小松の四球でチャンスを広げると、ここで高知大も7番緒方に代わり代打黒瀬を打席に向かわせる。全球ストレ…

続きを読む

2019春1部 愛媛大対香川大第2試合結果

5月5日(日)、今治市営球場、12時12分開始(試合時間2時間27分)主管 愛媛大学 観客数 140 人 イニングスコア愛媛大学=000|200|000||2香川大学=020|000|20☓||4 バッテリー愛媛大学=●勝田、中村ー村瀬、浜本香川大学=平岡、〇大森ー大原 二塁打=近藤(香大)三塁打=なし本塁打=なし暴投=勝田(愛大)捕逸=なし野選=なし MVP=近藤(香大)VP=大森(香大)、民部(愛大)審判( 稲葉、田中、杉長、弓立) 記事=連勝で勝ち点を掴みたい愛媛大学と、最下位脱出へ負けるわけにはいかない香川大学の対決。先発は香川大学・平岡、愛媛大学・勝田が務めた。2回裏、香川大が勝田を攻め立てる。1死から5番仲島がエラーで出塁すると、四球などで2死1,2塁とし、8番山谷がレフト前へ運び2死満塁。更に9番近藤がレフトへタイムリーを放つ。レフトがもたつく間に2塁ランナーも還り、香川大が2点の先制に成功する。追いつきたい愛媛大は4回の表、エラーと四死球で2死ながら満塁のチャンスをつくると、7番民部が3塁線を破り同点に追いつく。愛媛大が粘り強い攻撃で試合を振り出しに戻す。その後は両先発が力強いピッチングを見せ、スコアボードには0が並ぶ。7回表、愛媛大が勝ち越しのチャンスをつくる。先頭の7番民部がヒットで出塁すると、続く村瀬が四球を選び0死1,2塁とする。ここで香川大は平岡から大森にスイッチする。愛媛大は更にエラーで0死満塁とチャンスを拡大する。しかし、スクイズ失敗、三振、セカンドゴロと大…

続きを読む

2019春1部 四学大対高工大第2試合結果

5月5日(日) 今治市営球場9:00開始(試合時間2:34)主管 四国学院大学 観客数148人イニングスコア四学大=000|203|000|5高工大=000|200|010|3バッテリー 四学大=山上、〇下里、加藤ー河野高工大=●山上、金本、伊與田ー門田二塁打=黒岩(四)三塁打=河野(四)本塁打=なし暴投=なし捕逸=なし野選=なしMVP=下里(四学大)VP=山根(四学大)       大原(高工大)       審判=(小林、杉長、高橋、弓立)記事=2日目第1試合の四学大対高工大。前日は高工大が8-5で勝利し2季連続優勝まであと1勝とした。高工大優勝のかかったゲームの先発を任されたのは山上代貴、対する四学大はその弟の山上達貴。注目の兄弟対決となった。両投手ともテンポの良い投球を見せ3回まで両チーム無得点に終わる。4回、四学大は相手のミスを逃さず2点を先制する。しかしその裏、高工大は1死から3連打で満塁とすると8番杉本が適時打を放ち同点に追いつき四学大先発山上達貴はここで降板。なおもピンチを迎えるも2番手下里が無失点に抑え勝ち越しを許さない。すると6回、四学大は1死かは4番山田晃・5番山田倫の連打でチャンスを作ると6番河野の適時三塁打、9番山根の適時打でこの回3点を勝ち越す。今日で決めたい高工大であったが四学大2番手下里が強力高工大打線を抑え反撃の隙を与えない。8回、6番門田の適時打で1点を返されるも要所を抑え…

続きを読む

2019春2部 新高専VS徳大医第2試合結果

5月4日(土)球場:三島運動公園グラウンド13時50分試合開始(試合時間1時間50分)主管 新居浜高専観客数 数名イニングスコア  新高専= 201|000|0||3  徳大医= 108|001|X|| 10     (大会規定により7回コールド)バッテリー徳大医=〇椿野ー平野新高専=●村上健,後藤ー十亀二塁打=碇武(徳大医),十亀2(新高専),岩﨑(新高専)三塁打=窪田2(徳大医)藤森(徳大医)本塁打=なし暴投=椿野3(徳大医)捕逸=なし野選=なしMVP=窪田(徳大医)VP=椿野(徳大医),後藤(新高専)審判(石川,山下,杉長) 記事=新高専と徳大医の第2戦。初回、1番十亀の二塁打から犠打、死球と続き出塁し4番岩﨑の安打で2点を先制した新高専。その裏徳大医も1番窪田が三塁打を放ち3番碇武の二塁打で1点を返した。新高専が3点リードで迎えた3回裏、1番窪田が四球で出塁すると2番藤森の三塁打、3番碇武の安打と続き、2点を返す。そこから、重なる四球によりこの回、8点を許し9-3となった。新高専も4回、二死から片坐が安打で出塁、四球、盗塁と二死2,3塁でチャンスを作るも得点にはならず、5,6回も無得点で抑えられ、6回裏、1番窪田の三塁打から犠打により1点を追加し、10-3で徳大医が勝利した。MVPには二本の三塁打を放ち、3得点した窪田(徳大医)が選出され、VPには椿野(徳大医)、後藤(新高専)が選出された。 新居浜高専0勝2敗 (報告者=新高専 村松)

続きを読む

2019春2部 鳴教大対徳島大第2試合結果

5月4日(土)オロナミンC球場12時58分(2時間13分)主管鳴門教育大学観客数80人イニングスコア鳴教大=100|000|00||1徳島大=000|124|00×||7 バッテリー鳴教大=●田原、岡村、川村-大栗徳島大=○大西-岡本二塁打=田中(徳島大)、京川(徳島大)、岡本(徳島大)三塁打=竹野(徳島大)、田中(徳島大)、京川(徳島大)、田上(徳島大)本塁打=なし暴投=なし捕逸=大栗(鳴教大)野選=なしMVP=大西(徳島大)VP=権藤(鳴教大)、竹野(徳島大)審判=(尾崎、西野、蔵本) 記事=何としても負けられない鳴門教育大学VS二部優勝に王手をかけ、勢いのある徳島大学との第2戦。先発は田原(鳴教大)、大西(徳島大)の両投手により試合開始となった。1回鳴教大は、四球と内野安打でチャンスを作ると、三塁走者宇良のホームスチールにより1点を先制する。第1戦での打線の勢いを続けたい徳島大だが、鳴教大の田原からまともにバットが振れず、3回まで圧倒される。しかし4回、徳島大は4番京川の左中間への二塁打でチャンスを作ると、5番松浦がセンターに適時打を放ち、試合を振り出しに戻す。更に5回、徳島大は2番甲矢が四球を選び、盗塁で二塁まで進むと、続く3番田中のレフト前への適時打により勝ち越しに成功する。4番京川も、センター越の三塁打でこの回2点を挙げる。続いて6回、徳島大は失策と四球で満塁のチャンスを作ると、1番竹野が右中間真っ二つに走者一掃の三塁打を放ち3点を追加する。続いて3番田中が左中間に三塁打を放ち、点…

続きを読む

2019春2部 徳大医VS新高専第1試合結果

5月4日(土)球場:三島運動公園グラウンド10時10分試合開始(試合時間2時間50分)主管 新居浜高専観客数 数名イニングスコア  徳大医= 102|001|324|| 13  新高専= 101|020|240|| 10 バッテリー新高専=中村,石村,岩﨑,●後藤ー十亀徳大医=黒田,○吉岡ー平野二塁打=藤森(徳大医),碇武(徳大医),平野(徳大医),會田(徳大医),花崎(徳大医),梅崎(新高専),岩﨑(新高専),中川(新高専)三塁打=藤森(徳大医),古川(新高専)本塁打=梅崎(新高専)暴投=石村(新高専)捕逸=なし野選=なしMVP=平野(徳大医)VP=會田(徳大医),岩﨑(新高専)審判(杉長,石川,山下) 記事=今季リーグ初勝利を目指す両チームの第1戦。先発は中村(新高専)、黒田(徳大医)の両投手により試合開始となった。1回表、徳大医が3番碇武の三塁打に続き4番平野の安打により先制。その裏、新高専の2番古川が四球で出塁しすかさず盗塁、4番岩﨑の二塁打により1点を取り、両チームの攻防が続いた。試合が動いたのは8回、徳大医の2番藤森の安打に続き3番碇武の二塁打により1点を追加すると、さらに7番椿野の安打で徳大医が3点リードする。その裏新高専、四球、失策で出塁したランナーを2番古川の三塁打で確実に返し、さらに3番梅崎の本塁打で2点を追加し1点リードで迎えた9回表、二死から2番藤森が二塁打で出塁、さらに四球で出塁したランナーを4番平野の二塁打により2点を返すと、失策や安打などが続きこの回4点を返した。…

続きを読む

2019春1部 香川大対愛媛大 第1試合結果

5月4日(土)、今治市営球場、15時58分開始(試合時間2時間5分)主管 愛媛大学 観客数 110 人 イニングスコア香川大学=000|001|010||2愛媛大学=300|000|00✕||3 バッテリー香川大学=●大森-大原愛媛大学=○中村、勝田-浜本 二塁打=仲島、大原、山本、近藤(香大)、今村、上原、民部(愛大)三塁打=藤田(愛大)本塁打=なし暴投=勝田(愛大)捕逸=なし野選=なし MVP=勝田(愛大)VP=上原(愛大)、大森(香大)審判(伊井、早川、岡田、高木) 記事=優勝へわずかな望みも繋げたい愛媛大学と、最下位脱出へ何としても勝利を掴みたい香川大学の一戦。試合は愛媛大・中村、香川大・大森の両右腕の先発で幕を開けた。試合は初回、いきなり動く。1回裏愛媛大の攻撃、先頭の大前が四球で出塁すると2番太田が送り得点圏に進める。ここで4番今村、5番藤田、6番上原の三者連続タイムリーが飛び出し愛媛大が一挙3点の先制に成功する。愛媛大先発の中村は安定した投球を見せ、5回までわずか1安打と香川大を完璧に抑える。対する香川大・大森も2回以降は安定感を出し、愛媛大打線を0点に抑える。試合が動いたのは6回表、香川大の攻撃。1死から1番大原がレフト線へのツーベースで出塁すると、2死2塁の場面で3番山本がレフトオーバーのタイムリーツーベースを放ち反撃の狼煙をあげる。更に勢いにのる香川大は8回表にも9番近藤がレフトオーバーのツーベースでチャンスをつくると、2番主将の多田がレフトへタイムリーを放ち1点差に…

続きを読む