2019春2部 徳島大対香高専 第2試合結果

4月20日(土)浜公園川之江野球場11時58分試合開始主管 徳島大学観客数18人イニングスコア徳島大=120|200|022||9香高専=000|400|003|7バッテリー徳島大=○大西、吉田基ー岡本香高専=●石坂ー畠中、三木二塁打=竹野(徳島大)、田中(徳島大)、竹山(香高専)三塁打=竹野(徳島大)本塁打=宮下(香高専)暴投=石坂(香高専)捕逸=なし野選=なしMVP=竹野VP=田上(徳島大)、宮下(香高専)記事=徳島大学と香川高専の第2戦。初回、徳島大学は重なる四球により1点を先制。その裏、香川高専は2番吉田が内野安打で出塁するも併殺され得点ならず。勢いに乗った徳島大学は2回、安打で出塁した6番田上の連続盗塁を阻止しようとするも送球が逸れ、生還を許してしまう。続く7番福岡も安打で出塁、犠打や1番竹野の適時打でこの回2点を追加する。3回、反撃したい香川高専は死球で出塁した7番石坂を9番畠中の安打で進塁させるも、またもや併殺で無得点に抑えられてしまう。4回、徳島大学は二死から1番竹野の安打で流れを作り2点を追加。しかし香川高専はこの回、無死の状態から2番吉田、3番谷澤、4番横田の連続安打で1点を返すと8番竹山の二塁打で一挙に3点を追加、一点差まで詰め寄る。なんとか逃げ切りたい徳島大学は8回、1番竹野の三塁打、続く2番甲矢の安打で2点を、9回には5番松浦の安打から犠打も絡め邨田の適時打で2点を追加する。後のない香川高専の攻撃、徳島大学吉田基は3番谷澤に安打を放たれると死球で更なる出塁を許し…

続きを読む

2019春1部 四学大対香川大第2試合結果

4月21日(日) レクザムボールパーク丸亀10:00開始(試合時間2:25)主管 四国学院大学 観客数113人イニングスコア四学大=000|010|000|1香川大=000|032|000|5バッテリー 四学大=●富田、下里、兼本-石川香川大=〇大森、平岡-大原二塁打=知念・黒岩・水上(四)三塁打=平良(四)本塁打=なし暴投=なし捕逸=なし野選=なしMVP=大森(香川大)VP=多田(香川大)       兼本(四学大)       審判=(伊勢谷、田中、堀田、竹田)記事=前日は壮絶な打撃戦となった四学大対香川大。今日は接戦となった。試合は両先発とも無失点に抑え4回まで0が並ぶも5回、四学大は1死1.2塁のチャンスを作ると4番山田晃が打席へ。すると香川大先発大森は隙をつき2塁へ牽制、2塁ランナーが飛び出し挟殺プレーとなったが走者と守備選手が交錯し走塁妨害となり四学大は思わぬチャンスを迎える。ここで山田晃がきっちりとライトへ犠牲フライを放ち1点を先制する。しかしその裏、相手のエラーと2番多田のバントヒットで満塁とすると2者連続押し出しで逆転、さらに6番仲島がタイムリーを放ちこの回3点を奪う。続く6回には無死2.3塁から2番多田のタイムリー、4番田渕の押し出しでさらに2点を追加する。優勝へ向け負けられない四学大であったが香川大大森、2番手平岡を前に得点を奪うことができない。最後は3人で攻撃が終わり試合終了。5-1で…

続きを読む

2019春2部 香高専対徳島大 第1試合結果

4月20日(土)浜公園川之江野球場9時58分試合開始(試合時間1時間11分)主管 徳島大学観客数18人イニングスコア香高専=000|00||0徳島大=230|5×||10×(大会規定により5回コールドゲーム)バッテリー香高専=●横田ー石坂徳島大=○河野ー岡本二塁打=京川(徳島大)三塁打=なし本塁打=なし暴投=横田(香高専)捕逸=なし野選=なしMVP=河野VP=京川(徳島大)、横田(香高専)記事=ここまで全勝の両チームの第1戦。徳島大学は1番竹野の安打からはじまり、四球、失策を絡め、初回から2点を先制。勢いに乗った徳島大学は2回、9番岡本が四球で出塁すると3番田中と4番京川の連打で3点を追加するも、3回は香川高専横田に無得点に抑えられる。一方の香川高専は徳島大河野の前になかなか出塁を許されずここまで無得点に抑えられる。4回、徳島大学は1番竹野から4番京川の二塁打などで4点を追加。さらに失策で出塁した6番田上がすかさず盗塁、7番代打の福岡の適時打でダメ押しの1点を追加する。なんとしてでも得点圏に走者を進めたい香川高専は5回、5番横田が安打で出塁すると四球、犠打により一死二三塁のチャンスを作る。しかし、続く打者を河野に抑えられ得点は許されず0-10で徳島大学が勝利した。MVPには香川高専を無得点に抑えた河野(徳島大)、VPには2安打2打点の京川(徳島大)、横田(香高専)が選出された。(報告者=徳島大 原田)

続きを読む

2019春2部 鳴教大対徳医大 第2試合結果

4月20日(土)鳴門教育大学グラウンド13時01分試合開始(試合時間1時間25分)主管 鳴門教育大学観客数25人 イニングスコア鳴教大=540|14||14徳医大=100|00||1(大会規定により5回コールドゲーム) バッテリー鳴教大=○竹村ー大栗、大野徳医大=●椿野、宮岡ー平野二塁打=藤森(徳医大)三塁打=宇良、安岡(鳴教大)本塁打=権藤暴投=椿野(徳医大)捕逸=なし野選=なしMVP=権藤VP=竹村(鳴教大)、宮城(徳医大)審判=(西野、増富、岡田) 記事=このまま勝ちを重ねたい鳴門教育大学VSもう負けは許されない徳島大学医学部の第2戦。先発は竹村(鳴教大)、椿野(徳医大)の両投手により試合開始となった。第1戦とは打って変わって、初回から大きくゲームが動く。1回の表、鳴教大は1番宇良が安打で出塁するとすかさず盗塁を成功させ、2番田中が先制打を放つ。その後四球と安打でランナーをためると、8番古野、9番大栗の連続適時打で4点を追加する。その裏徳医大は、1番窪田がエラーで出塁すると、2番藤森がライトへのエンタイトルツーベースを放ち、3番碇武が犠飛で確実に1点を返す。しかし2回、鳴教大の打線の勢いは止まらず、先頭の宇良が三塁打で出塁すると、後続がしっかり繋ぎ、4点を追加する。更に5回、コールドゲームを成立させるためには、あと1点が欲しい鳴教大は、先頭の7番権藤がライト越ソロホームランを放つ。そして、鳴教大の先発竹村が、徳医大の打線を封じ込め、14ー1で5回コールドゲームにより、鳴門教育大学の勝利…

続きを読む

2019春2部 徳医大対鳴教大 第1試合結果

4月20日(土)、鳴門教育大学グラウンド、9時58分開始(試合時間2時間14分)主管 鳴門教育大学観客数20人 イニングスコア徳医大=000|002|010||3鳴教大=120|001|22x||8x バッテリー徳医大=●黒田ー平野鳴教大=○岡村、高橋ー大栗二塁打=宇田(鳴教大)三塁打=なし本塁打=なし暴投=黒田(徳医大)捕逸=なし野選=なしMVP=古野VP=椿野(徳医大)、高橋(鳴教大)審判=(岡田、西野、増富) 記事=第1週で2勝し、勢いのある鳴門教育大学VS何としても1勝目が欲しい徳島大学医学部の一戦目。先発は岡村(鳴教大)、黒田(徳医大)の両投手により、試合開始となった。1回表、徳医大は四死球と3番碇武の安打で一死満塁のチャンスを作るも、鳴教大が併殺打で切り抜ける。その裏鳴教大は、2番田中が四球で出塁すると、足を使って三塁まで進塁し、3番児玉が先制打を放つ。更に2回、鳴教大の下位打線、権藤、古野、大栗の三連打で2点を追加する。中盤、得点が入らずに試合が硬直するが、6回表に徳医大は、碇武、平野、會田のクリーンナップの三連打で1点を返す。更に7番椿野の適時打で1点差まで詰め寄る。しかしその後、鳴教大は四球で出塁したランナーを安打などで確実に返し、6回から8回までで5点を追加し、8ー3で鳴門教育大学の勝利となった。MVPには、2本の安打に加え、試合を決定付ける犠飛を放った古野(鳴教大)が選出され、VPには、好リリーフを見せた高橋(鳴教大)と、3安打1打点の椿野(徳医大)が共に選出された。 …

続きを読む

2019春1部 愛媛大対松山大 第2試合結果

4月20日(土)、東予球場、13時23分開始(試合時間2時間13分)主管 愛媛大学 観客数 90人 イニングスコア愛媛大学=210|100|000||4松山大学=000|000|000||0 バッテリー愛媛大学=○亀岡、高木、松本健、中村-浜本松山大学=●大東、河野-三好 二塁打=なし三塁打=なし本塁打=なし暴投=なし捕逸=なし野選=なし MVP=亀岡(愛大)VP=高木(愛大)、河野(松大)審判( 高木、上田、杉長、弓立) 記事=初戦を落とし優勝へ向け負けられない愛媛大学と、今リーグ初の勝ち点をストレートで決めたい松山大学の2戦目は、前の試合156球を投げ完投勝利を挙げた大東と、高知大戦で完封勝利の亀岡の両右腕の投げ合いで幕を開ける。愛媛大学は初回、大前、太田、澤谷の三連打で満塁とすると、4番今村がライト前にタイムリーヒットを放ち、幸先よく1点を先制する。続く藤田が倒れるも、6番民部の痛烈な打球が前進守備のセカンド山岡のエラーを誘い、初回に2得点。上々の滑り出しをみせる。追いかける松山大学は先頭川又がセンター前ヒットで出塁するも、後続が凡退。亀岡の緩急自在な投球の前に反撃の糸口を掴めない。愛媛大学は2回にもヒットとエラーを絡め追加点をあげ先発大東をノックアウトし、優位な試合運びとなる。4回には代わった河野から、2死3塁のチャンスを作ると澤谷が絶妙なセーフティバントを決め追加点をあげ、先発亀岡を援護する。亀岡はその裏、渡辺颯、石山の連打と片岡の四球で満塁のピンチを迎えるも、三好をキャッチャ…

続きを読む

2019春1部 松山大対愛媛大 第1試合結果

4月20日(土)、東予球場、9時59分開始(試合時間2時間47分)主管 愛媛大学 観客数 80 人 イニングスコア松山大学=000|204|100||7愛媛大学=210|101|010||6 バッテリー松山大学=○大東-三好愛媛大学=●勝田、中村-浜本 二塁打=大前、浜本、民部、藤田(愛大)三塁打=田上(愛大)本塁打=なし暴投=勝田②(愛大)捕逸=なし野選=澤谷(愛大) MVP=大東(松大)VP=宮崎(松大)、民部(愛大)審判( 小林、杉長、高木、上田) 記事=春季リーグ戦も折り返しとなる第3週を迎え、六大学による大混戦はますますヒートアップする。愛媛大学vs松山大学の同県対決第1戦は愛媛大学・勝田、松山大学・大東の先発で幕を開けた。試合は初回、いきなり動く。1回裏愛媛大の攻撃。1番大前、2番太田の連打で0死1,3塁のチャンスをつくると、3番澤谷の犠牲フライ、4番今村のライト前タイムリーで2点の先制に成功。更に2回裏にも9番田上の3ベースヒットと2番太田のバントヒットで追加点をあげ、好投を見せる勝田を援護する。しかし、追いつきたい松山大学は4回表に3番山岡のヒットや、愛媛大・勝田の四球とワイルドピッチなどで2点を返す。両者譲らぬ展開の中、愛媛大の2点リードで迎えた6回表。松山大は打者一巡の猛攻を見せる。先頭の山岡がヒットで出塁すると、5.6番の連続四球で1死満塁とし、7番宮崎がセンターへ値千金の2点タイムリーを放ち、同点とする。愛媛大はここで投手を中村にスイッチ。しかしその後もセカンドの…

続きを読む