チーム紹介-高知工科大学-2018春

高知工科大学(2018春季用,平成30年3月1日現在) 20180416新入部員追記 ================================== 投手陣は中村(4年:富岡東)・尾崎(3年:徳島北)・山上(3年:丸亀城西)の3人が安定してきた中で、この3人に継ぐ投手陣の成長がカギを握ってくる。野手陣は、長打力があり打撃の中心であった4年生が抜けた事で得点力は昨年よりも無くなっている。そんな中で今リーグは全員が繋ぐ野球に対する意識を常に持ち、いかに貪欲に得点を重ねていけるかが大事になってくるだろう。 意気込み 昨年は上位にくい込むものの、あと一歩勝ち切ることが出来ず、優勝に届かなかった。存在感の大きかった4年生が抜けたが、確実に力をつけている2年生・3年生も多く、十分上位争いにくい込む力を持っている。今リーグはチーム力で各大学にぶつかっていきたい。 ================================== 背番号/位 置/氏名/学部学年/身長/体重/投打/出身校 19/投_手/青木 諒----/経済・マネジ4---/177/78/右投右打/鳥取中央育英 _1/投_手/中村 大地--/経済・マネジ4---/167/70/右投右打/富岡東 11/投_手/尾崎 修志--/経済・マネジ3---/180/72/右投右打/徳島北 35/投_手/八原 惇----/情報3-----------/175/65/右投右打/徳島城北 18/投_手/山上 代貴--/…

続きを読む

チーム紹介-高知大学-2018春

高知大学(2018春季用,平成30年3月1日現在) ================================== 秋季リーグは最下位という結果に終わり、リーグを通して勝負所で踏ん張りきれない弱さを痛感した。しかし、入れ替え戦を経験したことで、チームの雰囲気は変わりつつある。何のために野球をしているのか、本気で考え、真摯に野球に取り組んできた。冬場はスイング力の向上、体重・体力アップを図り、各個人のレベルアップを目指した。今季は挑戦者の気持ちを常に持ち、一戦必勝で高知大らしく粘り強く戦っていきたい。 <戦力分析> 投手陣は二枚看板の上ノ薗(3年.小林)、道原(4年.西京)の投球が勝利の鍵を握る。新人戦で活躍した二年生投手の成長にも期待したい。攻撃陣の成長は必須で、盗塁王の名嘉真(4年.那覇)、片山(4年.松山東)、近藤(4年.尾道商業)を中心に、全員で粘り強いバッティングを心掛け得点を重ねていく。 ================================================== 背番号/位 置/氏名/学部学年/身長/体重/投打/出身校 21/投_手/井上 穂高--/理4------/176/64/右投右打/伊丹北 90/投_手/合原 勇馬--/理4------/173/72/左投左打/庄原格致 11/投_手/住田 喬哉--/理4------/181/80/左投左打/洲本 19/投_手/松下 彰宏--/人文4----/170/62/右投左…

続きを読む

チーム紹介-愛媛大学-2018春

愛媛大学(2018春季用,平成30年3月1日現在) ================================== 今回の春季リーグ戦でも爽やかで生き生きとした学生らしい姿を見せていきたい。昨秋のリーグ戦では2位という結果に終わり、あと一歩というところで悔しい思いをした。チャレンジャー精神を忘れず、選手一人一人が自らの役割を果たしていくことで、勝利を呼び込む試合をしていきたい。 <戦力分析>  昨秋は一瞬の隙を突かれ、涙を飲んだ。その反省を活かし、冬場は一球における重みを意識しながら練習を行った。投手陣は佐藤(4年:福山誠之館)、亀岡(3年:松山東)、勝田(3年:津山)の三本柱の安定感が増し、例年通り守備からリズムを作るチームに仕上がった。一方打撃では主将の西島(4年:広島新庄)、昨秋ベストナインの今村(3年:三島)を中心に相手を走塁でかき乱し、チャンスを広げ、リーグ戦豊富な上級生の勝負強い打撃で得点する。更に、下位打線でもフレッシュな力の下級生の思い切りのいい打撃で、どの打順からでも得点を狙う。 ================================== 背番号/位 置/氏名/学部学年/身長/体重/投打/出身校 16/投_手/佐藤 大介--/工4------/181/75/右投右打/福山誠之館 52/投_手/松本 渉----/法文4----/174/72/右投右打/峰山 17/投_手/吉田 将太--/教育4----/173/72/右投右打/高松北…

続きを読む

チーム紹介-松山大学-2018春

松山大学(2018春季用,平成30年3月1日現在) 20180418追加 ================================== 昨秋はここ1番のところで力が出ずに悔しい結果に終わってしまった。冬場には勝つためのあと一歩を詰めるべく、トレーニングに力を入れると共に、場面ごとで「今、何をすべきか」を考え、多くの課題に取り組んだ。個々人があらゆる想定と対応力がみにつけば勝利へ近づくと信じて試合勘を磨いた。今季は『凡事徹底』を実践し、個々の強みを最大限に活かし、チーム一丸となり2014年以来の頂点を目指す。 〈戦力分析〉  昨季最優秀防御率の渡辺(4年:東温)、下級生ながら昨季豊富な経験を積んだ河野(2年:臼杵)といった力のある二投手の後に次ぐ投手の活躍が待たれる。攻守ともに堅実な宗岡(4年:松山商業)、西原(4年:今治西)などが投手中心の守備陣を盛り立てていく。  攻撃面では、昨季首位打者の世木田(4年:広島国際学院)や、対応力の高い小林(4年:尾道商業)たちの打力が得点のカギとなる。 ================================== 背番号/位 置/氏名/学部学年/身長/体重/投打/出身校 11/投_手/川上 貴央--/経済4----/171/66/右投左打/三原 **/投_手/近藤 敬佑--/経済4----/182/72/右投右打/徳島北 21/投_手/篠原 大輝--/経済4----/180/73/左投左打/川之江 **/投_…

続きを読む

チーム紹介-香川大学-2018春

香川大学(2018春季用,平成30年3月1日現在) ================================== 前回のリーグでは、入替戦でまたしても敗れ、悲願の一部復帰を果たすことができなかった。一部昇格のために何が必要かチーム全体で意見をぶつけ合い、勝ち切れる強さを身につけるため厳しい練習も行ってきた。本リーグでは一部昇格を目指し全員野球で勝利を奪う。 〈戦力分析〉  投手陣は、主力の上西をはじめ、三村、渡部と安定感が増している。打撃面ではパンチャーが揃い踏み。フィジカル強化によって破壊力が増し、どこからでも得点が可能な布陣で臨む。 =============================== 背番号/位 置/氏名/学部学年/身長/体重/投打/出身校 11/投_手/上西 元気--/教育4----/180/78/右投右打/香川中央 21/投_手/三村 祥太--/教育3----/174/69/右投右打/岡山操山 24/投_手/渡部 凌----/教育3----/174/73/左投左打/大東 23/捕_手/湯田 諒平--/教育4----/171/76/右投右打/丸亀 20/捕_手/大原 拓光--/法3------/174/85/右投右打/高知追手前 27/一塁手/仲島 智哉--/教育3----/165/68/右投右打/総社南 10/二塁手/大杉 知也--/経済3----/178/75/右投左打/倉敷商業 12/二塁手/近藤 吏矩--/教育3----/1…

続きを読む

チーム紹介-徳島大学-2018春

徳島大学(2018春季用,平成30年3月1日現在) ================================== 臭気リーグでは戦歴6勝2敗でリーグ2位という結果に終わった。このリーグ戦を通して1点の重みを改めて実感し、チームに足りないものは何かを学ぶことができた。この経験を生かし、これまで積み上げてきた成果を発揮し1部昇格を目指し、1戦1戦戦っていく。 ================================== 背番号/位 置/氏名/学部学年/身長/体重/投打/出身校 16/投_手/島 正幸----/総科・4/171/69/右右/天理 11/投_手/金城 知大--/理工・2/172/60/右右/首里 18/投_手/河野 龍也--/理工・2/168/72/右右/池田 _8/捕_手/谷岡 弘規--/理工・3/184/66/右右/尼崎稲園 _4/捕_手/岡本 大空--/理工・2/166/61/右左/兵庫 29/一塁手/荘 俊明----/理工・3/165/75/右左/御影 _5/一塁手/田中 里繁--/理工・2/173/72/左左/岡山芳泉 _2/二塁手/甲矢 雄大--/総科・2/164/62/右左/岡山操山 52/二塁手/吉田 雄紀--/理工・2/170/61/右左/豊岡 10/三塁手/滝口 雅也--/理工・3/173/69/右右/高梁 _3/三塁手/櫻井 哲平--/理工・3/170/67/右右/西脇 25/遊撃手/松浦 良哉--/理工・2…

続きを読む

チーム紹介-香川高専-2018春

香川高等専門学校(2018春季用,平成30年3月1日現在) ==================================  秋のリーグ戦は、4勝4敗で3位という結果に終わってしまった。春のリーグ戦に比べて打撃面では成長が見られチーム打率も向上したが、守備面ではミスが目立ち、ここ1番での集中力を欠いた。春季リーグでは、個々の能力を高めていくと共に、守備面の安定感を出していき、粘り強い戦いをしていきたい。   戦力分析 守備面では、川崎、宮下の右・左のエースを中心に、粘り強い守備で最少失点に抑える。また、周りの野手も攻める姿勢を忘れず、強気なプレーで投手をバックアップしていきたい。攻撃面では、長打力のある選手は少ないが、チーム全体として繋ぐバッティングを意識して、足を絡めて得点していきたい。 ================================== 背番号/位 置/氏名/学部学年/身長/体重/投打/出身校 16/投_手/川崎  陽向/電気4----/175/70/右投右打/香川高専 19/投_手/平松  裕登/電気4----/171/64/右投右打/〃 28/投_手/松尾 麟太郎/建設4----/171/62/右投両打/〃 17/投_手/藤井  大成/機電3----/174/63/右投左打/〃 11/投_手/宮下  太郎/建設3----/170/68/左投左打/〃 10/捕_手/岩井  勇磨/機電4----/170/60/右投右打/〃 15/捕_…

続きを読む