第8回松山大学・愛媛大学硬式野球定期戦 試合結果

11月23日(土)  坊っちゃんスタジアム13時47分開始(試合時間2時間53分)主管 松山大学 観客数 250人イニング愛媛大= |000|000|200||2松山大= |000|013 |10×||5バッテリー愛媛大=●松本(健)、坂本、黒羽、吉本、清水−宮本松山大=○菊池、亀井、河野、大東−三好二塁打=なし三塁打=(松)山岡本塁打=なし暴投=なし捕逸=なし野選=なし最優秀選手賞=(松)菊池優秀選手賞=(松)三好、(愛)松本(健)敢闘賞=(松)山岡、(愛)太田審判(田代、高市、河野、秋田)記事= 第39回目を迎えた、松山大学対愛媛大学の定期戦。今秋リーグ、2位、3位で惜しくも優勝を逃した両チーム。1、2回生中心で成長が著しい松山大と、大黒柱の2人の4回生が抜け、新戦力を発掘したい愛媛大。春季リーグの前哨戦として熱い戦いが始まった。先発は最多勝の松山大・菊池、対する愛媛大は新人戦優勝投手の松本が務めた。松山大・菊池は、毎回ランナーを背負うも、要所でコーナーをつき、ゴロを打たせ併殺打に打ち取り、愛媛大・松本はキレの良い変化球で、ランナーを2塁に背負うも得点を与えず、両投手スコアボードに0を並べていった。試合が動いたのは、5回裏。先頭の松山大・5番渡部(壮)が四球でランナーに出ると、7番三好がレフト前に運び、一死一二塁とチャンスを広げる。ここで愛媛大のバッテリーの隙をつき、松山大・渡部(壮)が好走塁で三塁を奪う。迎える打者は9番村上。セフテ…

続きを読む

2019社会人交流戦 四国銀行対四国学院大試合結果

10月19日(土) 香美球場 9:59開始(試合時間2:42) 主管 四国学院大学 観客数50人 イニングスコア 四国学院=000|000|010|1 四国銀行=000|000|000|0 バッテリー  四国学院=加藤、〇富田、入江、山崎、下里-河野、石川、田口四国銀行=菊池(大)、大田、浮橋-大河 二塁打=山田(四学)、赤松、南(四銀) 三塁打=なし 本塁打=なし 暴投=なし 捕逸=なし 野選=なし 審判=(久武、大上、西村、池知) 記事=今年で26回目を迎えたJABA四国地区連盟会長杯。今回は四国銀行対四国学院大の1試合のみの開催となった。試合は白熱した投手戦となった。先発はチームの柱を担う四国銀行・菊池(大)と四学大・加藤。四国銀行先発の菊池(大)は力のある速球を軸に5回被安打1無失点と堂々たる投球を見せる。四学大先発加藤は格上の打者相手に苦戦するも気迫の投球を見せ4回無失点。四国銀行は6回から大田が登板。6,7回は無失点に抑えるも8回、1死から7番松本が四球で出塁するとゴロで2塁へ進め9番北山が値千金のタイムリーを放ち1点を先制、均衡を破る。9回は四学大下里が3人で締め試合終了。四学大が接戦をものにした。 (報告者=四国学院大学 髙木)

続きを読む

2019秋1部 松山大対高知大第3試合結果

9月28日(土)  マドンナスタジアム12時58分開始(試合時間2時間25分)主管松山大学観客数45人イニングスコア松山大=307|020|0||12高知大=230|000|0||5(大会規定により7回コールド)バッテリー松山大=菊池、○河野、亀井ー田中、三好高知大=松藤、●西川、小林、森山、上ノ薗、中山ー上田雄、山﨑二塁打=渡部壮②、山岡(松大)三塁打=なし本塁打=渡部颯(松大)暴投=なし捕逸=なし野選=小西(松大)、松藤(松大)MVP=渡部颯(松山大)VP=河野(松山大)、なし(高知大)審判(小林、室野、高橋、上田)記事=第5週で1勝1敗となり、雨天の影響で第6週までもつれた松山大学と高知大学の第3回戦。勝てば2位、負ければ5位と次の春季リーグ戦に繋げるための大事な一戦に、松山大は最多勝確定の菊池、高知大は左腕エースの松藤に先発を託す。試合は1回表、松山大は1死2塁のチャンスを作ると、3番山岡がライトの頭上を越える2塁打を放ち先制する。さらに4番渡部颯のツーランホームランなど、松山大はこの回6連打の集中打を見せ、3点を奪う。対する高知大は4連打とゲッツー崩れの間に2点を取る。さらに2回裏、高知大は四球と守備の綻びを突き、ノーヒットで3点を奪い、先発の菊池をマウンドから降ろす。しかし代わった河野がゲッツーに抑え、失点を最小限に止める。3回表、松山大はヒットと四球で1点を返すと9番田中に代打石井を投入する。その初球、甘く入ったスライダーを捉え、逆転の2点タイムリーを放つ。今季の…

続きを読む

2019秋季リーグ戦2部優勝決定戦第二試合結果

9月28日(土) 鳴門教育大学グラウンド13時00分開始(試合時間1時間58分)主管 鳴門教育大学 観客数 40人イニングスコア鳴門教育大学=000|000|000|0  |0      徳島大学=000|000|000|1×|1バッテリー鳴門教育大学=●川村-大野徳島大学=◯大西-岡本二塁打=松浦(徳島大)三塁打=なし本塁打=なし暴投=なし捕逸=なし野戦=なし    MVP=大西VP=川村(鳴教大)、甲矢(徳島大)審判(蔵本、増富、西野)記事=後のない鳴門教育大学と勝って二部優勝、入れ替え戦への挑戦権を獲得したい徳島大学との一戦。試合は鳴門教育大学先発、川村と徳島大学、大西の投手戦となった。鳴門教育大学は8回までわずか2安打、徳島大学も再三チャンスを作るが川村の要所を締めるピッチングで無得点。迎えた9回表、鳴教大は死球で出塁した谷村が盗塁を決め、二死二塁としたが大西の見事な牽制によりタッチアウト。ピンチを切り抜ける。その裏、徳島大学は一死満塁のチャンスを作ったが、ここで川村がギアを上げ、ピッチャーゴロに打ち取りダブルプレー。チャンスを切り抜ける。10回よりタイブレークに突入。10回表、鳴教大は4番宇良の痛烈な当たりがピッチャーライナーとなり、ランナーが戻れずトリプルプレー。無得点となった。その裏、徳島大学は犠打と四球で一死満塁とした後、甲矢の適時打により試合を決めた。鳴教大はチャンスで後一本が出ず、惜しくも敗戦となった。勝った徳島大は来…

続きを読む

2019秋1部 四学大対高工大第2試合結果

9月23日(月) 志度球場14:52開始(試合時間2:12)主管 四国学院大学 観客数90人イニングスコア四学大=000|310|000|4高工大=000|000|000|0バッテリー 四学大=○水上ー石川高工大=●尾崎、金本、萩森ー門田二塁打=石川(四学大)・杉本、田邉、當田(高工大)三塁打=なし本塁打=山田晃(四学大)暴投=なし捕逸=なし野選=なしMVP=水上(四学大)VP=松本(四学大)       なし(高工大)       審判=(堀田、秋友、山本、久武)記事=1回戦で勝利し3季ぶりの優勝へ王手をかけた四国学院大と四国覇者として連覇へ望みを繋ぎたい高知工科大との1戦。四学大はエースで主将の水上、高工大は絶対的エース尾崎の両先発。両投手ともテンポのいい投球次々と打者を打ち取る。試合が動いたのは4回、四学大は1死から5番山田倫、6番宇座の連打で1.2塁とすると7番松本のセンターオーバーの適時二塁打で先制。さらに後続にも適時打が飛び出しこの回3点を先制する。その裏を無失点に抑え続く5回、4番山田晃がレフトへ今季第1号となるソロ本塁打を放ち点差を広げる。なんとか食らいつきたい高工大打線であったが四学大先発水上を前にランナーを出すもホームを陥れることができない。高工大は8回に金本、9回に萩森が登板し無失点に抑えるも最後まで得点を奪うことができず最後は三者凡退で試合終了。…

続きを読む

2019秋1部 第5週予備日程変更のお知らせ

2019秋季1部リーグ戦第5週3回戦(予備日程)の日程が変更となりましたのでお知らせ致します。なお、第5週3回戦のカードは松山大対高知大のみとなります。 【試合日程】9月28日(土)3回戦13:00 マドンナスタジアム松山大対高知大 お間違えのないようお気をつけください。 (報告者=四学大 髙木)

続きを読む