2017春1部鳴教大対愛媛大第2試合結果

5月14日(日)  レクザムスタジアム9:56開始 (試合時間 2時間24分)主管 鳴門教育大学 観客数 53人 イニングスコア鳴教大=000|002|000| 2愛媛大=000|001|25X| 8 バッテリー鳴教大=安丸、●山口、樋口ー岩崎愛媛大= ○佐藤、寺西、田中ー村瀬 二塁打=岩崎(鳴教大) 西久保(愛媛大)三塁打=なし本塁打=なし暴投=なし捕逸=なし野選=菊場(鳴教大)MVP=西久保(愛媛大)VP=岩崎(鳴教大) 中野(愛媛大)審判=(芦辺、竹田一、濱岡、竹田政) 記事=昨秋1位の意地を見せたい愛媛大と、未だ勝ち点0で一矢報いたい鳴教大の一戦。前半両チームとも好機を作るものの、愛媛大・佐藤と鳴教大・安丸の前に得点ができない。試合が動いたのは6回表、鳴教大先頭の4番菊場が右前安打で出塁すると、6番児玉が右前安打を打ち、一死一二塁となる。その後二死となるが、8番岩崎が左中間を破る適時三塁打を打ち、2点を先制する。その裏の愛媛大の攻撃、先頭の3番西島の中前安打後、一死二三塁とし、6番山脇の犠飛で1点を返す。7回裏から鳴教大は投手を山口に変えるが、四球と失策が絡み、二死二三塁とすると、4番西久保の左翼線への適時二塁打で2点を返し、逆転に成功する。8回裏も愛媛大は、この回から登板した樋口の立ち上がりを攻め、この回一挙5点を取り、8対2とする。なんとしても追いつきたい鳴教大だが、佐藤に変わって登板した寺西と田中の継投の前に得点できず、そのまま試合終了となった。MVP…

続きを読む

2017春2部プレーオフ徳島大対香川大第1試合結果

5月14日(日)、志度総合運動公園 9時50分開始(試合時間1時53間分) 主管 香川大学 観客数 65人 イニングスコア 徳島大学 = 000 | 000 | 101 | 2 香川大学 = 011 | 110 | 00☓ | 4 バッテリー 徳島大学= ●島、岩本ー谷岡 香川大学= ○上西ー湯田 二塁打=友居(徳大)、濱田、吉門(香大) 三塁打=福本(徳大)、春名(香大) 本塁打=なし 暴投=島(徳大) 捕逸=なし 野選=なし MVP=上西(香大) VP=吉門(香大)、橋本(徳大) 審判=(尾崎勇、尾崎英、筒井) 記事=勝率が並び、今日のプレーオフ戦に入替戦進出をかけた徳島大学と香川大学の第1試合は、接戦の末2-4で香川大学が勝利した。先攻の徳島大学は、先発投手上西のピッチングの前になかなかチャンスを作れなかったものの、7回、先頭打者3番橋本が左中間に三塁打を放ち1点を奪う。後攻の香川大学は2回、6番春名の右前安打で出塁すると暴投と犠打によって進塁、更に9番吉門の右前安打で1点を先制する。その後も着々と安打を重ね、計4点を奪取した。また、徳島大学は9回にも、先頭打者2番友居が二塁打を放つと3番橋本の左前安打によって進塁、更に1点を追加するもののあと一歩及ばす2-4で試合終了となった。 MVPには、完投し、徳島大学の打線を抑えた上西が、VPには、三塁打を含む安打2本を放った橋本(徳大)と先制タイムリーを放った吉門(香大)がそれぞれ選出されている。 (香川大 1勝0負 通算8勝1負) (…

続きを読む

高工大対松山大 試合順延のお知らせ

5月13日(土)に予定されておりました、高知工科大学対松山大学の試合は、悪天候が予想されるため、以下の日程に順延致します。 日時 :5月14日(日) 10:00~第2回戦          13:00~予備日程場所 : 香美球場 よろしくお願いいたします。 (報告者=高工 佐藤)

続きを読む

第六週見所〜2017春

第6週見所(雨天順延試合)~2017春  2週目以降天候に恵まれた2017年春季リーグ戦。 5週目では評判通りの実力を発揮した四国学院が8季ぶり22度目の優勝を果たした。 第6週は1週目の初日に順延になった1部リーグ2カードと、2部リーグのプレーオフが組まれる。     1つ目のカードは高知工科対松山大。  今リーグでは、エース尾崎の丁寧な投球と、持ち前の強力打線の爆発で、四国学院と熾烈な優勝争いを繰り広げた高知工科。リーグ最終週も猛打爆発に期待したい。  対する松山大。リーグ序盤は白星に恵まれなかったが、4週目・5週目と苦しみながらも勝点奪取。名門の意地にかけて、今週も勝点奪取、執念でAクラス入りをもぎ取りたい。    2つ目のカードは鳴門教育対愛媛大。  1部の洗礼を浴び9戦全敗中の鳴門教育。5週目では四国学院に食らいつくなど惜しい試合もあった。リーグ最終週、伝統の全員野球で白星を掴みたい。 対する愛媛大。三連覇を狙った今リーグは序盤で優勝争いから離脱。エース亀岡の孤軍奮闘が続いた。リーグ開幕戦で鳴門教育を圧倒した愛媛大。最終週も昨年王者の実力を発揮し勝点を奪いたい。       そして5週目に2部リーグ全勝対決となった香川大と徳島大の試合。両チームとも投手が踏ん張り1勝1敗の痛み分け。勝率が並んだため…

続きを読む

2017春1部松山大対愛媛大第3試合結果

5月7日(日)、四国コカ・コーラボトリングスタジアム丸亀 10:59開始(試合時間3時間35分) 主管 愛媛大学 観客数 150 人 イニングスコア 松山大学=104|000|000|5|10 愛媛大学=003|100|001|0|5 (延長10 回) バッテリー 松山大学=平山、鴻上、三好、○川上、玉木-田原 愛媛大学=勝田、●亀岡-村瀬、吉森 二塁打=奥田(松大)、山田、今村(愛大) 三塁打=なし 本塁打=なし 暴投=亀岡(愛大) 捕逸=村瀬(愛大) 野選=なし MVP=鵜足(松大) VP=玉木(松大)、楠(愛大) 審判( 竹田、伊勢谷、山脇、大平) 記事= お互い何とか勝ち点を掴みたい松山大と愛媛大の3回戦。 先攻の松山大は初回、2つの四球と捕逸で1点を先制し、昨日に続き先手を取る。 3回表、松山大は一死から3番奥田の2塁打を皮切りに四球、失策などで一挙に4点を追加し突き放す。 対する愛媛大はその裏、失策、四球、犠打で一死二、三塁の好機を得ると、ここで2番山田が左越の2塁打を放ち、ランナーが2人生還。さらに楠の一塁線を破る適時打でもう1点を追加。4回裏にも1点を追加し5-4と1点差に迫る。 土壇場の9回、愛媛大は先頭の澤谷の中前打、続く山田は四球、西島の犠打で一死二、三塁とサヨナラの好機を得る。ここで4番の楠が左前適時打を放ち、同点に追いつく。なおも一、三塁と好機は続く。ここで南の放った左飛の送球が逸れる間に三塁走者が本塁を狙うも…

続きを読む

2017春2部香高専対徳文大第2試合結果

5月6日(土)、香川高専高松グラウンド、13:14開始主管 香川高等専門学校イニングスコア香川高専       =000|402|3|9徳島文理大学=001|000|0|1バッテリー徳島文理大学=●山本ー谷次、笹原ー藤原、阿河ー藤原香川高専      =○平松ー岩井、加藤ー岩井二塁打=平松(高専)、岩井(高専)三塁打=なし本塁打=なし暴投=川崎(高専)捕逸=なし野選=なしMVP=平松(高専)VP=岩井(高専)香川高専 2勝0敗(通算 4勝4敗)(報告者=高専 岩井)

続きを読む