2018春1部松山大対高知大第2試合結果

4月29日(日)レクザムスタジアム11時58分開始(試合時間2時間23分)主管 松山大学観客数 151人イニングスコア松山大=211|200|01||7高知大=000|000|00||0(8回コールド)バッテリー松山大=◯渡辺(翔)、林-鵜足高知大=●松藤、森山、井上-菅野、矢須二塁打=奥田(松)三塁打=斎藤、宗岡、篠浦、山内(竣)(松)本塁打=小林(松)暴投=松藤(高)捕逸=矢須(高)野選=なしMVP=斎藤(松)VP=渡辺(翔)(松)審判=(塩田、西池、奥村、永山)記事=高知大が先勝して迎えた第2戦目。松山大は、エース渡辺に託す。対する高知大は1年生サウスポーの松藤が初先発を務める。試合はいきなり初回に動く。1回表松山大リードオフマンのキャプテン岡崎が四球を選ぶ。その後2アウト1・2塁から今日5番に入った斎藤がストレートを振り抜き右中間を破るスリーベースを放つ。幸先良く松山大が2点を先制する。すぐさま追い付きたい高知大は2アウトから片山がヒットで出塁するが後続が続かない。2回表、先頭打者の宗岡がスリーベースヒットを放ち、バッテリーミスの間に松山大が追加点を加える。その後も松山大は連打や8番小林の豪快なホームランで効率良く得点を重ねる。流れを変えたい高知大は昨秋松山大に対して好投をした井上を投入する。その井上が5~7回をテンポのよい投球で無失点に抑える。その投球に合わせ少しずつ本来の力を取り戻しつつあった高知大だったが8回表松山大篠浦・山内の連続スリーベースで7点差をつけられてしまう。8回裏1点で…

続きを読む

2018春1部 鳴教大対高工大第2試合結果

4月29日(日)レクザムスタジアム8時52分開始(試合時間 2時間30分)主管 鳴門教育大学 観客数 80人イニングスコア鳴教大=010|400|000||5高工大=001|810|10x||11バッテリー鳴教大=●田原、安丸ー大栗高工大=大地、○中村、上沢ー宮田二塁打=(鳴)菊場  (工)杉野三塁=(鳴)権藤本塁打=(工)喜多暴投=(鳴)田原  (工)中村捕逸=なし野選=なしMVP=(工)喜多VP=(鳴)権藤  (工)中村審判=(西池、永山、大西、堀田)記事= 前日に今リーグ初勝利を挙げた高知工科大学と、勝ち点を挙げるため何としても第三戦に繋げたい鳴門教育大学。先発は大地(高工大)、田原(鳴教大)の投げ合いとなった。 試合が動いたのは2回、鳴教大は先頭安丸の強烈なレフト前安打から、進塁打を徹底した打撃から守備のミスを誘い1点を先制する。しかし3回、高工科の先頭宮田がセンター前安打で出塁し、杉野のレフト越二塁打によりすぐさま1点を返す。 リードを許せば勝利が遠くなる鳴教大は、4回一死一二塁の場面で、一年生でスタメンに抜擢された権藤がライト線タイムリースリーベースヒットを放ち、その後スクイズ、タイムリーにより4点を奪う。昨日と一転、鳴教大ペースで試合が進まれると思われたが、その裏高工大は四球などでランナーをため、押し出しやタイムリーから5点を追加し、二死一三塁から喜多がライト越スリーランホームランを放ち、この回一挙8得点をあげ、逆転する。&…

続きを読む

2018春1部 四学大対愛媛大第二試合試合結果

4月29日(日) レクザムスタジアム14:54開始(試合時間1:37)主管 四国学院大学 観客数170人イニングスコア四学大=010|00|1愛媛大=108|2×|11(大会規定により5回コールド)バッテリー 四学大=横井、●加藤、照屋-森口愛媛大=○中村-吉森二塁打=山田(晃)(四学大)三塁打=澤谷(愛媛大)本塁打=水上(四学大)暴投=なし捕逸=なし野選=なしMVP=吉森(愛媛大)VP=今村(愛媛大)       水上(四学大)       審判=(堀田、奥村、塩田、大西)記事=1回戦に勝利しストレートで勝ち点を得たい四学大と優勝へ絶対に負けられない愛媛大との1戦。試合は昨日と同じワンサイドゲームとなった。1回、愛媛大は安打と送りバントでランナーを得点圏に進めると4番今村のタイムリーで先制する。だが直後の2回、好調の四学大水上がレフトへ今シーズン初のソロ本塁打を放ち同点とする。しかし3回、四学大2番手加藤が掴まる。四球と自らのエラーでピンチを招くと4番今村にタイムリーを浴びる。さらにヒットが続き8番吉森9番田上、続く澤谷、太田の4連打で点差を引き離しこの回打者一巡8得点。4回にも吉森の2点タイムリーで10点差とする。反撃したい四学大であったが愛媛大・中村の前にランナーを出すも得点することができず大会規定により5回コールドで愛媛大が第3回戦へ持ち込んだ。MVPには3安打3打点の吉森(愛媛大)が、VPには貴重な…

続きを読む

2018春2部 香川大学対香川高専第2試合結果

4月28日(土)、番の州G12時30分開始(試合時間1時間20分)主管 香川高専 イニングスコア香川高専=000|00|0香川大学=429|5×|20(5回コールド) バッテリー香川高専=●平木、宮下、藤井、大河、宮下-蓮井、藤井香川大学=○谷藤、大森-湯田 二塁打=田渕(香大)、山口2(香大) 三塁打=濱田2(香大) 本塁打=大杉(香大) 捕逸=蓮井(香専) 野選=なし MVP=谷藤(香大) VP=大森(香大)、藤井(香専) 記事=香川大学は初回、香川高専の先発平木の立ち上がりを攻め、0死1.2塁のチャンスを作ると、3番大杉の本塁打で3点を先制する。変わった香川高専の二番手宮下ら投手陣もその流れを止めきれず4回までで計20失点を喫する。香川大学は先発谷藤、二番手大森の好投で相手打線を寄せ付けず完封リレーで試合を締めた。MVPには、4回を0安打で抑えた谷藤(香大)が選出され、VPには大森(香大)、藤井(香専)が選出された。 香川高専0勝2敗(通算2勝4敗)(報告者=香専 浜)

続きを読む

2018春2部 香川大学対香川高専第1試合結果

4月28日(土)、番の州G9時56分開始(試合時間1時間30分)主管 香川高専 イニングスコア香川大学=300|081|12香川高専=000|200|2(6回コールド) バッテリー香川大学=◯三村-湯田香川高専=●吉成、吉田-濱口 二塁打=濱口(香専) 三塁打=田渕(香大)、窪田(香大)、大原(香大) 本塁打=なし 捕逸=なし 野選=なし MVP=田渕(香大) VP=山口(香大)、濱口(香専) 記事=香川大学は初回、満塁のチャンスで4番田渕の走者一掃の適時三塁打で3点を先制。しかし、その後、香川高専の吉成が要所を抑え4回までを0に抑える。その裏、香川高専は宮下、浜の安打で2死1.2塁のチャンスを作り、6番濱口の、左越適時打で2点を返す。1点差となった5回、香川大学は香川高専の二番手、吉田を捉え、山口、大原の適時打などで一挙8得点。6回にもダメ押しとなる1点を追加し12-2で香川高専を下した。MVPには2安打4打点の活躍を見せた田渕(香大)が選出され、VPには2安打の山口(香大)と攻守に存在感を見せた濱口(香専)が選出された。 香川高専0勝1敗(通算2勝3敗)(報告者=香専 浜)

続きを読む

2018春1部 高工大対鳴教大第一試合結果

4月28日(土)レクザムスタジアム11時53分開始(試合時間 2時間24分)主管 鳴門教育大学 観客数 100人イニングスコア高工大=084|001|0||13鳴教大=010|120|0||4(大会規定により7回コールド)バッテリー高工大=◯青木、尾崎ー宮田鳴教大=●安丸、桂、樋口、竹村ー大栗二塁打=(工)喜多  (鳴)安丸、児玉、田中三塁=(工)平岡本塁打=なし暴投=なし捕逸=なし野選=なしMVP=(工)喜多VP=(工)尾崎  (鳴)田中審判=(田中、濱岡、西池、永山)記事= 今リーグ共に白星の無い高知工科大学対鳴門教育大学、両チーム入れ替え戦を回避する為にも何としても勝利が欲しい一戦。高工大の先発は青木、鳴教大は安丸で、高工大は安丸対策に右打者を並べ、鳴教大はDHを解除し安丸を打席に立たせ、両チームとも打線でプレッシャーをかけて臨んだ。 試合が動いたのは2回、高工大の先頭喜多によるレフト前安打から守備のミスに付け込み、平岡、杉野、山本による長打を含む三連打などから一挙8点を挙げた。その裏鳴教大は安丸の長打から堤の犠牲フライにより1点を返す。 3回、鳴教大は今リーグ登板の無い桂をマウンドに立たすも、高工大は冷静に打ち崩し、4点を追加する。追い詰められた鳴教大は4回、児玉、田中の連続長打により2点目を返し、5回にはタイムリーが続き、更に2点を返し5回コールドを免れる。 整備後の6回、高工大は鳴教大の反撃ムードを押し返すかのように、岡本のタ…

続きを読む

2018春1部高知大対松山大第1試合結果

4月28日(土)レクザムスタジアム14時58分開始(試合時間2時間22分)主管 松山大学観客数 146人イニングスコア高知大=001|103|000||5松山大=000|200|000||2 バッテリー高知大=◯上ノ薗-矢須松山大=●田渕、渡辺、森安-鵜足二塁打=岡崎(松)三塁打=片山、尾谷(高)本塁打=柘植(高)暴投=なし捕逸=なし野選=なしMVP=片山(高)VP=柘植(高)、田渕(松)審判=(田中、西池、山脇、山本) 記事=勝ち点奪取を目論む両チーム。高知大は、第一戦にエース上ノ薗を先発に据える。対する松山大は、チームに新しい風を吹かすべくリーグ戦初登板の田渕が先発する。立ち上がりが注目される。まず松山大の田渕がマウンドへ。テンポのいい投球で抑える。次に高知大の上ノ薗がマウンドへ。140キロを越えるストレートで抑え込む。試合が動いたのは3回表。高知大の7番柘植。振り抜いた打球はレフト頭上へ。風にも押され先制のホームランとなる。そして4回表。高知大は、薮井・片山の連打からチャンスを作ると五番尾谷の右中間を破るスリーベースヒットで1点を追加する。反撃したい松山大は世木田の四球を足掛かりに1アウト1・2塁を作ると山岡のライト前適時打と小林のセンター前適時打で同点に追い付く。整備を挟んで6回表。先頭の名嘉真が四球で出塁すると、続く薮井がライト前を放つ。そして主将片山が右中間のフェンス直撃のスリーベースを放つ、そして柘植のレフト前適時打を放ち3点差とする。上ノ薗を打ち崩したい松山大は最終回主将岡崎が…

続きを読む