2017春1部高工大対四学大 第2試合結果

4月30日(日)坊っちゃんスタジアム試合開始14時37分(試合時間2時間29分)主管 高知工科大学観客数153人 イニングスコア高知工科=100|200|020|5四国学院=001|001|53×|10 バッテリー高知工科=●山上、中村、青木ー山川四国学院=土田、横井、◯藤岡、小久保ー森口 二塁打=土屋(高工)山城(四学)古谷(四学)藤原(四学)中嶋(四学)三塁打=なし本塁打=なし暴投=中村(高工)野選=なし捕逸=なしMVP=藤岡(四学)VP=土屋(高工)、古谷(四学)審判=(岡田、高橋、稲葉、弓立) 記事=絶対に落とせない工科大とここで勝負を決めたい四学大の第2回戦。先制点で流れを掴みたい先攻の工科大は、先頭杉野の内野ゴロに四学大の失策が絡み出塁する。杉野が盗塁を成功させるが、打者は二連続三振が続き流れが掴めない。再び杉野が三盗を成功させると、その後三者連続四球で杉野が生還。先制点は工科大となった。二死満塁となり追加点が欲しい工科大。しかし、立て直した土田に抑えられ追加点とはならなかった。一方四学大は、3回裏、森口と続く山城の安打により、連続で出塁する。3番原の中前打により森口が生還し、3回終了時点で1-1とする。両者譲らない展開となったが、4回表に土屋が二塁打でチャンスを作ると喜多の犠打に失策が絡み、土屋が生還。2番山本卓の中前打で喜多も生還。点差を2点とし、流れを掴んだと思われた。しかしここから、工科大の打線は投手藤岡の前に沈黙し、6回表に土屋、7回表に杉野が安打を放ち再…

続きを読む

2017春1部松山大対鳴教大第2試合結果

4月30日(日) 坊っちゃんスタジアム開始12時14分(試合時間 1時間48分)主管 松山大学  観客223人 イニングスコア松山大学=330|101|2|10鳴門教育=000|000|0|0(大会規定により7回コールド) バッテリー松山大学=(勝)鴻上-田原鳴門教育=(負)田原-岩崎二塁打=西原、小林、山西(松大)三塁打=なし本塁打=なし暴投=なし捕逸=なし野選=なし審判=(稲葉、上田高、上田幸、高橋) 記事=今日勝って勝ち点を奪いたい松山大と、粘りを見せ3戦目に持ち込みたい鳴門教育との1戦。試合は1回表、松山大の攻撃。2番西原がニ塁打で出塁し、5番宗岡が左前適時打を放ち松山大が幸先よく先制に成功する。続く6番小林も左前適時打を放ち初回から3-0と試合をリードする。反撃したい鳴門教育打線は松山大先発の鴻上の前に好機を作り出すことができない。2回表、松山大の攻撃は先頭打者の山西が左中間を破る二塁打で好機を作ると1番下村が適時打を放ち1点を追加する。2番西原も適時を放つなど、3点を追加し6-0と点差を広げる。松山大は4回表にも内野安打2本で好機を作り出し、3番奥田の適時打で1点をを追加する。6回表に1点、7回表に2点を追加した松山大が10-0と大きく試合をリードする展開となる。粘りを見せたい鳴門教育打線だったが、松山大先発の鴻上の前に完璧に抑えこまれる展開となった。鴻上は、最後の打者を141キロの直球で三振に仕留め参考記録ながら無安打無得点を達成した。試合は10-0の7回コールドゲー…

続きを読む

2017春1部愛媛大対高知大第2試合結果

4月30日(日)、坊ちゃんスタジアム 8:51開始(試合時間2時間49分) 主管 愛媛大学 観客数 210 人 イニングスコア 愛媛大学=100|100|210|2|7 高知大学=000|130|010|3x|8x (延長10回) バッテリー 愛媛大学=佐藤、松本、田中、勝田、●亀岡-村瀬 高知大学=道原、〇上ノ薗ー菅野、矢須 二塁打=なし 三塁打=西島、南、村瀬(愛大)、名嘉真(高大) 本塁打=なし 暴投=道原、上ノ薗(高大) 捕逸=なし 野選=なし MVP=田中隆(高大) VP=名嘉真(高大)、なし(愛大) 審判( 小林、岡田、上田高、上田幸) 記事= 優勝へ望みを繋げるために負けられない高知大と、2連勝でなんとか勝ち点をつかみたい愛媛大の第2戦。 先攻の愛媛大は初回、1番の西島が左越三塁打で出塁する。二死三塁となるも、4番楠の中前適時打で1点を先制。4回にも1点を追加し、2-0とリードする。 対する高知大は4回裏、先頭の3番大羽が右翼線への二塁打で出塁し、遊ゴロ、二ゴロの間に1点を返す。さらに5回裏、失策、四球などで一死一、二塁とし、1番名嘉真が左越三塁打、続く2番田中の犠飛で3点を奪い、4-2と逆転に成功する。 7回表、愛媛大は一死から代打の民部、川路の2連打で一、三塁の好機を作り8番立岡のスクイズ、続く村瀬の右翼線を破る三塁打で2点を追加し4-4の同点に追いつく。8回に1点を追加し、リード…

続きを読む

2017春1部鳴教大対松山大第1試合結果

4月29日(土) 坊っちゃんスタジアム開始14時50分(試合時間 3時間6分)主管 松山大学  観客187人 イニングスコア鳴門教育=100|002|500|0|8松山大学=003|031|010|1×|9×(大会規定によりタイブレーク) バッテリー鳴門教育=岩崎、樋口、山口、(負)安丸-大栗、岩崎松山大学=平山、玉木、(勝)川上-田原、安藤悠二塁打=西原、世木田(松大)三塁打=なし本塁打=なし暴投=平山(松大)、岩崎③(鳴教)捕逸=なし野選=樋口(鳴教)審判=(高木、福住、室野、早川) 記事=両大学勝ち点無しで迎えた4週目。勝ち点を奪い最下位脱出を狙う両大学の1戦。鳴門教育は初回先頭打者宇良が安打で出塁すると、2番龍野が犠打でランナーを進め、さらにゴロの間に宇良が3塁に進塁すると、松山大の平山の暴投により鳴門教育が先制に成功する。3回裏の松山大の攻撃、先頭打者の鵜足が四球で出塁すると鳴門教育先発の岩崎が2個の暴投を放り鵜足が3塁に進塁する。2番西原の3塁ゴロが相手の失策を誘い松山大が1点を返すと、四球で満塁の好機を作ると5番宗岡の右前適時打で2点を加え逆転に成功する。5回にも3点を追加した松山大が6-1と試合を優位に進める。鳴門教育も、勝ち点落とすことのできない大事な試合で粘りを見せる。6回表の攻撃安打2本と四球で満塁の好機を作り、打席には6番児玉が立つ。松山大先発の平山にこの打席内で11球を投げさせる粘りを見せ、12球目の直球を左前適時打とし1点を返すと、7番伊藤が犠飛を放ち6…

続きを読む

2017春2部徳大医対徳島大第2試合結果

4月29日(土)、みろく球場 12時37分開始(試合時間1時間24分) 主管 徳島大学医学部 イニングスコア 徳大医学=000|000|000|0 徳島大学=010|010|10X|3 バッテリー 徳大医学=●別所ー平野 徳島大学=○岩本ー島 二塁打=玉置(徳大)、藤森(徳医) 三塁打=なし 本塁打=なし 暴投=なし 捕逸=なし 野選=岩本(徳大) MVP=岩本(徳大) VP=酒井(徳大)、別所(徳医) 徳島大学医学部 0勝2敗(通算 2勝6敗) (報告者=徳医 井上)

続きを読む

2017春2部徳大医対徳島大第1試合結果

4月29日(土)、みろく球場 9時56分開始(試合時間1時間51分) 主管 徳島大学医学部 イニングスコア 徳島大学=411|328|6|25 徳大医学=000|000|0|0 バッテリー 徳島大学=○島ー河野 徳大医学=●甲斐、吉岡ー平野 二塁打=玉置(徳大)、加納(徳医) 三塁打=橋本(徳大)、加納(徳医) 本塁打=なし 暴投=なし 捕逸=なし 野選=なし MVP=小谷(徳大) VP=林(徳大)、甲斐(徳医) 徳島大学医学部 0勝1敗(通算 2勝5敗) (報告者=徳医 井上)

続きを読む

2017春1部高知大対愛媛大第1試合結果

4月29日(土)、坊ちゃんスタジアム 11:55開始(試合時間2時間22分) 主管 愛媛大学 観客数 200人 イニングスコア 高知大学=001|010|000|1|3 愛媛大学=001|000|001|2x|4x (延長10回) バッテリー 高知大学=●上ノ薗-矢須 愛媛大学=亀岡、○勝田-吉森、村 瀬 二塁打=なし 三塁打=なし 本塁打=なし 暴投=なし 捕逸=なし 野選=なし MVP=山本(愛大) VP=亀岡(愛大)、なし(高大) 審判( 福住、高橋、早川、上田幸) 記事= 先攻の高知大は3回、先頭の7番薮井が右前打で出塁し犠打、四球などで2死1、2塁とすると、2番の主将田中の右前適時打で1点を先制する。 その裏愛媛大は先頭の西島が左前打で出塁すると、続く2番南は四球、3番今村の犠打で1死2、3塁の好機を作る。ここで4番楠がスクイズを決め同点とする。 5回表、1死から8番矢須が四球で出塁すると、続く9番柘植の犠打で2死2塁とする。ここで、1番の那嘉真の放った打球は一塁手のグラブを弾き右前へ。これが適時打となり1点を勝ち越す。 9回裏、愛媛大は先頭の楠が死球で出塁し、5番西久保の犠打で1死2塁とする。ここで6番山本が中前適時打を放ち、土壇場で追いつく。試合はタイブレークに突入する。 10回表、先攻の高知大の攻撃。ここで愛媛大は先発の亀岡から勝田へ継投。先頭の藤田の犠飛により1点をあげる。続く打者は四球で二死満塁と好機は続いたが6番松下が遊ゴロに倒…

続きを読む