SUBAC3について

11月15日、リーガホテル新居浜にて、四国地区大学野球連盟所属の3年生を中心に企業合同説明会(SUBAC3)が開催された。今回で2度目となったSUBAC3は株式会社スイッチカンパニーさんのご協力の元、四国内外の15社の企業が参加し行われた。また、今回はマスクの着用、手指、ブースの消毒、常時換気など新型コロナウイルス感染対策が万全の状態で行われた。イベント名称SUBAC3(スバック)とは、S(shikoku)、U(university)、B(baseball)、A(advantage)、C(chance、career、change)と言う単語を合わせて作られた造語である。四国地区大学野球連盟の活動方針はもちろん、この取り組みが、学生にとって前向きな未来のチャレンジに繋がっていく事を願い、また今後も長くこの取り組みを定着させていくにあたり親しみやすい名称をとの思いを込めてつくられた。まず最初に連盟理事の佐野の挨拶で幕を開けたSUBAC3は、約3時間の合同説明会が行われた。各企業の方の様々な話や経験を聴くことができ、非常に有益な時間になった学生も多く見られた。その後、45分間の交流会が行われ、自身の気になった企業の方との交流や、合同説明会では周りきれなかった企業の方との話を聴くことができた。最後に連盟専務理事の越智が野球と就活を掛け合わせたユーモアある挨拶でSUBAC3は幕を閉じた。今回のSUBAC3で自分の将来設計、将来の姿を想像する機会として上手く活用出来た学生が多く見られた。これから社会人として旅…

続きを読む

ドラフト指名のご報告

本連盟所属の四国学院大学より水上由伸投手(帝京第三)が埼玉西武ライオンズより育成5巡目指名を受けましたのでご報告いたします。本連盟からの指名は天野浩一氏(四学大:元広島)、福田岳洋氏(高知大:元横浜DeNA)、高野圭佑氏(四学大:現阪神)以来4人目となります。 【水上由伸からのコメント】素直に嬉しい気持ちでいっぱいです。育成指名ということでこれから這い上がっていきます。応援よろしくお願いします!

続きを読む

第1回学生審判講習会

令和2年1月18日(土)愛媛県松山市の松山大学久万ノ台グラウンドにて第1回学生審判講習会が行われた。講師には四国地区大学野球連盟の弓立隆通審判委員会委員長を招き、松山大学硬式野球部の練習協力の下、四国地区大学野球連盟に所属する10大学から25名の選手及び学生スタッフが学生審判講習会に参加した。本講習会は、審判に必要な基礎知識・技術の習得や将来、審判員として野球に携わることを目指す学生の支援を目的に開講された。講習会は、ゼスチャー練習、フォースプレイ時の判定練習等、基本的な練習にはじまり、打球方向判定や審判のフォーメンション確認など約6時間にわたり行われた。受講生は、講習会を通じて野球のルールはもちろん審判についての理解を深めることができたであろう。講習中には、アウトやセーフなどのコールが高らかに響き渡っていた。受講した学生の中には野球歴こそ10年前後になる選手も多くいるものの、審判としてはまだまだ初心者であり複雑なフォーメーションや各塁審同士の連携には悪戦苦闘していた。普段の試合中、審判に注目することは少ない。しかし、今回の講習会において審判の大切さや責任の重さ、難しさを感じた受講生も多かったようだ。今回は、第1回として開かれた学生審判講習会であった。今後も継続的に開講していき、連盟として学生審判の育成を推し進めていく。将来的には、新人戦や2部リーグの試合において学生審判員の導入を目指し、厳正なジャッジを行えるようにしていきたい。

続きを読む

ベースボールクリスマス2019 運営補助

12月8日(日)えひめ愛・野球博presentsベースボールクリスマスが屋内運動場「ビバ・スポルティアSAIJO」で行われ、四国地区大学野球連盟所属の松山大学・愛媛大学・香川大学・四国学院大学の選手ならびに学生スタッフ約60名が運営ボランティア各種業務にあたった。各選手・スタッフは、各ブースの運営や参加選手の誘導などに従事した。全国から2000名以上が来場し、大規模なイベントとなった。特にミニ野球ゲームをすることが出来る「野球で遊ぼう」のブースでは、子供たちはプロ野球選手と触れ合いながら野球の楽しさを感じることもでき、大盛況となった。今回のような大きなイベントにボランティアとして参加することで、普段できない活動をすることが出来て部員たちにとっても貴重な経験となっただろう。(報告者=愛媛大 下前)

続きを読む

キャッチボールクラシック2019 in愛媛 運営補助

12月8日(日)のえひめ愛・野球博presentsベースボールクリスマスの開催を前に、12月7日(土)にキャッチボールクラシック~全国大会2019~が屋内運動場「ビバ・スポルティアSAIJO」及び隣接する競技場で行われ四国地区大学野球連盟所属の松山大学・愛媛大学・高知工科大学の選手ならびに学生スタッフ約50名が運営ボランティアに参加し各種業務にあたった。各選手・スタッフは、キャッチボールクラシックの競技の公式審判や参加選手の誘導、7日(土)のベースボールクリスマス開催にあたっての各イベントブースの準備などに従事した。7日(土)、同会場で開催されるえひめ愛・野球博presentsベースボールクリスマスは、複数のイベントブースや企画などが催され盛大な盛り上がりが予想される。明日も連盟所属の選手・スタッフ約60名が運営ボランティアに参加する。先週末に開催された「はじめてのボール遊び」等の企画をはじめ、野球普及活動にも積極的に参加をしていく。(報告者=愛媛大 山野)

続きを読む

侍ジャパン大学代表候補選手選考合宿 補助

11月30日から12月1日の3日間、侍ジャパン大学代表候補選手選考合宿が愛媛県の坊っちゃんにて行われた。3日間の合宿を通して、松山大学と愛媛大学の選手および学生スタッフが、バッティングピッチャーや紅白戦のボールボーイ、場内アナウンスなど練習・試合補助を務めた。全日本のプレーを間近で見る貴重な経験を通して両大学の改善点が改めて浮かび上がってきた。今回の合宿補助の体験から両大学が更なるレベルアップを遂げることを期待したい。

続きを読む