国際親善試合 総括

 7月27日28日31日の3日間にかけて、国際親善試合と称して四国地区大学野球連盟所属の3大学(高知工科大学・愛媛大学・松山大学)がU-18チャイニーズ・タイペイ(以下台湾代表)とマドンナスタジアムにて試合を行った。 7月27日(土)高工大=000|000|000||0中華隊=110|021|00×||5 7月28日(日)中華隊=202|000|201||7愛媛大=000|112|000||4 7月31日(水)松山大=000|010|000||1中華隊=900|500|00✕||14〈球場はいずれもマドンナスタジアム〉試合の詳細、記事は同ブログよりご覧頂けます。  愛媛県松山市は、平成26年に台湾・台北市と友好交流協定を締結し、観光やスポーツなどの分野で活発な交流をしている。今回もその活動の一環で、台湾代表チームが同市で強化合宿を行った。試合前には、シューズケースと帽子、バッチなどのプレゼント交換を行うなど野球以外の面でも交流を深めた。 対戦結果は、台湾代表の3戦3勝に終わり四国地区としては悔しい結果となった。試合中は随所に台湾代表チームの技術力の高さが光ったシーンが見られた。攻撃ではボール球にいっさい手を出さない、際どいボールも見極める選球眼の良さを見せるだけでなく、甘いボールに対しては果敢にスイングをかけた。各打者のスイングは鋭く、強い当たりを何度も放っていた。また、打つだけでなく小技も見事であった。バントやヒットエンドランやバスターなど相手の裏をかく鮮や…

続きを読む

U-18チャイニーズ・タイペイとの国際親善試合について

 愛媛県松山市は、平成26年に台湾・台北市と友好交流協定を締結し、観光やスポーツなどの分野で活発な交流をしており、野球などの合宿誘致を行っている。今回その一環で、U-18チャイニーズ・タイペイがマドンナスタジアムなどにて強化合宿をしている。 四国地区大学野球連盟では、今春リーグ2連覇を果たした高知工科大学と同2位の愛媛大学、開催地の松山大学の3大学が、U-18チャイニーズ・タイペイとの国際親善試合を計3試合行う。 それに先立ち、7月26日(金)松山市内のホテルにて「U-18中華民国国家代表隊歓迎レセプション」が行われた。代表チームは、7月26日(金)から8月1日(木)までの期間、マドンナスタジアムなどで強化合宿を行い、8月30日(金)から韓国(機張郡)にて開幕する第29回 WBSC U-18ベースボールワールドカップに臨む。侍ジャパンU-18代表チームも参加する。 <国際親善交流試合> 2019/7/27(土)13:00 高知工科大学VS U-18チャイニーズ・タイペイ2019/7/28(日)13:00 愛媛大学 VS U-18チャイニーズ・タイペイ2019/7/31(水)13:00 松山大学 VS U-18チャイニーズ・タイペイ場所:マドンナスタジアム(全試合:入場無料) <各大学の指揮官からのひとこと>高知工科大学 監督代行 先田竜章(コーチ)「四国の覇者としての自覚をもって、リーグ戦同様、勝利に貪欲に戦いたい。緒戦が重要になるため、四国のトップバッターとして勢いがつけられるような試合運び…

続きを読む

第43回日米大学野球選手権大会 in今治市営球場

2019年7月17日(水) 第43回日米大学野球選手権大会の第2回戦(全5戦)が愛媛県の今治市営球場にて行われました。1回戦と同様、当連盟からスタッフ、部員が運営スタッフとして参加しました。 今治市では、球場外に屋台なども出店しており、いつもとは少し違う雰囲気の中で野球観戦を体験できました。それらは、観戦に華を添え多くの来場者の方にお楽しみ頂けたのではないかと思います。 スタンドでは、松山大学吹奏楽部の演奏に合わせて観客が一体となり、日本代表チームに熱い声援を送りました。その大きな声援は、試合を活気づけるだけでなく、日本代表選手たちの大きな後押しとなったことでしょう。球場内には多くの少年野球チームの子どもたちも見られ、大きな声で応援するだけでなく、レベルの高いプレーに感嘆の声をあげ、大学野球観戦を存分に楽しんでいました。 この2試合をもって第43回日米大学野球選手権大会の愛媛県開催は、天候も味方につけ無事終了しました。国際試合の運営という貴重な経験を通じて、スタッフ、部員一同、裏方の仕事を体験しその大変さを認識するとともに、裏方の大切さを痛感致しました。今回経験したことや学んだことを自チームあるいは連盟に持ち帰り、今後の成長、発展に活かしていきたいと思います。 また、将来的には四国地区大学野球連盟からも日本代表に選出され、日の丸を背負い戦える選手が出てくることを願っております。選手権で上位に進出する関東圏や関西圏の大学に比べ、設備など環境の面で劣る部分はありますが、一人一人が知恵を出し合い工夫しな…

続きを読む

第43回日米大学野球選手権大会 in坊っちゃんスタジアム

2019年7月16日(火)愛媛県の坊っちゃんスタジアムにて、第43回日米大学野球選手権大会の開幕戦(全5戦)が行われました。私たち四国地区大学野球連盟から、愛媛大学、松山大学、高知工科大学、四国学院大学、香川大学のスタッフ、部員が大会運営スタッフとして参加し、セレモニーと試合では松山大学吹奏楽部が演奏で大会を盛り上げてくれました。大学選抜の大会というだけでなく国際大会ということもあり、普段のリーグ戦とは違った緊張感の中での業務でしたが、各自が自分の仕事に精一杯取り組むことができたと思います。またレベルの高い野球を近くで見て、野球の技術面等についても、たくさんのことを吸収できたと思います。明日も愛媛県の今治市営球場にて日米大学野球選手権大会が行われます。本日と同様、連盟のスタッフ、部員が運営スタッフとして参加します。運営スタッフとしての自覚をしっかりと持ち、本大会に関われることに感謝しながら業務に全力で取り組みたいと思います。そして、近い将来、四国地区大学野球連盟からも侍ジャパン大学日本代表に選出され活躍できるよう励みたいです。 第43回日米大学野球選手権大会2019年7月16日(火)18:00 坊っちゃんスタジアム(愛媛県松山市)2019年7月17日(水)18:00 今治市営球場(愛媛県今治市)2019年7月18日(木)18:00 絆スタジアム(山口県岩国市)2019年7月20日(土)18:00 ヨーク開成山スタジアム(福島県郡山市)2019年7月21日(日)18:00 明治神宮野球場(東京都新…

続きを読む

新しい活動始めました!

 令和元年度春季リーグより四国地区大学野球連盟では、エコキャップ運動を開始致しました。初の試みである今回は、約3,000個、7.5キログラムのエコキャップを松山容器株式会社さんに寄付させて頂きました。このエコキャップは、松山容器株式会社を通じてNPO法人世界の子供にワクチンを日本委員会(JCV)に送られ、病気で苦しんでいる子供たちのために役立てられます。加盟大学のみなさん、ご協力ありがとうございました。 秋季リーグ以降もエコキャップ運動、寄付活動は継続していきますので、今後ともご協力よろしくお願い致します。 また、昨秋から開始しました、Beautiful Stadium Project(BSP活動)についても継続していきます。この球場美化活動の様子は、SNS等を通じてご紹介できればと思っておりますので、ぜひご覧頂けたらと思います。 最後になりましたが、日頃より四国地区大学野球連盟の活動にご協力頂きましてありがとうございます。今後とも変わらぬご支援よろしくお願い致します。 松山容器 http://www.matsuyama-youki.jp/

続きを読む

愛媛県野球フェスティバル2018

 愛媛県野球協議会主催の愛媛県野球フェスティバル2018が以下の日程で開催されます。この協議会に四国地区大学野球連盟も参画しており、この催しに積極的に参加しています。  午後に行われます大学・高校野球交流戦には、愛媛県にゆかりのある選手による四国地区大学野球連盟「愛媛県選抜」を編成し、秋季四国地区高校野球愛媛県大会を制した帝京第五高校と対戦します。高校及び大学で愛媛県の野球環境で育まれた選手たちは、少しでも恩返しできるようにと懸命のプレーを披露しますので、ご声援よろしくお願いします。そして、この野球フェスティバルで触れ合う小・中・高の選手たちを、将来一人でも多く迎え入れることが出来れば、と願っています。日 時 2018年11月23日(金)開催地 坊っちゃんスタジアム8:30 オープニングセレモニー8:50 少年野球教室(小学生対象:松山フェニックス、愛媛大学、松山大学)※雨天の場合でも少年野球教室は屋内運動場にて実地します。10:40 秋季愛媛県大会出場校交流戦     聖カタリナ学園 ⅴs 宇和島東高校13:30 愛媛県大学・高等学校野球交流戦    愛媛県選抜 ⅴs 帝京第五高校★当日、坊っちゃんスタジアムで行われるフェスティバルの模様はライブ配信する予定です。[愛媛県大学選抜チームメンバー]四国地区大学野球連盟のピックアップチーム用のユニフォームにて試合を行います。背番号 位 置  氏   名 学年 職業/学生50 監 督 大島 知樹    愛媛大学51 コーチ 池田 幸二郎     松山…

続きを読む