第 54 回明治神宮野球大会中国・四国地区大会

10月27日(金)、レクザムスタジアム12時16分開始(試合時間2時間38分) 観客数 100人 イニングスコア松山大=001|000|100||2環太平洋大=100|004|13X||9Xバッテリー松山大=●松田、舩田、-山下、金井、下口環太平洋大=○白水、中島-内之倉二塁打=猿渡(環大)、山本(環大)、楠本(環大)三塁打=なし本塁打=市原(環大)暴投=白水(環大)捕逸=なし野選=なし    審判(森下、山脇、永山、奥村)第54回明治神宮野球大会中・四国代表決定戦はレクザムスタジアムで行われた。明治神宮大会出場に王手をかけた環太平洋大学と絶対に負けられない松山大学との第2試合目は、初回から試合が動く。1回裏の環太平洋大学の攻撃は、1番山本が三塁線を抜ける左二塁打で出塁し、2番吉田の捕犠打で1死三塁のチャンスを作ると3番楠本が遊内野安打で先制点をとる。しかし、松山大学も反撃する。3回表の松山大学の攻撃は、相手の失策などで2死三塁を作ると1番岩本の右安打で同点となる。両投手の力投で5回まで投手戦だったが6回裏に環太平洋大学の打線に勢いがつく。2死から5番市原の左中間のランニング本塁打で逆転すると、9番平井と1番山本の連続タイムリーでこの回4点を取り松山大学を突き放す。続く7回、8回も松山大学の投手陣が環太平洋大学の打線につかまる。松山大学は勢いを止めることができず7点差となり大会規定により8回コールドで環太平洋大学が勝利した。この時点で2戦先勝のため環太平洋大学が優勝となり2年連続7回目の…

続きを読む

通報相談窓口利用案内

四国地区大学野球連盟 通報相談窓口利用案内 1.目的 四国地区大学野球連盟(以下「本連盟」という)では、本連盟において野球競技を行う者の権利利益を保護するために、通報相談窓口を設置し、日本学生野球憲章及び野球競技の場における暴力行為を含むパワーハラスメント、セクシャルハラスメント、その他の組織的又は個人的な不当行為等の早期発見と是正、再発の防止に努め、もって野球競技の真に健全な発展を図っていきます。 2.通報相談窓口  ⑴本連盟に登録されている野球部員  ⑵本連盟に登録されている役職員  ⑶上記⑴⑵のいずれかに該当した者で、その地位・身分でなくなってから6か月を経過しない者 3.通報相談窓口 通報相談窓口を以下のとおり設置し、不当な行為等に関する相談に応じます。一般社団法人 大学野球支援機構 理事長 浜田一志(連絡先) 〒221-0052 神奈川県横浜市神奈川区栄町5-1電話:045-444-2422 FAX:045-345-0197メール:go@becc.jp 注)お電話での通報は受け付けておりませんのでご注意願います。 4.通報相談窓口では対応できない事項  ⑴係争中のもの  ⑵匿名による通報のもの  ⑶電話による通報のもの  ⑷被通報者が本連盟の役員、野球部員に関わらず、リーグ戦における審判員の判定に起因するもの 5.通報対象事項の事実調査 ⑴通報相談窓口と本連盟コンプライアンス委員会は協力して事実調査にあたり、利用者の秘密を守り、特定され…

続きを読む

2021年 第3回SUBAC³活動報告

11月27日、リーガホテル新居浜にて、四国地区大学野球連盟所属の3年生を中心に企業合同説明会(SUBAC³)が開催された。今回で3度目となったSUBAC³は株式会社スイッチカンパニー様のご協力の元、四国内外の15社の企業が参加し行われた。また、今回はマスクの着用、手指、ブースの消毒、常時換気など新型コロナウイルス感染対策が万全の状態で行われた。イベント名称SUBAC³(スバック)とは、S(shikoku)、U(university)、B(baseball)、A(advantage)、C(chance、career、change)と言う単語を合わせて作られた造語である。四国地区大学野球連盟の活動方針はもちろん、この取り組みが、学生にとって前向きな未来のチャレンジに繋がっていく事を願い、また今後も長くこの取り組みを定着させていくにあたり親しみやすい名称をとの思いを込めている。 約4時間の合同説明会が行われた。各企業の方の様々な話や経験を聴くことができ、非常に有益な時間になった学生も多く見られた。また、積極的に企業側に質問する学生もいたため、今後の就職活動における企業選びの軸を考える機会になっただろう。 今回のSUBAC³で自分の将来設計、将来の姿を想像する機会として上手く活用出来た学生が多く見られた。これから社会人として旅立つため、どのように今回の経験を活かすのかは本人達次第だが、良い経験になったのは間違いない。これからもSUBAC³をより良い活動にしていけるよう、連盟としても企画や運営に励んで行…

続きを読む

第3回SUBAC³のご案内

11月28日(日)、リーガロイヤルホテル新居浜にて、「第3回SUBAC³」が開催されます。SUBAC³は、四国地区大学野球連盟に所属する現3回生を対象にした合同企業説明会で、今年3回目の開催です。 今年参加していただく企業は、以下の通りです。(順不同) 一宮工務店(株)(株)愛媛銀行大倉工業(株)(株)クック・チャム四国四国西濃運輸(株)四国医療サービス(株)トヨタL&F西四国(株)西尾レントオール(株)ネッツトヨタ香川(株)(株)ヒカリ(株)フジ福助工業(株)(株)三好鉄工所(株)森熊(株)レデイ薬局

続きを読む

SUBAC3について

11月15日、リーガホテル新居浜にて、四国地区大学野球連盟所属の3年生を中心に企業合同説明会(SUBAC3)が開催された。今回で2度目となったSUBAC3は株式会社スイッチカンパニーさんのご協力の元、四国内外の15社の企業が参加し行われた。また、今回はマスクの着用、手指、ブースの消毒、常時換気など新型コロナウイルス感染対策が万全の状態で行われた。イベント名称SUBAC3(スバック)とは、S(shikoku)、U(university)、B(baseball)、A(advantage)、C(chance、career、change)と言う単語を合わせて作られた造語である。四国地区大学野球連盟の活動方針はもちろん、この取り組みが、学生にとって前向きな未来のチャレンジに繋がっていく事を願い、また今後も長くこの取り組みを定着させていくにあたり親しみやすい名称をとの思いを込めてつくられた。まず最初に連盟理事の佐野の挨拶で幕を開けたSUBAC3は、約3時間の合同説明会が行われた。各企業の方の様々な話や経験を聴くことができ、非常に有益な時間になった学生も多く見られた。その後、45分間の交流会が行われ、自身の気になった企業の方との交流や、合同説明会では周りきれなかった企業の方との話を聴くことができた。最後に連盟専務理事の越智が野球と就活を掛け合わせたユーモアある挨拶でSUBAC3は幕を閉じた。今回のSUBAC3で自分の将来設計、将来の姿を想像する機会として上手く活用出来た学生が多く見られた。これから社会人として旅…

続きを読む

ドラフト指名のご報告

本連盟所属の四国学院大学より水上由伸投手(帝京第三)が埼玉西武ライオンズより育成5巡目指名を受けましたのでご報告いたします。本連盟からの指名は天野浩一氏(四学大:元広島)、福田岳洋氏(高知大:元横浜DeNA)、高野圭佑氏(四学大:現阪神)以来4人目となります。 【水上由伸からのコメント】素直に嬉しい気持ちでいっぱいです。育成指名ということでこれから這い上がっていきます。応援よろしくお願いします!

続きを読む