はじめてのボールあそび 活動報告

11月30日(土)と12月1日(日)の2日間に渡り、香川県高松市の四番町スクエアにて、はじめてのボールあそびという野球普及活動が行われた。応募人数が募集定員を大きく上回り、参加できない子どもたちも出てしまったが、急遽2日目を追加するという形での開催となった。 はじめてのボールあそびは、四国地区六大学野球連盟が行う野球普及活動として、香川大学をはじめ、四国学院大学や鳴門教育大学、愛媛大学、松山大学の選手達が子どもたちにボールの投げ方や打ち方を教え、最後には試合形式で野球を楽しんでもらった。 1日目には、日本野球機構さんより3名が来てくださり、プロ野球選手直々に指導して貰った子どもたちはとても喜んでいる様子だった。子どもたちにどのように指導をすれば良いのか、プロ野球選手の教え方を見聞きして学ぶこともでき、参加していた選手にとっても貴重な時間となった。子どもたちが活動している間、保護者の方には東京大学硬式野球部元監督の浜田さんによる講演会が行われた。保護者の方の質問に答える時間も用意されており、子どもたちだけではなく保護者の方も有意義な時間を過ごしていただけたのではないか。 2日目は追加開催ということで、1日目に比べて参加人数が少なかったため、選手は子どもひとりひとりに声をかけ、仲を深めながら野球について教えてあげられたようだ。保護者の方は見学のみとなったが、子どもの写真を撮ったり、できなかったことができるようになった成長の瞬間をみることができたのではないかと思う。 休憩時間には、大塚製薬さんか…

続きを読む

初の試み!第1回SUBAC³ 活動報告

 11月30日リーガホテル新居浜にて四国地区大学野球連盟所属の3年生を中心(8大学、合計約100名)にキャリアセミナー(通称SUBAC³)が開催された。本企画は、株式会社スイッチカンパニーさんのご協力のもと四国内外より14社の企業が参加して行われた。  イベント名称SUBAC³(スバック)とはS(shikoku)、U(university)、B(baseball)、A(advantage)、C(Career,Challenge,Chance) という 単語を合わせた造語である。四国地区大学野球連盟の活動方針はもちろんのこと、この取り組みが、学生にとって前向きな未来のチャ レンジに繋がっていくことを願い、また今後も長くこの取り組みを定着させていくにあたり親しみやすい名称をとの思いを込めてつくられた。  本年度初開催となった本イベントは、野球部所属学生の就職やキャリアに関する意識を高め、未来の選択肢を自分の力や自分の考えで広げてほしいという趣旨のもと行われた。SUBAC³内では、企業の方に対しての立ち居振る舞いの仕方や名刺交換の作法などを学ぶ機会もあり、学生にとって学びのある場となった。また早期に企業や業界、社会人と出会える機会が確保され、多様な価値観を知り、未来の働く姿をイメージし、学びや出会いの機会となった。懇親会の場では、食事を共にしキャリアの話にとどまらず学生生活の話や野球の話等、各々が様々な話に花を咲かせた。  参加した学生からは、事前のセミナーを通して、礼儀作法、マナーを再確認するこ…

続きを読む

合宿補助、野球普及活動、キャリアセミナーを行いました

2019年11月30日(土)この日は、各所でイベントが開催された。四国地区大学野球連盟での新たな試みも行われた。各種活動は以下のとおり。 ①大学日本代表候補合宿 補助2019年11月30日(土)~12月2日(月)坊っちゃんスタジアム(愛媛県松山市)大学「侍ジャパン」候補合宿が今年も四国・松山にて開催。3日間の練習補助を四国地区大学野球連盟が担当。大学のトップ選手のプレーを間近で見ることもできたくさんの学びに。 ②野球普及振興活動「はじめてのボール遊び」 初の試み2019年11月30日(土)~12月1日(日)四番丁スクエア(香川県高松市)公益財団法人全日本大学野球連盟との共催で、香川大学硬式野球部が中心となり日本プロ野球機構の専門スタッフの協力を得てこどもたちに「はじめてのボールあそび」を開催。保護者向けには、東京大学硬式野球部前監督の浜田一志さんによる講義も開催。 ③SUBAC3 キャリアセミナー 初の試み2019年11月30日(土)リーガロイヤルホテル新居浜(愛媛県新居浜市)株式会社スイッチカンパニーが四国地区大学野球連盟対象にキャリアセミナーを開催。来春以降就職活動を開始する選手に向けて、就職活動の心構えや取り組み方、業界・企業・業種研究を行った。就職活動経験者から後輩へ来春のリーグ戦と就職活動を両立するためのアドバイスを行った。    

続きを読む

国際親善試合 総括

 7月27日28日31日の3日間にかけて、国際親善試合と称して四国地区大学野球連盟所属の3大学(高知工科大学・愛媛大学・松山大学)がU-18チャイニーズ・タイペイ(以下台湾代表)とマドンナスタジアムにて試合を行った。 7月27日(土)高工大=000|000|000||0中華隊=110|021|00×||5 7月28日(日)中華隊=202|000|201||7愛媛大=000|112|000||4 7月31日(水)松山大=000|010|000||1中華隊=900|500|00✕||14〈球場はいずれもマドンナスタジアム〉試合の詳細、記事は同ブログよりご覧頂けます。  愛媛県松山市は、平成26年に台湾・台北市と友好交流協定を締結し、観光やスポーツなどの分野で活発な交流をしている。今回もその活動の一環で、台湾代表チームが同市で強化合宿を行った。試合前には、シューズケースと帽子、バッチなどのプレゼント交換を行うなど野球以外の面でも交流を深めた。 対戦結果は、台湾代表の3戦3勝に終わり四国地区としては悔しい結果となった。試合中は随所に台湾代表チームの技術力の高さが光ったシーンが見られた。攻撃ではボール球にいっさい手を出さない、際どいボールも見極める選球眼の良さを見せるだけでなく、甘いボールに対しては果敢にスイングをかけた。各打者のスイングは鋭く、強い当たりを何度も放っていた。また、打つだけでなく小技も見事であった。バントやヒットエンドランやバスターなど相手の裏をかく鮮や…

続きを読む

U-18チャイニーズ・タイペイとの国際親善試合について

 愛媛県松山市は、平成26年に台湾・台北市と友好交流協定を締結し、観光やスポーツなどの分野で活発な交流をしており、野球などの合宿誘致を行っている。今回その一環で、U-18チャイニーズ・タイペイがマドンナスタジアムなどにて強化合宿をしている。 四国地区大学野球連盟では、今春リーグ2連覇を果たした高知工科大学と同2位の愛媛大学、開催地の松山大学の3大学が、U-18チャイニーズ・タイペイとの国際親善試合を計3試合行う。 それに先立ち、7月26日(金)松山市内のホテルにて「U-18中華民国国家代表隊歓迎レセプション」が行われた。代表チームは、7月26日(金)から8月1日(木)までの期間、マドンナスタジアムなどで強化合宿を行い、8月30日(金)から韓国(機張郡)にて開幕する第29回 WBSC U-18ベースボールワールドカップに臨む。侍ジャパンU-18代表チームも参加する。 <国際親善交流試合> 2019/7/27(土)13:00 高知工科大学VS U-18チャイニーズ・タイペイ2019/7/28(日)13:00 愛媛大学 VS U-18チャイニーズ・タイペイ2019/7/31(水)13:00 松山大学 VS U-18チャイニーズ・タイペイ場所:マドンナスタジアム(全試合:入場無料) <各大学の指揮官からのひとこと>高知工科大学 監督代行 先田竜章(コーチ)「四国の覇者としての自覚をもって、リーグ戦同様、勝利に貪欲に戦いたい。緒戦が重要になるため、四国のトップバッターとして勢いがつけられるような試合運び…

続きを読む

第43回日米大学野球選手権大会 in今治市営球場

2019年7月17日(水) 第43回日米大学野球選手権大会の第2回戦(全5戦)が愛媛県の今治市営球場にて行われました。1回戦と同様、当連盟からスタッフ、部員が運営スタッフとして参加しました。 今治市では、球場外に屋台なども出店しており、いつもとは少し違う雰囲気の中で野球観戦を体験できました。それらは、観戦に華を添え多くの来場者の方にお楽しみ頂けたのではないかと思います。 スタンドでは、松山大学吹奏楽部の演奏に合わせて観客が一体となり、日本代表チームに熱い声援を送りました。その大きな声援は、試合を活気づけるだけでなく、日本代表選手たちの大きな後押しとなったことでしょう。球場内には多くの少年野球チームの子どもたちも見られ、大きな声で応援するだけでなく、レベルの高いプレーに感嘆の声をあげ、大学野球観戦を存分に楽しんでいました。 この2試合をもって第43回日米大学野球選手権大会の愛媛県開催は、天候も味方につけ無事終了しました。国際試合の運営という貴重な経験を通じて、スタッフ、部員一同、裏方の仕事を体験しその大変さを認識するとともに、裏方の大切さを痛感致しました。今回経験したことや学んだことを自チームあるいは連盟に持ち帰り、今後の成長、発展に活かしていきたいと思います。 また、将来的には四国地区大学野球連盟からも日本代表に選出され、日の丸を背負い戦える選手が出てくることを願っております。選手権で上位に進出する関東圏や関西圏の大学に比べ、設備など環境の面で劣る部分はありますが、一人一人が知恵を出し合い工夫しな…

続きを読む

第43回日米大学野球選手権大会 in坊っちゃんスタジアム

2019年7月16日(火)愛媛県の坊っちゃんスタジアムにて、第43回日米大学野球選手権大会の開幕戦(全5戦)が行われました。私たち四国地区大学野球連盟から、愛媛大学、松山大学、高知工科大学、四国学院大学、香川大学のスタッフ、部員が大会運営スタッフとして参加し、セレモニーと試合では松山大学吹奏楽部が演奏で大会を盛り上げてくれました。大学選抜の大会というだけでなく国際大会ということもあり、普段のリーグ戦とは違った緊張感の中での業務でしたが、各自が自分の仕事に精一杯取り組むことができたと思います。またレベルの高い野球を近くで見て、野球の技術面等についても、たくさんのことを吸収できたと思います。明日も愛媛県の今治市営球場にて日米大学野球選手権大会が行われます。本日と同様、連盟のスタッフ、部員が運営スタッフとして参加します。運営スタッフとしての自覚をしっかりと持ち、本大会に関われることに感謝しながら業務に全力で取り組みたいと思います。そして、近い将来、四国地区大学野球連盟からも侍ジャパン大学日本代表に選出され活躍できるよう励みたいです。 第43回日米大学野球選手権大会2019年7月16日(火)18:00 坊っちゃんスタジアム(愛媛県松山市)2019年7月17日(水)18:00 今治市営球場(愛媛県今治市)2019年7月18日(木)18:00 絆スタジアム(山口県岩国市)2019年7月20日(土)18:00 ヨーク開成山スタジアム(福島県郡山市)2019年7月21日(日)18:00 明治神宮野球場(東京都新…

続きを読む