愛媛県野球フェスティバル2016 大学高校交流戦試合結果・報告

11月23日(水)坊っちゃんスタジアム 12:58開始(試合時間 2時間09分) 観客数 189人 イニングスコア カタリナ=000|200|021|5 愛媛選抜=000|200|000|2 バッテリー カタリナ=(勝)新保ー大森 愛媛選抜=亀岡、渡辺、(負)藤岡、三好ー乗松、宮田 二塁打=大森(聖カ)、先田(選抜) 三塁打=なし 本塁打=なし 暴投=なし 捕逸=大森(聖カ) 野選=なし 審判=(高橋、稲葉、田代、久保田) 記事= 「僕たちは野球が大好きです。」愛媛県学童南予選抜、金原主将の宣誓で幕開けた今年の愛媛県野球フェスティバル2016。 県内の学童、中学選抜、高校、大学、社会人チーム計22チームが松山市中央公園に集結した。 愛媛県大学選抜は、初めて全員が愛媛県の高校出身者で構成されたチームで中予地区一年生大会で優勝した聖カタリナ学園に挑むことになった。 試合は4回、聖カタリナ2番打者大森の中前安打を皮切りに5番伊藤、6番竹田蓮の適時打で愛媛県大学選抜二番手の渡辺(松大/東温)から2点を先制する。その裏愛媛県大学選抜は、一死一、二塁で5番先田(高工/今治西)の右中間適時二塁打、6番西本(高工/今治西)の犠飛ですぐさま2点を返す。しかし、その後は聖カタリナ先発の新保のコーナーを突く投球に連打が生まれない。 8回には藤岡(四学/伊予農業)、9回に三好(松大/西条)がカタリナ打線に捕まり、追加点を許し2-5となり、愛媛県大学選抜は高校生相手に悔しい敗戦となった。 今回の愛媛県大学選抜チームは…

続きを読む

愛媛県野球フェスティバル2016

愛媛県野球協議会主催の愛媛県野球フェスティバル2016が以下の日程で開催されます。この協議会に四国地区大学野球連盟も参画しており、この催しに積極的に参加しています。  午後に行われる大学・高校野球交流戦には、愛媛県にゆかりのある選手による四国地区大学野球連盟「愛媛県選抜」を編成し、中予地区代表と対戦します。高校及び大学で愛媛県の野球環境で育まれた選手たちは少しでも恩返しできるようにと懸命のプレーを披露しますので、ご声援よろしくお願いします。そして、この野球フェスティバルで触れ合う小・中・高の選手たちを、将来一人でも多く迎え入れることが出来れば、と願っています。 日程  2016/11/23(水・祝) 開催地 坊っちゃんスタジアム 08:30 オープニングセレモニー 08:50 少年野球教室(小学生対象:松山フェニックス、愛媛県大学選抜、愛媛大学、松山大学) 10:40 愛媛県高等学校野球1年生大会優勝校交流戦     八幡浜高校(南予優勝校) - 小松高校(東予優勝校) 13:30 大学・高校野球交流戦     愛媛県大学選抜 - 聖カタリナ高校(中予代表) ★当日、坊っちゃんスタジアムで行われるフェスティバルの模様はライブ配信する予定です。

続きを読む

愛媛県野球フェスティバル2016 愛媛県選抜メンバー

11月23日に行われる交流戦の四国六大学の愛媛県選抜について 背番号 位 置 氏 名 学年 職業/学生 30 監 督 大島 知樹 愛媛大学 50 コーチ 井上 浩次 松山大学 51 コーチ 永井  淳 愛媛大学 15 投 手 藤岡 幸生 3年 四国学院/伊予農業 16 投 手 鴻上 尚豊 3年 松山大学/新居浜東 17 投 手 三好 翔太 3年 松山大学/西条 18 投 手 渡辺 翔吾 2年 松山大学/東温 19 投 手 亀岡 優樹 1年 愛媛大学/松山東 ⑩ 捕 手 乗松 凌太 3年 愛媛大学/松山東 22 捕 手 藤本 裕暁 2年 愛媛大学/松山西 27 捕 手 宮田 翔生 1年 高知工科/松山北 _8 一塁手 小松 賢太 3年 松山大学/宇和島東 25 一塁手 岡崎 颯人 2年 松山大学/松山北 23 二塁手 藤原 翔希 2年 四国学院/三島 _4 一塁手 金子 直樹 1年 松山大学/新田 _5 三塁手 清水  知 2年 高知大学/伊予 28 三塁手 毛利周一郎 3年 松山大学/川之江 33 三塁手 西本 大悟 2年 高知工科/今治西 11 遊撃手 上田 幸樹 3年 松山大学/八幡浜 _6 遊撃手 宗岡 雄介 2年 松山大学/松山商業 _1 外野手 片山 幹太 2年 高知大学/松山東 _2 外野手 高木  駿 1年 高知大学/西条 _3 外野手 友居京太郎 2年 徳島大学/小松 _7 外野手 奥田 和志 2年 松山大学/小…

続きを読む

中四国代表決定戦第三試合環太大対近大工試合結果

10月29日(土)、東広島アクアスタジアム 14:15開始(試合時間3時間15分) 主管 広島六大学野球連盟 観客数 400人 イニングスコア 環太大 100|000|000|03|4 近大工 001|000|000|02|3 (11回タイブレーク) 以上の結果により、11月11日から行われる第47回明治神宮野球大会に中四国代表として環太平洋大学が出場することが決定した。 (報告者=愛大 福由)

続きを読む

中四国代表決定戦第二試合愛媛大対近大工試合結果

10月29日(土)、東広島アクアスタジアム、 11:45開始(試合時間1時間53分) 主管 広島六大学野球連盟 観客数 300 人 イニングスコア 愛媛大学=000|000|0|0 近大工学=020|003|2x|7 (7 回コールド) バッテリー 愛媛大学=●佐藤、亀岡、勝田-吉森、乗松 近大工学=○向井-坂本 二塁打=桑原、小串、志賀(近大) 三塁打=南(愛大) 本塁打=なし 暴投=なし 捕逸=なし、 野選=なし、 審判( 丸山、大原、野間、細美) 記事=第一試合を落とし後がない四国地区大学野球連盟代表の愛媛大学とこの試合を勝ち全国に一歩近づきたい広島六大学野球連盟代表の近畿大学工学部との全国への切符をかけた一戦。先攻の愛媛大は初回、2番の南が右中間を破る三塁打でいきなりのチャンスを作ったが、3番楠のスクイズ失敗で3塁ランナー南がタッチアウトになり、後続を打ち取られ先制点を挙げることができない。一方、近畿大学工学部は二回に愛媛大ピッチャー佐藤の二つのフォアボールにより一死1、2塁とすると、8番桑原の中越二塁打により、二点を先制する。追いつきたい愛媛大は6回、1番西島のレフト前ヒットによりチャンスを作るが、近大工ピッチャー向井の伸びのあるストレートとキレのあるスライダーの前に後続を打ち取られ、追いつくことができない。追加点を挙げたい近大工は6回、一死1塁で愛媛大ピッチャー亀岡を攻め立て、四連打により3点の追加点を挙げる。さらに7回、先頭の岩城がセカンド内野安打で出塁すると大田佳のセーフティー…

続きを読む

中四国代表決定戦第一試合愛媛大対環太大試合結果

10月29日(土)、東広島アクアスタジアム 8:57開始(試合時間2時間16分) 主管 広島六大学野球連盟 観客数 350 人 イニングスコア 愛媛大学=000|000|000|0 環太平洋=000|001|030|4 バッテリー 愛媛大学=●田中宏、勝田、亀岡-乗松 環太平洋=◯岩永-志賀 二塁打=中野(愛大)、沖繁(環大) 三塁打=なし 本塁打=なし 暴投=田中宏(愛大) 捕逸=なし 野選=なし 審判( 櫻井、山口、金子、酒井) 記事= 四国地区大学野球連盟代表の愛媛大学と中国地区大学野球連盟代表の環太平洋大学との全国をかけた一戦。先攻の愛媛大学は2番の南がライトへの痛烈な当たりで出塁すると、すかさず盗塁を試みるがキャッチャー志賀の好送球によりチャンスを絶たれる。一方、環太平洋大学も二つのフォアボールによりチャンスを作るが愛媛大田中宏の好投により無失点に抑えられる。試合が動いたのは6回、環太平洋大の攻撃。先頭の沖繁が左越二塁打で出塁。その後二死1、3塁となるが、5番野村颯のレフト前ヒットにより環太平洋大が先制する。追いつきたい愛媛大も6回、9番中野が右中間を破る二塁打を放つが、環太平洋大ピッチャー岩永の安定感のあるピッチングにより無失点に抑えられた。その後追加点をとりたい環太平洋大は8回、先頭の押部がフォアボールで出塁すると、2番浅野のセーフティーバントと3番志賀のフォアボールで満塁となり、ワイルドピッチと高祖のセンター前ヒットにより三点を追加した。追いつきたい愛媛大であったが先発岩永のコーナ…

続きを読む

2016交流戦四国選抜対JR四国試合結果

10月9日(日)、四国学院大学第2グラウンド、 13:05開始(試合時間02時間17分) 主管 四国学院・四国選抜 イニングスコア 四国選抜=000|000|010|1 JR四国= 000|010|000|1 ※大会規約により引き分け バッテリー 四国選抜=小久保、上ノ薗、玉木、岡上、安丸-湯田、山川 JR四国=松田、藤川、田内-小林 二塁打=片山、山川(選抜)、岩部(JR) 三塁打=なし 本塁打=なし 暴投=岡上 捕逸=なし 野選=なし 審判( 山脇、永山、塩田、西池) 記事=昨夜からの降雨の影響で、交流戦2日目の開催が心配されたが、四国学院大部員の早朝からのグラウンド整備の甲斐あって予定されていた2試合を開始時間の引き延ばしもなく消化できた。 交流戦2日目、今年度の社会人野球日本選手権に出場するJR四国との対戦。四国選抜は前日の一戦で四国銀行相手に引き分けと熱戦を演じ、この試合で一勝を掴みたいところ。 初回、先頭の濱田(香川)が初球をセンター前に運び、ベンチのムードを一気に高める。この流れを断ち切りたくない四国選抜は先発の小久保(四学)が上々の立ち上がりで、出塁を許すも4回まで無失点の好投を見せる。しかし5回、JR四国6番岩部のレフト前安打、二盗と7番佐々木のレフト前安打で一死一、三塁とすると続く片山にスクイズを決められ先制を許す。6回から上ノ薗(高大)、7回には玉木(松大)とリレーしJR四国打線を無失点で切り抜ける。すると8回先頭山川(高工)がセンター越え二塁打を放つと、車谷(香川)の…

続きを読む