ポストシーズン見所〜2018春〜

◆入替戦鳴門教育大学 対 香川大学 ゴールデンウイークに幕を閉じた今春のリーグ戦。1部リーグでは勝点5を獲得した四学大が完全優勝。圧巻の3連覇を達成し全日本に挑む。2部リーグでも香川大が3季連続の優勝。8試合中6試合が二桁得点と攻撃力は2部リーグで群を抜いていた。この香川大と1部最下位の鳴教大が来季の1部の座を争い激突する。 1部最下位に終わった鳴教大。昨秋は12季ぶりに1部5位と躍進し、今季はチーム最高順位の更新に期待が高まったが2季ぶりの1部全敗の屈辱を味わった。1部残留へ、エース・安丸(4年:川島)が本来の投球を取り戻せるか。今春は2回KOを味わうなど本来の調子とは程遠いものであった。2番手・田原(3年:岡山城東)、1年生・竹村(1年:長崎南)が安定しているだけに大黒柱の復調が勝利への鍵を握る。打線は主将・菊場(4年:清水東)が今春のリーグ戦で待望の一発を放った。パワフルな打撃が持ち味の児玉(3年:洲本)、1年生ながらレギュラーの座を勝ち取った権藤(1年:東海大仰星)など勝負強さが光る打者が揃う。勝利に向けて打線の援護で投手陣を楽にしたい。対するは3季連続2部優勝、悲願の1部再昇格を目指す香川大。エース・上西(4年:香川中央)の投球に注目が集まる。昨秋はチームを離れていたものの今春復帰。常時130km/h中盤の速球と曲がりの大きなスライダーで三振の山を築く。リードする湯田(4年:丸亀)も1年時からのチームの主力選手。最高学年となった今季、自慢の強肩で鳴教大の機動力を封じ込めたい。守備…

続きを読む

2018春 入替戦日程について

1部6位の鳴門教育大学と2部1位の香川大学の入替戦の日程について、お知らせ致します。 5/19(土)第1試合 13:00開始会場:鳴教大グラウンド 5/20(日)第2試合 10:00開始(予備日程 13:00開始)会場:レクザムスタジアム 会場、日程は上記の通りです。よろしくお願い致します。 (報告者=鳴教大 長尾)

続きを読む

愛媛県野球フェスティバル2017大学高校交流戦試合結果・報告

11月23日(木)、坊ちゃんスタジアム 13:29開始 イニングスコア 大学選抜=000|000|041||5 八幡浜高=000|050|000||5 バッテリー 大学選抜=亀岡、篠原、渡辺-榎、福田 八幡浜高=田中、宮岡-山脇、早川 二塁打=なし 三塁打=なし 本塁打=なし 暴投=なし 捕逸=榎(選) 野選=なし 審判( 田中、田代、白方、鷲谷) 記事=今治・西条選抜、越智主将の感謝の気持ちを込めた心に残る選手宣誓から始まった愛媛県野球フェスティバル2017。 学童、中学選抜、高校、大学、社会人の県内22チームが坊ちゃんスタジアム、マドンナスタジアムに一同に集まり、野球教室、交流試合を行った。 愛媛県大学野球選抜は、昨年同様、四国4県の大学から集まった愛媛県の高校野球出身の人で構成されたチームで南予地区一年生大会優勝校、八幡浜高校に挑んだ。 愛媛選抜亀岡投手、八幡浜高校田中投手の良好投手の投げ合いで試合が始まった。両投手の好投で4回までゼロ行進で試合は進んだ。 試合が動いたのは5回、先発亀岡(愛大)に代わり、二番手篠原(松大)が内野安打とフォアボールでピンチを招くと2番松岡(八幡浜高校)のファースト強襲の当たりを弾き、外野に転がる間に八幡浜高校が先制した。その後愛媛県選抜は早めの継投で投手交代し、渡辺(愛大)が出るも、一旦火を吹いた八幡浜高校の打線を止めることができずこの回5失点を喫する。 去年からの連敗は許されない愛媛県選抜は8回ついに打線が目を覚ました…

続きを読む

愛媛県野球フェスティバル2017

 愛媛県野球協議会主催の愛媛県野球フェスティバル2017が以下の日程で開催されます。この協議会に四国地区大学野球連盟も参画しており、この催しに積極的に参加しています。 午後に行われます大学・高校野球交流戦には、愛媛県にゆかりのある選手による四国地区大学野球連盟「愛媛県選抜」を編成し、南予地区代表と対戦します。高校及び大学で愛媛県の野球環境で育まれた選手たちは、少しでも恩返しできるようにと懸命のプレーを披露しますので、ご声援よろしくお願いします。そして、この野球フェスティバルで触れ合う小・中・高の選手たちを、将来一人でも多く迎え入れることが出来れば、と願っています。 日時 2017年11月23日開催地 坊っちゃんスタジアム8:30 オープニングセレモニー8:50 少年野球教室(小学生対象:松山フェニックス、愛媛大学、松山大学)9:50 少年野球教室閉校式(総評:松山大学 岡崎主将)※雨天の場合でも少年野球教室は屋内運動場にて実地します。10:40 一年生大会交流戦     今治北高校(東予優勝校) ⅴs 新田(中予優勝校)13:30 愛媛県大学・高等学校野球交流戦    愛媛県選抜 ⅴs 八幡浜(南予優勝校)★当日、坊っちゃんスタジアムで行われるフェスティバルの模様はライブ配信する予定です。 [愛媛県大学選抜チームメンバー]四国地区大学野球連盟のピックアップチーム用のユニフォームにて試合を行います。 背番号 位 置  氏   名 学年 職業/学生 30   監 督  大島 知樹    愛媛…

続きを読む

中四国代表決定戦 第二試合四学大対環太大試合結果

10月27日(金) 東予球場12:28開始(試合時間1:55)主管 四国学院大学 観客数152人イニングスコア四国学院=000|000|000|0環太平洋=001|000|01×|2バッテリー 四国学院=小久保-森口環太平洋=岩永、伊藤、大原-高祖二塁打=岡田、見村(環太平洋)三塁打=沖繁(環太平洋)本塁打=なし暴投=岩永(環太平洋)捕逸=なし野選=なし       審判=(室野、磯野、上田、早川)記事=チーム初の明治神宮大会出場を狙う四国地区代表・四国学院大学と二日前に代表決定戦出場を決め、初戦で近畿大学工学部に勝利し、神宮大会へ王手の中国地区代表・環太平洋大学の試合。試合開始から白熱した投手戦となった。四学大先発のエース小久保は初回、三者凡退、2回は1死満塁のピンチを招くも併殺でピンチを凌ぐ。しかし3回、1死から環太大1番沖繁が三塁打でチャンスを作ると2番松岡がレフトへの犠牲フライで1点を先制。今年、四国地区躍進の立役者となった小久保は点を取られた後、ランナーを出すも気迫の投球で点を与えない。しかし8回、2死から4番岡田の二塁打でピンチを招くと続く高祖の適時打で貴重な1点を奪われる。一方、四学大打線は環太大投手陣から流れを引き寄せることができない。2回、3回以外は全て三者凡退で四国地区王者の力を発揮することができず継投策の環太大投手陣を前に3安打の完封負けを喫した。環太平洋大学は2連勝で明治神宮大会出場を決めた。(報告者=四国学院大学 髙木)写…

続きを読む

2017秋季表彰選手一覧

本日10月14日(土)の理事会・マネージャー会議にてベストナインなどの表彰選手が選出されましたので報告致します。 優勝大学 1部 四国学院大学 2部 香川大学 首位打者 1部 0.387 世木田 武大 松山大学 2部 0.500 濱田翔吉 香川大学 濱本 哲宏 香川大学 最多打点 1部 10打点 西久保 圭祐 愛媛大学 山田 孝也 四国学院大学 2部 14打点 田渕 雄基 香川大学 最多本塁打 1部 該当者なし 2部 該当者なし 最多盗塁 1部 7盗塁 名嘉真 大希 高知大学 2部 8盗塁 車谷 康太 香川大学 友居 京太郎 徳島大学 竹野 宏紀 徳島大学 最多勝利 1部 6勝 小久保 気 四国学院大学 2部 4勝 佐々木 一成 香川大学 最優秀防御率 1部 1.26 渡辺 翔吾 松山大学 2部 0.38 藤本 将太 香川大学 最多三振奪取賞 1部 78回80奪三振 小久保 気 四国学院大学 2部 該当者なし 記録賞 1部 最優秀新人賞 杉野 彰彦 2部 該当者なし ベストナイン (1部) 投手 小久保 気 四国学院大学 捕手 山川 健太 高知工科大学 一塁手 西久保 圭祐 愛媛大学 二塁手 宗岡 雄介 松山大学 三塁手 宇田 翔 鳴門教育大学 遊撃手 児玉 大和 鳴門教育大学 外野手 世木田 武大 松山大学 杉野 彰彦 高知工科大学 今村 直哉 愛媛大学 D・H 該当者なし (2部) 投手 佐々木 一成 香川大学 捕手 大原 拓光 香川大学 一塁手 該当者なし 二塁手 …

続きを読む

2017社会人交流戦 四国学院対JR四国試合結果

10月8日(日) 香美球場12:41開始(試合時間2:23)主管 四国学院大学 観客数67人イニングスコア四国学院=200|002|000|4JR四国=020|010|20✕|5バッテリー 四国学院=重村、安岡、横井、●下地、小久保-古谷JR四国=畠山、松田、〇中野、田内-小林、岡田二塁打=松浦、山田(晃)、山根(四学大) 篠原、松下(JR)三塁打=山下(JR)本塁打=なし暴投=畠山(JR)捕逸=なし野選=なし       審判=(秋友、木下、立野、久武)記事=社会人交流戦最終戦となった四国学院大学対JR四国、四国代表チーム同士の対戦。試合は1回、四学大が相手のエラーと安打でチャンスを作ると4番水上、5番松浦の連続適時打で2点を先制しJR四国先発・畠山の立ち上がりを捉える。四学大先発の重村は初回、3人で抑えるも2回、四球とヒットでピンチを招くとゴロの間と8番森山の内野安打で同点とされる。5回には変わった横井が味方のエラーで1点勝ち越される。追いつきたい四学大は直後の6回、水上が安打で出塁すると5番松浦の適時二塁打、さらに代打の1年生・山田(晃)が適時二塁打を放ち逆転に成功する。社会人の意地を見せたいJR四国は7回、1番篠原が安打で出塁し盗塁で得点圏に進めると3番山下の適時三塁打で同点、さらに続く笹田が初球を捉え適時打を放ち逆転する。中四国へ向けいい流れを作りたい四学大は9回、2死から代打山根が右中間へ二塁打を放ちチャンスを作るも続く途中出場の後藤が…

続きを読む