第六週見所〜2017春

第6週見所(雨天順延試合)~2017春  2週目以降天候に恵まれた2017年春季リーグ戦。 5週目では評判通りの実力を発揮した四国学院が8季ぶり22度目の優勝を果たした。 第6週は1週目の初日に順延になった1部リーグ2カードと、2部リーグのプレーオフが組まれる。     1つ目のカードは高知工科対松山大。  今リーグでは、エース尾崎の丁寧な投球と、持ち前の強力打線の爆発で、四国学院と熾烈な優勝争いを繰り広げた高知工科。リーグ最終週も猛打爆発に期待したい。  対する松山大。リーグ序盤は白星に恵まれなかったが、4週目・5週目と苦しみながらも勝点奪取。名門の意地にかけて、今週も勝点奪取、執念でAクラス入りをもぎ取りたい。    2つ目のカードは鳴門教育対愛媛大。  1部の洗礼を浴び9戦全敗中の鳴門教育。5週目では四国学院に食らいつくなど惜しい試合もあった。リーグ最終週、伝統の全員野球で白星を掴みたい。 対する愛媛大。三連覇を狙った今リーグは序盤で優勝争いから離脱。エース亀岡の孤軍奮闘が続いた。リーグ開幕戦で鳴門教育を圧倒した愛媛大。最終週も昨年王者の実力を発揮し勝点を奪いたい。       そして5週目に2部リーグ全勝対決となった香川大と徳島大の試合。両チームとも投手が踏ん張り1勝1敗の痛み分け。勝率が並んだため…

続きを読む

パンフレット完売

パンフレット販売・御礼 【2017春季リーグパンフは完売につき、販売終了となります。】 申込みはこちらから 価格 1冊500円(送料込・二冊目以降は400円) 2017春パンフ表紙 ◆2017春【限定セット】の販売 パンフレット2冊、連盟タオル、連盟Tシャツ(スタッフ用)を送料込み3500円で販売いたします。連盟Tシャツは数に限りもあり、在庫亡くなれば販売終了となります。ご注文の方には"おまけ"もセット。 【5月12日より、パンフレット完売につき、連盟タオル・連盟Tシャツのセットとして2600円での販売に切り替えます。ご了承お願いいたします。】 注意事項 フォームメールにてご注文を受けておりますが、メールにてご返事させていただいています。下記にご注意くださいますようお願いいたします。 ①受信拒否設定の確認を。yahoo.co.jpからのメールを受け取れるようにお願いします。 ②メールアドレスのスペルなど間違いがないようにお願いします。(半角英数で。) 連盟の活動費は各大学・部員の加盟金で成り立っています。パンフ・グッズなどの販売の収益はその連盟の活動費に充当し、運営の更なる充実に向けて有益に利用しております。

続きを読む

2017春1部松山大対愛媛大第3試合結果

5月7日(日)、四国コカ・コーラボトリングスタジアム丸亀 10:59開始(試合時間3時間35分) 主管 愛媛大学 観客数 150 人 イニングスコア 松山大学=104|000|000|5|10 愛媛大学=003|100|001|0|5 (延長10 回) バッテリー 松山大学=平山、鴻上、三好、○川上、玉木-田原 愛媛大学=勝田、●亀岡-村瀬、吉森 二塁打=奥田(松大)、山田、今村(愛大) 三塁打=なし 本塁打=なし 暴投=亀岡(愛大) 捕逸=村瀬(愛大) 野選=なし MVP=鵜足(松大) VP=玉木(松大)、楠(愛大) 審判( 竹田、伊勢谷、山脇、大平) 記事= お互い何とか勝ち点を掴みたい松山大と愛媛大の3回戦。 先攻の松山大は初回、2つの四球と捕逸で1点を先制し、昨日に続き先手を取る。 3回表、松山大は一死から3番奥田の2塁打を皮切りに四球、失策などで一挙に4点を追加し突き放す。 対する愛媛大はその裏、失策、四球、犠打で一死二、三塁の好機を得ると、ここで2番山田が左越の2塁打を放ち、ランナーが2人生還。さらに楠の一塁線を破る適時打でもう1点を追加。4回裏にも1点を追加し5-4と1点差に迫る。 土壇場の9回、愛媛大は先頭の澤谷の中前打、続く山田は四球、西島の犠打で一死二、三塁とサヨナラの好機を得る。ここで4番の楠が左前適時打を放ち、同点に追いつく。なおも一、三塁と好機は続く。ここで南の放った左飛の送球が逸れる間に三塁走者が本塁を狙うも…

続きを読む

2017春2部香高専対徳文大第2試合結果

5月6日(土)、香川高専高松グラウンド、13:14開始主管 香川高等専門学校イニングスコア香川高専       =000|402|3|9徳島文理大学=001|000|0|1バッテリー徳島文理大学=●山本ー谷次、笹原ー藤原、阿河ー藤原香川高専      =○平松ー岩井、加藤ー岩井二塁打=平松(高専)、岩井(高専)三塁打=なし本塁打=なし暴投=川崎(高専)捕逸=なし野選=なしMVP=平松(高専)VP=岩井(高専)香川高専 2勝0敗(通算 4勝4敗)(報告者=高専 岩井)

続きを読む

2017春2部徳文大対香高専第1試合結果

5月6日(土)、香川高専高松グラウンド、9:52開始主管 香川高等専門学校イニングスコア徳島文理大学=200|001|000|2|5香川高専       =000|100|002|3|6バッテリー徳島文理大学=●小松ー藤原、蓮井ー藤原香川高専      =○川崎ー岩井二塁打=藤原(文理)、森末(高専)三塁打=原田(高専)本塁打=なし暴投=川崎(高専)、小松(文理)×2捕逸=岩井(高専)野選=なしMVP=原田(高専)VP=川崎(高専)、小松(文理)香川高専 1勝0敗(通算 3勝4敗)(報告者=高専 岩井)

続きを読む

2017春1部愛媛大対松山大第2試合結果

5月6日(土)、四国コカ・コーラボトリングスタジアム丸亀 14:40開始(試合時間2時間30分) 主管 愛媛大学 観客数 210 人 イニングスコア 愛媛大学=001|002|000|3 松山大学=500|001|00X|6 バッテリー 愛媛大学=●佐藤、亀岡-村瀬、澤 松山大学=○鴻上、川上-田原 二塁打=なし 三塁打=小林(松大) 本塁打=なし 暴投=佐藤②(愛大) 捕逸=なし 野選=なし MVP=小林(松大) VP=鴻上(松大)、山田(愛大) 審判( 磯野、竹田、山脇、塩田) 記事= 松山勢対決の2回戦。試合は初回から動く。 先攻の松山大は1回表、2つの失策と四球で一死満塁の好機を作り、5番山西が四球を選び1点を先取、二死となるも7番指名打者の小林が走者一掃の右越の三塁打を放つ。さらに暴投で1点追加し、一挙に5点をあげる。 3回表、愛媛大は二死から西島の四球、続く2番山田の右前打、盗塁で二死二、三塁とし、3番南の遊安打で1点を返す。6回表、無死から山田、南、楠の3連打と二ゴロの間に2点を追加。5-3とする。 その裏、松山大は相手のミスから一死満塁の好機を作り、西原の犠飛で1点を追加し、突き放す。 反撃に出たい愛媛大だが、松山大の先発鴻上に代わった川上を攻略できず、そのまま試合終了。 MVPは初回に右越適時三塁打を放った小林(松大)、VPには6回を3失点で凌いだ鴻上(松大)と3安打の活躍を見せた山田(愛大)が選ばれた。 愛媛大学…

続きを読む

2017春1部鳴教大対四学大第2試合結果

05月06日(土) 四国Cスタ丸亀球場 開始 11:53(試合時間 02時間11分) 主管 四国学院大学 観客 367人 イニングスコア 四国学院=101|020|010|5 鳴門教育=200|010|000|3 バッテリー 四国学院=藤岡、○横井、岡本陽、土田侑-森口 鳴門教育=●田原-岩崎 二塁打=菊場(鳴教) 三塁打=原(四学) 本塁打=なし 暴投=なし 捕逸=なし 野選=なし 記事=  昨日優勝が確定した四学大は、本日勝利すれば完全優勝となり一層気合いの入る戦いに。  先攻の四学大は初回、3番原(四学)のライト前適時打で先制点を得る。しかしその裏、鳴教大は二死からキャプテン花増が四球で出塁すると、4番菊場の当たりがライト線をつき適時二塁打で同点へと追いつく。更に次打者松村のセンター前で逆転に成功。この対戦カード初となるリードの状況を生み出した。  しかし3回。四学大は古谷のレフト前で早々に同点へと追い付き、試合は平行線を辿る。  均衡が破られたのは5回。一死からこの日2安打の原がライト線への三塁打で出塁し、4番水上の適時打で逆転に成功すると、続く古谷の本日2度目のヒットで追加点をあげる。その裏、鳴教大も負けじと松村の適時打で得点するが逆転には至らず、四学大は6年振りとなる完全優勝で有終の美を飾った。  MVPには5打数3安打1打点の原(四学)が、VPには4打数3安打1打点の古谷(四学)と鳴教大先発の田原(鳴教)がそれぞれ選ばれた。 四国学院(…

続きを読む

2017春2部香川大対徳島大第2試合結果

5月6日(土)、志度総合運動公園 11時55分開始(試合時間1時間40分) 主管 香川大学 観客数 55人 イニングスコア 香川大学 = 100 | 000 | 100 |2 徳島大学 = 000 | 010 | 000 |1 バッテリー 香川大学= 〇藤本ー湯田 徳島大学= ●圓藤ー酒井 二塁打=河本(2)、大原(香大)、滝口(徳大) 三塁打=なし 本塁打=車谷(香大) 暴投=なし 捕逸=なし 野選=なし MVP=藤本(香大) VP=河本(香大)、圓藤(徳大) 審判=(尾崎英、筒井、尾崎勇) 記事=入替戦をかけた香川大学と徳島大学の第2試合、連勝して入替戦に臨みたい徳島大学と1勝1負に持込み優勝決定戦で決着をつけたい香川大学の一戦は2-1で香川大学の勝利に終わった。1回表、2番車谷が本塁打を放ち香川大学が1点を先制するも、5回裏、8番滝口の二塁打で出塁すると香川大学の失策が絡み徳島大学も1点を返す。整備を終え、互いに安打で出塁するものの得点にはつながらず、この均衡が崩れたのは7回表の香川大学の攻撃の場面だった。先頭打者4番大原が二塁打を放つと、次打者春名が犠打を成功させ進塁、6番河本が2打席連続の二塁適時打を放ち、これが決勝打となった。MVPには、苦しい試合を完投しきった投手藤本(香大)が、VPには決勝打を放った河本(香大)と粘りのあるピッチングを見せた投手圓藤(徳大)がそれぞれ選出されている。 なお、香川大学と徳島大学が7勝1負と勝率…

続きを読む

2017春2部香川大対徳島大プレーオフ日程について

5月6日(土)の試合結果から、香川大学、徳島大学ともに7勝1負と勝率が並んだため入替戦進出をかけたプレーオフが行われることになりました。 日時、会場が決定いたしましたので報告させて頂きます。 日時 5月14日(日) 第1試合 10:00〜 第2試合 13:00〜 予備日 5月20日(土) 12:00〜 会場 志度総合運動公園 津田球場(予備日) 日時、会場は上記の通りです。 宜しくお願いいたします。 (報告者=香川大 河野)

続きを読む