リーグ総括〜2018秋〜

同県対決から始まった平成30年度秋季リーグ戦。雨の影響で順延が相次ぎながらも、最終週まで各大学が熱戦を繰り広げた。春季リーグ戦では5位と沈んだものの、その沈み込みは高く飛ぶための準備だったのかと言わんばかりの見事な大飛躍を魅せ、高知工科大学が平成最後の秋季リーグ戦で初優勝を果たした。高知工科は投打の歯車が見事にかみ合った。安定感抜群の尾崎(3年:徳島北)と山上(3年:丸亀城西)の二枚看板に加え、リリーフの上沢(2年:高田商業)が盤石の投手陣を支えた。打線は、リーグ本塁打記録を塗り替え、三冠王を獲得した河原(2年:佐渡)の活躍が優勝への大きな原動力になったのは間違いない。最多盗塁を獲得した杉野(2年:今治西)の塁上からの揺さぶりなど抜け目のない攻撃が出来たことが、優勝した大きな要因の1つだろう。1部昇格を果たし、今リーグ戦2位と健闘し大きな躍進を果たした香川大学。キャプテンとして打線を牽引した首位打者の大杉(3年:倉敷商業)を軸に、ベストナインに選ばれた濱田(4年:創志学園)、田渕(3年:観音寺第一)もチームを勝利に導く活躍だった。投手陣は、エース上西(4年:香川中央)をはじめ、三村(3年:岡山操山)、大森(1年:岡山城東)を軸に踏ん張ったが、全試合で第3回戦まで戦った疲労は隠せず、あと1歩のところの踏ん張りができなかった。4季連続の優勝を逃した四国学院。加藤(2年:新居浜東)が最多勝と最多奪三振のタイトルを獲得し、照屋(2年:那覇商業)、矢野(4年:飯山)と共に奮闘するも粘りきれない試合もあり課題…

続きを読む

2018秋 秋季表彰者一覧

本日10月13日(土)の理事会・マネージャー会議にてベストナインなどの表彰選手が選出されましたので報告致します。優勝大学1部 高知工科大学2部 鳴門教育大学首位打者1部 0.400 河原 光明 高知工科大学1部 0.400 大杉 知也 香川大学2部 0.550 菊場 玄太 鳴門教育大学最多打点1部 14打点 河原 光明 高知工科大学2部 10打点 橋本 拓実 徳島大学最多本塁打1部 5本 河原光明 高知工科大学2部 該当者なし最多盗塁1部 11盗塁 杉野 彰彦 高知工科大学2部 6盗塁 竹野 宏紀 徳島大学最多勝利1部 5勝 尾崎 修志 高知工科大学加藤 大輔 四国学院大学2部 3勝 安丸 友耶 鳴門教育大学田原 隆一 鳴門教育大学河野龍也 徳島大学最優秀防御率1部 1.00 道原 順也 高知大学2部 0.43 安丸 友耶 鳴門教育大学最多三振奪取賞1部 59個 加藤 大輔 四国学院大学2部 該当者なし記録賞1部 首位打者・最多打点・最多本塁打河原 光明 高知工科大学2部 該当者なし最優秀新人賞 1部 年間4勝 中村 吏玖 愛媛大学ベストナイン(1部)投手 尾崎 修志 高知工科大学捕手 河野 倫 四国学院大学一塁手 山岡 友哉 松山大学二塁手 黒岩 海碧 四国学院大学三塁手 河原 光明 高知工科大学遊撃手 新宅 真弥 高知工科大学外野手 杉本 武蔵 高知工科大学杉野 彰彦 高知工科大学濱田 翔吉 香川大学D・H  田渕 雄基 香川大学(2部)投手 安丸 友耶 鳴門教育大学捕手 …

続きを読む

2018秋1部 香川大対高知大 第3戦結果

10月8日(月) 香美球場 12時36分開始(試合時間2時間11分) 主管 香川大学 観客数 37人 イニングスコア 高知大=000|010|020||3 香川大=110|220|00x||6 バッテリー 高知大=●森山、藤原、松藤、西川ー矢須 香川大=〇上西ー湯田 二塁打=近藤(香大)、尾谷(高大) 三塁打=多田(香大) 本塁打=大原(香大)、矢須(高大) 暴投=藤原(高大) 捕逸=なし 野選=なし MVP=上西(香大) VP=近藤(香大) 審判=(武市、岩井、立野、秋友) 記事= 互いに1勝ずつを決めた香川大対高知大の第3試合。勝ち点を獲得し、順位争いに勝利したい両大学。先行は高知大、後攻は香川大となった。先制したのは香川大。1回表に1番濱田が中安打で出塁し、2番多田の犠打で濱田が進塁、3番大杉の中安打で濱田が生還し、1点を先制する。さらに2回裏、7番湯田が四球で出塁すると、8番濵本の犠打、9番近藤による左安打で1点を追加する。4回裏には、9番近藤が中安打で出塁し、続く濱田も出塁に成功するが、近藤が2塁でアウトになり一死一塁の場面。2番多田の左越三塁打により濱田が生還、さらに3番大杉の中犠飛によりこの回2点を追加する。対する高知大は上西に4回まで無安打無失点に抑えられるが、5回の表、7番矢須の左本塁打により1点を返すことに成功する。その裏、6番大原も左本塁打を放ち、その後、8番濵本が左安打で出塁する。続く9番近藤の左二塁打で濵本が生還し、さらに2点…

続きを読む

2018秋1部 香川大対高知大 第2試合結果

10月8日(月) 香美球場 9時50分開始(試合時間1時間40分) 主管 香川大学 観客数 40人 イニングスコア 香川大=100|201|3||7 高知大=000|000|0||0 (大会規定により、7回コールド) バッテリー 香川大=〇三村-湯田 高知大=●松藤、藤原、森山ー上田 二塁打=尾谷(高大)、田渕(香大) 三塁打=大杉(香大) 本塁打=大原(香大) 暴投=なし 捕逸=なし 野選=なし MVP=三村(香大) VP=大原(香大) 審判=(武市、岩井、立野、秋友) 記事= 勝ち点獲得と2位に王手をかけた高知大と、この試合に勝ち、勝ち点獲得のチャンスを得たい香川大の互いに負けられない第2試合。先制したのは香川大。1番濱田が四球で出塁すると、2番濵本の犠打で進塁、4番田渕の左二塁打により濱田が生還し、1点を先制する。その裏に3番尾谷が右二塁打を放つも、チャンスをものにできずに攻撃を終える。4回表、5番湯田が中安打で出塁すると、6番大原が左本塁打を放ち、2人が生還。2点を追加する。4回裏、3番尾谷が左へ再び二塁打を放つが、この回も点を得ることが出来ない。6回表、3番大杉が中安打で出塁、4番田渕の右二塁打で無死二、三塁となり得点のチャンスを迎える。6番大原の中犠飛で大杉が生還し、さらに1点を追加する。6回裏に高知大も二死一、三塁のチャンスを迎えるが、三村の好投により点を入れることが出来ずに7回表の香川大の攻撃に移る。8番多田が死球で出塁、9番近藤の犠…

続きを読む

2018秋入替戦愛媛大対鳴教大第2試合結果

10月8日(月)、久万ノ台グラウンド 9時57分開始(試合時間2時間29分) 主管 愛媛大学 観客数 40 人 イニングスコア 愛媛大学=102|010|000|4 鳴門教育=000|200|000|2 バッテリー 愛媛大学=○松本健、田中-吉森 鳴門教育=●田原、安丸-大栗 二塁打=今村(愛媛大)、権藤(鳴教大) 三塁打=なし 本塁打=なし 暴投=なし 捕逸=なし 野選=なし MVP=今村(愛媛大) VP=松本健(愛媛大)、権藤(鳴教大) 審判( 高木、室野、上田、平田) 記事=この試合で1部残留を決めたい愛媛大学と、1部昇格へ望みをつなげたい鳴門教育大学の入れ替え戦2回戦。 鳴教大の1回戦に続き田原を、愛媛大は公式戦初先発の松本健をマウンドに送った。 試合は初回、いきなり動く。愛媛大先頭の澤谷が四球で出塁し、盗塁で2塁へと進みチャンスをつくる。3番今村がライト前タイムリーを放ち愛媛大が先制点をあげる。 更に3回表、1番澤谷が絶妙なセーフティバントで出塁し、2番太田が送ると3番今村がレフトオーバーのエンタイトルツーベースを放ち1点を追加。更にこの日4番に座った好調藤田がレフト前にタイムリーを放ち鳴教大・田原をノックアウトする。 3点を追う鳴教大は4回裏、3番田中、4番菊場が連続ヒットで出塁すると5番安岡がきっちり送りバントを決めチャンスをつくる。2死2,3塁から7番権藤がライト線へ2点タイムリーツーベースを放ち1点差に詰めよる。 しかし直後の5回表、愛媛大は2死から1番澤谷、2番太田が連続…

続きを読む

2018秋1部 四学大対松山大 第3試合結果

10月7日(日) 四国学院大学香川西高等学校グラウンド13時56分開始(試合時間2時間23分)主管 松山大学観客数 44人イニングスコア四学大=003|000|00||3松山大=001|102|24×||10(大会規定により、8回コールド)               バッテリー四学大=森、●照屋、金川-河野松山大=川上、河野、◯大東、森安-三好二塁打=平岡、浦上(松山大)三塁打=なし本塁打=平岡、水嶋(松山大)暴投=川上②(松山大)捕逸=なし野選=なしMVP=平岡(松山大)VP=水嶋(松山大)審判=(大西、永山、伊勢谷)記事=最終戦まで熱い戦いになった第3回戦。試合の前半戦、四国学院大は松山大の唯一の4年生選手である先発の川上を攻め立て、3回表に一挙3点を先制。対する松山大学も3回裏に高田のタイムリーヒット、4回裏には6番平岡がインハイのストレートを強く振り抜くと、打球は高々とレフトに上がりレフトフライと思われたが、打球はみるみる伸びレフトスタンドに吸い込まれるソロホームラン。前半戦3−2と四国学院大リードで折り返す。後半戦、試合の流れは一気に松山大に傾く。6、7回で4点を追加し一気に試合をひっくり返すと、8回裏、さらに松大打線が火を吹く。先頭の川又に送られた代打は、松山大のベンチを声で活気づけ支え続けてきた水嶋。完璧に捉えた打球はライナーでそのままレフトポール横に突き刺さるソロホームランとなりベンチは一気…

続きを読む

2018秋1部 松山大対四学大 第2試合結果

10月7日(日) 四国学院大学香川西高等学校グラウンド9時59分開始(試合時間2時間37分)主管 松山大学観客数 49人イニングスコア松山大=010|101|010||4四学大=110|000|000||2               バッテリー松山大=○大東、田渕、河野-三好四学大=濱川、●伊與木、藤原、安岡-土田、兼島二塁打=平岡(松山大)三塁打=白川(四学大)本塁打=土田(四学大)暴投=なし捕逸=土田③(四学大)野選=山岡(松山大)MVP=石山(松山大)VP=土田(四学大)、河野(松山大)審判=(永山、伊勢谷、大西)記事=最終週有終の美を飾りたい松山大学と、対してこちらも2位の座をかけて負けられない四国学院大学。試合は初回から動く。四学大の3番・土田が松山大の先発大東の立ち上がりを襲う。ストレートを振り切ると打球はあっという間にライトスタンドへ。先制のソロホームランとなり打線に勢いをつける。2回、負けじと松山大学も先頭打者の西本がセンター前ヒットで出塁すると、バッテリーミスの間に進塁しチャンスを拡大する。ここで松大で1番いやらしいバッター石山のライト前ヒットで生還しすぐさま追いつく。しかしその裏、四学大は9番・白川の右中間スリーベースで勝ち越しに成功する。松山大学は4回、5番・荒巻が死球で出塁し、平岡のセンターへのツーベースで進塁する。このチャンスを逃したくない松山大学。1打席目でもタイムリーを放ってい…

続きを読む

2018秋1部高知大対香川大 第1試合結果

10月7日(日) 香美球場 12時55分開始(試合時間2時間00分) 主管 香川大学 観客数 53人 イニングスコア 高知大=000|120|000||3 香川大=100|000|010||2 バッテリー 高知大=◯上ノ薗ー矢須 香川大=●上西ー湯田 二塁打=大杉(香大) 三塁打=大原(香大) 本塁打=尾谷(高大) 暴投=なし 捕逸=矢須(高大) 野選=なし MVP=尾谷(高大) VP=上ノ薗(高大)、大杉(香大) 審判=(武市、立野、久武、秋友) 記事= 延期が続いた、勝ち点2同士の高知大と香川大の戦い。高知大の先発は上之園、香川大の先発は上西で、エース対決となった。 先制したのは香川大。1回裏に1番濱田が四球で出塁すると、2番濵本の犠打と3番大杉の左二塁打で濱田が生還し、1点を先制。 しかし4回表の3番尾谷の本塁打により1点を返し、試合はふりだしに戻る。さらに5回表、6番田中暸が内野安打で出塁し、7番小松の犠打、8番矢須の右安打で一死一三塁となる。9番大石の内野安打で田中が生還。さらに2番近藤の右安打によって矢須も生還し、2点を追加する。 対する香川大は8回裏から反撃を開始。8回裏、1番濱田が四球で出塁し、2番濵本の犠打、4番田渕の右安打、捕逸により濱田が生還。さらに9回裏に7番大原が一死の場面で左三塁打を放ちチャンスを迎えるが、追加点を決めることができず3対2で高知大の勝利で試合終了。 MVPには本塁打を放ち…

続きを読む

2018秋入替戦鳴教大対愛媛大第1試合結果

10月7日(日)、久万ノ台グラウンド 12時56分開始(試合時間2時間28分) 主管 愛媛大学 観客数 55人 イニングスコア 鳴教大学=100|000|000||1 愛媛大学=000|100|01X||2 バッテリー 鳴教大学=田原、●安丸ー大栗 愛媛大学=〇勝田ー澤 二塁打=安岡(鳴大) 三塁打=なし 本塁打=藤田(愛大) 暴投=勝田②(愛大) 捕逸=なし 野選=なし MVP=藤田(愛大) VP=勝田(愛大)、安岡(鳴大) 審判( 岡田、大西、田代、弓立) 記事= 1部残留へ負けられない愛媛大学と、2部優勝の勢いそのまま1部昇格を目指す鳴門教育大学の入れ替え戦1回戦。試合は愛媛大・勝田、鳴教大・田原の先発で幕を開けた。 試合は初回から動く。1回表、鳴教大の攻撃。先頭の児玉がセンターへの大飛球を放つ。これをセンター山田が弾きバッターランナーが2塁まで進む。2番宇良がすかさず送り、ワイルドピッチの間に鳴教大が先制に成功する。 追いつき追い越したい愛媛大は4回裏、先頭の2番太田が四球で出塁すると、送りバントと牽制悪送球、四球などで1死1,3塁とする。チャンスで5番藤田がレフト前へ運び同点に追いつく。 試合は愛媛大・勝田と、鳴教大・田原、4回途中からマウンドに上がった安丸が力投を見せ、1対1のまま前半を折り返す。 6回裏、7回裏と連続で愛媛大は2死ながら2,3塁のチャンスをつくる。しかし鳴教大・安丸がギアを上げ、立て続けにピンチを切り抜ける。 8回裏の愛媛大の攻撃、5番藤田が鳴教大・安丸のイ…

続きを読む

2018秋2部徳島大対香川高専第2試合結果

10月6日(土)香川高専グラウンド15時45分開始(試合時間2時間10分)主管 徳島大学イニングスコア徳島大       =102020000|5香川高専   =000000000 |0      バッテリー徳島大=金城、大西、田上、邨田ー岡本香川高専=藤井、松尾ー岩井二塁打=松浦、森下、甲矢(徳大)宮下(高専)三塁打=なし本塁打=なし暴投=なし捕逸=なし野選=なし打撃妨害=なし守備妨害=なしMVP=金城(徳大)VP=松浦(徳大)、松尾(高専)記事=徳島大は初回、1番田中が四球で出塁し、松浦の右中間への安打で1点を先制する。対する香川高専は2回に5番平松が右前安打で出塁すると、藤井の安打、松尾の四球で得点のチャンスを作るも、徳大先発金城が粘りの投球を見せ、ピンチを切り抜ける。3回徳島大は岡本、田中をランナーに置き、松浦がレフトフェンス直撃の二塁打を放ち、2点を追加する。5回にも2点を追加した徳島大は終盤3人の投手で継投し、終始試合を優位に進め、5対0で勝利した。MVPは5回を無失点に抑えた金城(徳大)がVPには三打点と活躍を見せた松浦(徳大)と6回から登板し無失点に抑えた松尾(高専)が選出された。 (報告者=徳島大 竹野)

続きを読む