2019新人戦 一回戦 松山大学対高知工科大学

11月16日(土)  伊予三島運動公園野球場11時1分開始(試合時間2時間24分)主管松山大学観客数 100人 イニングスコア高工大=020|001|021||6松山大=010|000|010||2 バッテリー高工大=○萩森、中嶋、中北ー島内松山大=●亀井、亀岡、東ー乗松二塁打=宮下(松大)三塁打=なし本塁打=なし暴投=なし捕逸=なし野選=亀井(松大) MVP=政門(高工大)VP=萩森(高工大)、亀井(松山大)審判(小林、高橋、丸児) 記事=両チーム、秋季リーグで守護神を務めた投手が先発として臨む一回戦屈指の好カードとなった。 松山大の先発、亀井は初回、ランナーを出すも得意の直球で無失点に抑える。高工大、萩森も三者凡退と、お互い上々の立ち上がりでゲームを作る。  二回表、高工大はヒット、四球などで満塁のチャンスを作る。しかし亀井もキレのあるピッチングで二者連続で三振に取り、流れを渡さない。 そして、迎えた九番政門との対決。やはり高工大の遊撃手レギュラーとしての勝負強さが光った。軍配は政門に上がり、低めの球威のある直球をしぶとくセンター前に転がし、高工大が二点を奪う。早い段階で追いついておきたい松山大はその裏、五番宮下が変化球を泳ぎながらも左線二塁打でチャンスを作り、七番生宗が140キロ近くの直球をセンターに弾き返し、離されまいと食らいつく。 三回以降は、両投手ランナーを出しながらも切り抜け、スコアボードに0を並べていく。 再び試合が動き出したのは、六…

続きを読む

2019新人戦〜見所〜

激戦の秋季リーグが幕を閉じ1ヶ月半、優勝した四国学院大学は、中四国代表決定戦に進出した。代表決定戦では、中国地区大学野球連盟、広島六大学野球連盟の強豪に善戦を演じたが、惜しくも敗れ明治神宮大会への出場は叶わなかった。秋の戦いを終え、各大学が見据えるは春季リーグの頂点。各大学は、長い冬の期間に突入する。その冬の突入を前に、愛媛県の三島球場、川之江球場を舞台に令和元年度新人戦が行われる。新人戦では、リーグ戦出場機会の少ない1、2回生がレギュラー奪取を目指して試合に臨む。各大学が新戦力の発掘を目指す。 注目の1回戦の対戦カードは以下の通り。 四国学院大学ー聖カタリナ大学秋季リーグで破竹の勢いで勝利を積み重ね優勝した四学大。新人戦では、新戦力の台頭に期待したい。投手陣は、磐石の2枚看板に次ぐ3番手の育成が急務。打撃陣は、秋季リーグで1回生がベストナインを獲得するなど活発である。次なる主軸候補の発掘に向け、新人戦に臨む。対する聖カ大は、春季リーグよりリーグ戦に本格参戦する。その前哨戦となる新人戦。1回生のみのチームながら、インカレでは1部所属の大学を破るなど、その実力は侮れない。秋王者の四学大新戦力陣を相手に聖カ大がどのような戦いを見せるのか目が離せない。 香川大学ー鳴門教育大学秋季リーグでは、苦しい戦いをしいられ、その後徳島大との入替戦に敗れ2部降格となった香川大。2部で優勝し、再び1部で戦うため、投打の柱の育成は必須条件である。秋季リーグでチームの核となった4回生は軒並み引退。チームに所属する3回…

続きを読む

2019新人戦交流戦球場変更について

2019年11月17日(日)に行われます新人戦交流戦の球場が変更となりましたのでお知らせいたします。 変更前︰四国学院大学G変更後︰香美球場 お間違えのないようお気をつけください。

続きを読む

2019新人戦について

第8回新人戦(2019)を下記の要領にて開催いたします。 日時:2019年11月16日(土)~11月17日(日)場所:伊予三島運動公園野球場、浜公園川之江野球場出場大学:四国学院大学、高知工科大学、愛媛大学、香川大学、徳島大学、鳴門教育大学、聖カタリナ大学、松山大学(以上8大学)組合せ  ◆また参加大学がより多くの実戦機会を持つようにできるように、下記の試合を実施致します。【三位決定戦】川之江球場 12:30 【交流戦】四国学院大学G → 香美球場10:00~ [A]①・②の敗者-[B]③・④の敗者12:30~ [C]⑤・⑥の敗者-[D]⑦・⑧の敗者※交流戦は、香美球場で行います。四国学院大学Gから変更となっております。 ~駐車場のおねがい~11月16日(土)は、伊予三島運動公園内で、四国中央市産業祭が開催され混雑が予想されます。駐車場については、指定の駐車場の利用になりますので当日、誘導の指示に従ってください。ご協力お願いします。以上 HP2019新人戦.pdf

続きを読む

中四国代表決定戦 第2試合四学大対広経大 試合結果

10月26日(土) 東広島アクアスタジアム 11:19開始(試合時間3:00) 主管 四国学院大学 観客数450人 イニングスコア 広経大=000|010|011|1|4 四学大=100|011|000|0|3 バッテリー  広経大=中本、梅原、馬倉、〇石本ー宮脇 四学大=水上、下里、加藤、●富田-石川、河野 二塁打=川満、山田倫(四学大) 三塁打=なし本塁打=塚本大会第1号ソロ(広経大) 暴投=富田(四学大) 捕逸=なし 野選=なし         審判=(弘中、小笠原、友村、川本) 記事=第1試合で勝利し初の明治神宮大会出場まであと1勝とした四国地区大学野球連盟代表・四国学院大と1995年以来5回目の出場を狙う広島六大学野球連盟代表・広島経済大とのカード。試合は第1試合に引き続き緊迫したゲーム展開を見せる。四学大は初回2つの四球と送りバントで2,3塁とチャンスを作ると4番黒岩のゴロの間に幸先よく1点を先制する。四学大先発のエース水上は威力ある直球とキレのある変化球を武器に相手に的を絞らせない。無難な投球が続くも5回、1死から連打でピンチを招くと9番宮脇にタイムリーを浴び同点を許す。なおもピンチが続くも遊撃手知念が好プレーを見せ逆転のピンチを凌ぐ。するとその裏、先頭の川満が二塁打で出塁、送りバントで3塁へ進めると代打赤熊がライトへタイムリーを放ち勝ち越しに成功する。さらに6回にも先頭の山田倫が二塁打で出塁、…

続きを読む

中四国代表決定戦 第1試合四学大対東亜大 試合結果

10月26日(土) 東広島アクアスタジアム 8:54開始(試合時間1:50) 主管 四国学院大学 観客数400人 イニングスコア 東亜大=001|000|000|1 四学大=020|000|00×|2 バッテリー  東亜大=●中内(亮)ー市原 四学大=〇加藤-河野 二塁打=山田倫、河野、松本(四学大) 三塁打=なし 本塁打=なし 暴投=なし 捕逸=なし 野選=なし         審判=(馬場、丸山、小笠原、石田) 記事=50回目を迎えた明治神宮大会中国・四国地区大会。第1試合は初の神宮大会出場を狙う四国地区大学野球連盟代表・四国学院大と2007年以来11回目の出場を狙う中国地区大学野球連盟代表・東亜大とのカード。試合は緊迫したゲーム展開を見せる。四学大打線は2回、先頭の河野が二塁打で出塁、その後相手の失策で2,3塁とし、7番松本が左中間へ二塁打を放ち2点を先制する。四学大先発の加藤は粘られながらも持ち味のスライダーを武器に相手打者を翻弄。3回に1死2,3塁のピンチを招きゴロの間に1点を失うもその後は3塁を踏ませないピッチングを見せる。9回も三者凡退に抑え試合終了。四学大が接戦を制した。 (報告者=四国学院大学 髙木)

続きを読む

第50回明治神宮野球大会中国・四国地区代表決定戦 勝敗表

2019/10/26 20:03更新 第50回明治神宮野球大会中国・四国地区大会 勝敗表 優勝 広島経済大学 順大学四東広試勝敗分点勝率2四国学院大学-2-13-4211-20.500(四国地区)3東亜大学1-2-3-6202-00.000(中国地区)1広島経済大学4-36-3-220-41.000(広島六) 第50回明治神宮野球大会中国・四国地区大会(通算28回目)日時:2019年10月26日(土) 第1試合:09:00~ 四国学院大学(四国)○2ー1●東亜大学(中国) 第2試合:12:00~ 四国学院大学(四国)●3ー4○広島経済大学(広島) 第3試合:15:00~ 東亜大学(中国)●3ー6○広島経済大学(広島)場所:東広島運動公園野球場(アクアスタジアム)

続きを読む

明日開幕!第50回明治神宮野球大会中国・四国地区代表決定戦

2019年10月25日(金)午後5時30分より広島県東広島市のホテルにて、第50回明治神宮野球大会中国・四国地区代表決定戦の監督会議が行われた。各地区の代表校の監督などが集まり、主催の広島六大学野球連盟より要項等の確認が行われた。 明日26日(土)東広島運動公園野球場(アクアスタジアム)にて各地区の代表校が第50回明治神宮野球大会の出場権をかけて戦う。本連盟からは、四国学院大学が2年ぶり13回目の出場をする。 第50回明治神宮野球大会中国・四国地区大会(通算28回目)日時:2019年10月26日(土) 第1試合:09:00~ 四国学院大学(四国)ー東亜大学(中国) 第2試合:12:00~ 四国学院大学(四国)ー広島経済大学(広島) 第3試合:15:00~ 東亜大学(中国)ー広島経済大学(広島)場所:東広島運動公園野球場(アクアスタジアム) 試合方式(抜粋):3チームによる「1試合総当りリーグ戦」。先勝2勝方式とし、勝-勝点2、負-勝点0、引き分け-勝点1とし最も勝点の多いチームを優勝とする。3チームが同一勝点の場合は、再試合を行う。2チームが同一勝点の場合は、当該2チームによる決定戦を行う。・9回終了時で同点の場合は、10回よりタイブレーク(無死1、2塁継続打順)を適用する。・得点差によるコールドゲームは、6回半、7回終了で7点差以上。 試合の様子は、ライブ配信を行う予定です。(一球速報は行いません) 第43回(2012年)松山大学が出場して以来の代表権獲得に向けて、がんばれ四国学院大学…

続きを読む

2019壮行試合

明治神宮大会中四国決定戦を間近に控えた四国学院大学を激励するために、5大学から招集された四国選抜。各大学の代表たちは、10月18日(金)から10月20日(日)の3日間にかけて高知県の野市青少年センターで合宿を行った。宿での部屋は、大学別ではなく、他大学の選手と交流できる環境であった。寝食を共に過ごし、日に日に交流も増え、仲が深まっていった。初日と2日目に行われたミーティングでは、大学間の垣根を越えて、リーグ戦での課題を共有し、解決に向けて話し合うことができた。ミーティング中だけでなく、生活の合間にも野球の知識や技術面に関しての会話もみられ、合宿でしか得られない貴重な経験ができただろう。2日間行われた試合では、合宿を通してお互いを知れたことで、スムーズなベンチワークができていた。また、合宿初日はぎこちなかった会話も、次第に意見を言い合えるようになり、試合中の良い声掛けに繋がった。今回、四国選抜初の合宿を行った。他大学との交流を通し、互いに得るものは大きかっただろう。今後の四国の大学野球が更に発展し、互いに高め合いながら向上していく第一歩となった。

続きを読む

2019壮行試合 四国学院大学対四国選抜試合結果

10月20日(日)、香美球場、12時29分開始(試合時間3時間8分)主管四国選抜観客数 50 人 イニングスコア四国学院=030|022|000|7四国選抜=101|000|200|4 バッテリー四国学院=◯下里、富田、照屋、小田切、山崎、森-石川、田口四国選抜=●勝田、亀井、菊池、谷藤、萩森、金本-宮本、田中 二塁打=田口(四学大)三塁打=なし本塁打=なし暴投=谷藤(四国選抜)捕逸=石川(四学大)田中(四国選抜)野選=なし MVP=谷村(四学大)VP=山崎(四学大)、山岡(四国選抜)審判(秋友、大上、森田、池知) 記事=四国学院大学と四国選抜の壮行試合第2戦。昨日は、投打ががっちりと噛み合った四国選抜が勝利。第2戦となる本戦は、秋季リーグ戦リリーフ登板があった四国学院大学の下里と愛媛大学から選出された四国選抜の快速球左腕勝田の両先発で幕を開けた。今日の試合も、昨日に引き続き初回から動く。1回裏、四国選抜の攻撃。1番古森が内野安打で出塁すると、パスボールと送りバントで1死3塁に。打席には、3番山岡。レフトに上がったあたりが犠牲フライとなり、3塁ランナーが生還。わずか8球で四国選抜があっさりと先制点をあげた。このまま四国選抜ペースとなるかと思われた直後の2回表、四学大の攻撃。単打と四球で1死満塁のチャンスを迎え、打席には秋季リーグベストナインの9番松本。捉えたあたりが、センターへのタイムリーヒットとなり1点を返す。その後も、ゲッツー崩れと2番知念のタイムリーヒットにより2点を追加。この回、…

続きを読む