2019壮行試合 四国学院大学対四国選抜試合結果

10月19日(土)、香美球場、13時27分開始(試合時間2時間34分)主管 四国選抜 観客数 60 人 イニングスコア四国選抜=110|022|000|6四国学院=010|100|000|2 バッテリー四国選抜=亀岡、◯松藤、小林、森山、河野-門田、田中、宮本四国学院=水上、●藤原、山上、羽根、森、小田切-石川、明石、田口 二塁打=山根(四学大)三塁打=なし本塁打=なし暴投=水上、藤原(四学大)捕逸=なし野選=なし MVP=大石(四国選抜)VP=渡部颯(四国選抜)審判( 西村、石元、大上、池知) 記事=四国学院大学が中四国代表決定戦を1週間後に控えた10月19日。高知県の香美球場にて四国学院大学対四国選抜の壮行試合が行われた。四学大は、秋季リーグ最優秀防御率、最多勝、ベストナインを獲得した絶対的エースで主将の水上、対する四国選抜は、秋季リーグ防御率3位で愛媛大のエース亀岡の両先発で幕を開けた。試合は、1回表四国選抜の攻撃から動く。秋季リーグ首位打者の1番古森が左安打で幸先よく出塁。2番多田がすかさず送りバントを決め、四国選抜はチャンスでクリーンナップへと繋ぐ。しかし、3、4番に決定打は出ず、凡打と四球により2死1、3塁で秋季リーグ打点王の5番渡部颯。水上の投じた3球目。低めのボールがワイルドピッチとなり、3塁ランナーが生還。四国選抜が思わぬかたちで先制点をあげる。四国選抜は、続く2回表にも3本の単打を集め1点を追加する。その裏、四学大も反撃に出る。2死1塁の場面で打席には、8番山根。捉え…

続きを読む

2019社会人交流戦 四国銀行対四国学院大試合結果

10月19日(土) 香美球場 9:59開始(試合時間2:42) 主管 四国学院大学 観客数50人 イニングスコア 四国学院=000|000|010|1 四国銀行=000|000|000|0 バッテリー  四国学院=加藤、〇富田、入江、山崎、下里-河野、石川、田口四国銀行=菊池(大)、大田、浮橋-大河 二塁打=山田(四学)、赤松、南(四銀) 三塁打=なし 本塁打=なし 暴投=なし 捕逸=なし 野選=なし 審判=(久武、大上、西村、池知) 記事=今年で26回目を迎えたJABA四国地区連盟会長杯。今回は四国銀行対四国学院大の1試合のみの開催となった。試合は白熱した投手戦となった。先発はチームの柱を担う四国銀行・菊池(大)と四学大・加藤。四国銀行先発の菊池(大)は力のある速球を軸に5回被安打1無失点と堂々たる投球を見せる。四学大先発加藤は格上の打者相手に苦戦するも気迫の投球を見せ4回無失点。四国銀行は6回から大田が登板。6,7回は無失点に抑えるも8回、1死から7番松本が四球で出塁するとゴロで2塁へ進め9番北山が値千金のタイムリーを放ち1点を先制、均衡を破る。9回は四学大下里が3人で締め試合終了。四学大が接戦をものにした。 (報告者=四国学院大学 髙木)

続きを読む

2019秋 社会人・大学交流戦

混戦となったリーグ戦が終了し、優勝の四国学院大学は次なる戦いに向け準備を進める。10月26日(土)に東広島アクアスタジアムにて行われる明治神宮大会中四国決定戦に臨む。四国代表として中国地区大学野球連盟、広島六大学野球連盟の強豪と戦う。秋の明治神宮大会へ出場できる大学は1校のみ。四国地区優勝の勢いそのままに大学野球の聖地神宮への切符を掴み取る。大一番を間近に控える中10月19日(土)20(日)に、社会人・大学交流戦ならびに四学大対四国選抜の壮行試合が高知県の香美球場にて開催される。第26回JABA四国地区連盟会長杯として行われる社会人・大学交流戦。四学大が四国銀行に戦いを挑む。代表決定戦に向けて、試金石になるであろう一戦。社会人チームを相手にどのような戦いを見せるのか。四学大の戦いから目が離せない。また19・20日には、壮行試合として四学大対四国選抜の試合が計2試合予定されている。四国選抜は、令和元年度秋季リーグ2位以下の大学より選手選考を行い、選抜チームを結成。秋季リーグのタイトルホルダー達も順当に選抜入り、代表決定戦前の四学大に襲い掛かる。四学大投手陣は、最多勝・最優秀防御率・ベストナインと多くのタイトルを奪取した主将水上(3年・帝京第三)と同じく最多勝の加藤(3年・新居浜東)の2人がチームの柱。直球、変化球共にキレは抜群。リーグ戦でも、他大学打線を寄せ付けず防御率は共に0点台の成績を残した。磐石の二枚看板が四国選抜打線をねじ伏せる。投手と中心とした安定した守備力は、攻撃にも好影響をもたらす。打…

続きを読む

「はじめてのボールあそび」についてのご案内

四国地区大学野球連盟(香川大学硬式野球部)と高松市ティーボール協会が主催のイベント、「はじめてのボールあそび」のご案内をさせていただきます。 高松市内の5~9歳のお子様を対象とした「はじめてのボールあそび」を実施いたします。お子様には柔らかいボールを使い、野球に親しんでもらいます。野球部員と一緒に投げる、打つ、走るをやることで楽しんでいただけます。また、お子様が野球に親しんでもらっている間、保護者の方に受けていただける講座もご用意しております。皆様のご参加をお待ちしております。 ・日時 11月30日(土) 午前の部10:00~11:30(受付開始9:30) 午後の部13:00~14:30(受付開始12:30) ・会場 四番丁スクエア運動場(旧高松市立四番丁小学校) ・住所 香川県高松市番町一丁目5番1号 ※雨天時は四番丁スクエア体育館で行います ・対象参加者 高松市内の5~9歳児とその保護者 ※定員 各部ともに50名(定員に達し次第、締切とさせて頂きます) ・参加費 無料 ・お申込み方法 所定の申込用紙に必要事項を記入して、下記にFAX・E-mailで申し込みください。 《申込先》FAX 高松市スポーツ協会 協議スポーツ専門部 087-822-0120 E-mail 香川大学硬式野球部 kagawa.u.baseball@gmail.com ※ご提供いただく個人情報は、当行事以外の目的では使用いたしません その他、詳細についてや質…

続きを読む

2019年秋季表彰者選手一覧

本日10月12日(土)の理事会・マネージャー会議にてベストナインなどの表彰選手が選出されましたので報告致します。 優勝大学1部四国学院大学2部徳島大学 首位打者1部 0.447 古森響太松山大学2部 0.440 大野悠人鳴門教育大学 最多打点1部 15打点渡部颯太松山大学2部 8打点上田拓人鳴門教育大学 最多本塁打1部該当者なし2部該当者なし 最多盗塁1部 10盗塁山岡友哉松山大学2部 6盗塁十亀太一新居浜工業高等専門学校 最多勝利1部 4勝加藤大輔四国学院大学1部 4勝水上由伸四国学院大学1部 4勝菊池来樹松山大学2部 4勝竹村侑真鳴門教育大学 最優秀防御率1部 0.69 水上由伸四国学院大学2部 0.60 竹村侑真鳴門教育大学 最多三振奪取賞1部該当者なし2部該当者なし 記録賞1部該当者なし2部該当者なし 最優秀新人賞1部該当者なし2部該当者なし                            ベストナイン(1部)投手水上由伸四国学院大学捕手宮本哲太愛媛大学一塁手山田倫四国学院大学二塁手山岡友哉松山大学三塁手松本力也四国学院大学遊撃手古森響太松山大学外野手川満春輝四国学院大学外野手杉本武蔵高知工科大学外野手中山駿高知大学D・H 小田啓介愛媛大学 (2部)投手竹村侑真鳴門教育大学捕手大野悠人鳴門教育大学一塁手會田大地徳島大学医学部二塁手上田拓人鳴門教育大学三塁手吉田雄紀徳島大学遊撃手古野尚輝鳴門教育大学外野手田中悠雅鳴門教育大学外野手京川翔哉徳島大学外野手田上絢哉徳島…

続きを読む

2019年度秋季リーグ 総括

四国学院大学が2018年春以来となる優勝で幕を閉じた今季、最終週最終戦まで優勝争い、順位争いは混迷を極めた。 優勝の四国学院大は第1週、愛媛大を相手に2連敗で勝ち点を落とすなど、雲行きの怪しい幕開けとなったが、その後持ち直した四国学院大は破竹の勢いで8連勝し、優勝をもぎとった。投手陣では抜群の安定感を誇り、これまでエースとしてチームを支えてきた加藤(3年:新居浜東)に加え、今季より主将としてチームを引っ張る水上(3年:帝京第三)が投手に転向。首位打者も経験した好打者がバッターボックスからマウンドに戦いの場を変え、140キロ中盤を超える速球と切れ味鋭いスライダーを武器に相手打者を圧倒した。打線では俊足の川満(3年:那覇工業)が打率.410をマークし、リードオフマンとしての役割を十二分に果たした。また、2年生ながら中心選手となりつつある山田倫(2年:四学大香川西)、新戦力の宇座(1年:宮古)、松本(1年:明桜)らが躍動。投打ともに層の厚さを見せつけ、最終週、勝ち点を獲得した方が優勝という大一番で、高知工科大に2連勝し、優勝を勝ち取った。 松山大は第1週、2連覇中だった高知工科大を相手にいきなり2連勝するなど、昨季最下位から奮起し、2位へ躍進した。投手陣は右腕エース大東(3年:徳島城南)、ルーキー左腕菊池(1年:宇和島東)が安定した投球を見せ、河野(3年:臼杵)、亀井(1年:三本松)の磐石なリリーフ陣に繋ぎ、チーム防御率1点台と投手陣の充実ぶりを見せた。野手は今季より1番に座る古森(1年:小松)が打…

続きを読む

優勝大学(四国学院大学)からのコメント~2019秋

2019秋季リーグを制した四国学院大学から監督・主将のコメントが届きましたので、掲載致します。四国学院大学は10月26日に行われる明治神宮大会中四国代表決定戦に四国代表として出場いたします。[中尾監督コメント]加藤、水上両投手の頑張りが全てです。(捕手のリードも含めて)第一週で勝ち点を落とすも諦めず、選手がよく頑張りました。両投手の出来が全てですが、全員野球で代表を目指します。[主将 水上由伸コメント]秋季リーグでは2連敗から始まりましたが、気持ちを切らす事なく全員で戦えた事がその後の8連勝に繋がりました。中四国代表決定戦も厳しい戦いになると思いますが、全員が自分の役割を全うして戦い、代表の座を掴みたいです。

続きを読む

2019秋入替戦徳島大対香川大第3試合結果

10月6日(日)観音寺市総合運動公園野球場12時54分開始(試合時間2時間25分)主管香川大学観客数70人イニングスコア徳島大=200|002|250||11香川大=001|000|050||6 バッテリー徳島大=河野、金城、川崎ー岡本香川大=平岡、岡谷、谷藤ー大原二塁打=岡本×2(徳大)、山本(香大)三塁打=田中(徳大)本塁打=なし暴投=なし捕逸=なし野選=和久利(香大)MVP=田中(徳大)VP=河野(徳大)審判=(秋友、弓立、西村、塩田)記事=一勝一敗となり負けられない香川大と、第2試合勝って1部昇格が見えてきた徳島大の第3試合。2試合目で勢いに乗った徳島大は、初回4番京川と6番田上の2本のタイムリーで2点を先制。4回表でも得点のチャンスを得るが、ここは香川大の好守で点を追加できない。しかし6回表から、勢いに乗る徳島大の猛攻が始まる。安打や香川大の失策で得たチャンスをものにし、6回から8回で9点を追加。香川大を大きく突き放す。対する香川大は、3回裏に徳島大の失策で出た三宅壮を、1番三宅秀の安打、2番多田の犠打、3番山本の犠飛でかえし、1点を獲得。その後、なかなか塁に出ることが出来なかったが8回裏、香川大は意地の反撃を開始する。四球や安打で出塁したランナーをかえし、一挙5点を追加することに成功。コールドも考えられる点差だったが、5点差まで縮める。9回も粘りを見せたかったが、三者凡退となり11対6で徳島大が勝利し、徳島大の1部昇格と香川大の2部降格が決定した。MVPには、満塁本塁打を放ちチームの…

続きを読む

2019秋入替戦香川大対徳島大第2試合結果

10月6日(日)観音寺市総合運動公園野球場9時57分開始(試合時間2時間11分)主管香川大学観客数60人イニングスコア香川大=002|000|000||2徳島大=001|000|03x||4バッテリー香川大=谷藤ー大原徳島大=大西ー岡本二塁打=岡本(徳大)三塁打=なし本塁打=なし暴投=谷藤(香大)捕逸=なし野選=多田(香大)MVP=大西(徳大)VP=岡本(徳大)、仲島(香大)審判=(小林、西村、塩田、秋友)記事=一部昇格のためにはもう落とせない徳島大と、この試合をとって1部残留を決めたい香川大の第2回戦。先攻の香川大は3回から仕掛ける。3回表、ランナーがいないままアウトカウントは2つ。追い込まれた香川大だが、9番多田がバントヒットで出塁し盗塁と失策で三塁まで進むと、今季大活躍の1番三宅秀がセンター前ヒットで9番多田をかえして先制する。2番柳島が四球で出塁、3番山本のライト前ヒットで1番三宅秀も生還し、2点目を追加。香川大は、安打や四球で順調にランナーを溜め、チャンスで4年生仲島が盗塁を決めるなどで、得点まで後一歩のところまで進むも決定打が出ず、点を追加できない。対する徳島大は3回裏、7番甲矢が死球で出塁し、暴投や9番岡本のライト前ヒットで三塁まで進むと、1番竹野のライトへの犠牲フライで7番甲矢が生還し、1点を返す。1点差で迎えた8回裏、7番甲矢と8番代打丸田が四球で出塁し無死一二塁となると、9番岡本がライト線への二塁打を放ち、7番甲矢が生還して同点となる。続く1番竹野の打球はセカンドへ。セカンドが…

続きを読む

2019秋入替戦徳島大対香川大第1試合結果

10月5日(土)観音寺市総合運動公園野球場12時59分開始(試合時間2時間22分)主管 香川大学観客数 50人イニングスコア徳島大=000|000|030||3香川大=000|040|00x||4 バッテリー徳島大=河野、金城、川崎ー岡本香川大=平岡ー大原二塁打=岡本(徳大)、多田(香大)三塁打=なし本塁打=なし暴投=河野、川崎(徳大)捕逸=なし野選=なしMVP=平岡(香大)VP=三宅秀(香大)、京川(徳大)審判=(弓立、川江、細川、秋友) 記事=2部の優勝決定戦を制し、一部昇格を目指す徳島大と、なんとしても1部に残留したい香川大。負けられない両校の入替戦第1試合。香川大は先発に1年生の平岡を起用。今季リーグ戦では苦しいピッチングが続いていたが、1年生とは思えないマウンド度胸で徳島大打線を迎え撃つ。対する徳島大は3年生河野。今季リーグ戦では防御率2.25をマークし、ベストナインを狙うエースが香川大打線をどこまで抑えるのか。香川大は、5回をノーヒットに抑える先発平岡の好投で徳島大打線を苦しめる。徳島大は失策や四球でピンチを迎えるも、堅い守備で得点を許さない。均衡が続く試合は、5回裏から動く。5回裏、香川大は9番多田がセンターへの二塁打を放つと、1番三宅秀が犠打、2番柳島と3番山本が四球で出塁して一死満塁のチャンスを作る。ここで4番田渕が右安打を放ち、9番多田をかえし、先制点を決める。続く5番仲島のセーフティバントで2番柳島も生還、7番和久利の四球で押し出しとなり3点目を決めると、暴投により4番田…

続きを読む