リーグ戦速報
試合経過・結果速報(イニングスコア)

ライブ配信実験
Open Video Platform
topics

PB2016 vol.2〜四国インカレ

松山大がリーグ戦上位の大学を破り2年連続で栄冠をつかむ

四国4県持ち回りで開催される四国インカレが今年度は高知県春野球場で開催された。
四国インカレは新人戦と同様、年に2度しかない1部と2部が同じ大会で戦うトーナメント戦である。春季リーグ戦をもって4回生が引退した殆どの大学が新戦力を加えた新チームが編成されてから初めての公式戦となった。
一回戦全4 試合中3試合がコールドゲームとなった中、唯一コールドゲームにならなかった、一部4位の松山大対二部1位の鳴教大の試合。鳴教大が敗れはしたものの二死満塁、二死一、三塁など好機を作り1部相手でも十分に戦える実力があることを見せつけた。今思えば1部への復帰へのプロローグとなった試合であるだろう。来年度春季リーグでも飛躍が期待される。
準決勝は春季リーグ上位4大学が順当にベスト4へコマを進めた。松山大対愛媛大ではランナーが出塁すると長打で確実に得点につなげた松山大と出塁をするもあと一本が出なかった愛媛大とで命運が分かれ8回コールド、第二試合の高知大対四学大では2点適時打で先制した四学大に小技などで同点に追いついた高知大だったが失策による失点が決勝点となり松山大と四学大がそれぞれ決勝戦へ。前年度に引き続き2年連続の松山大と準決勝で高知大との接戦を制した四学大の私学対決となった。両チームとも打線が振るわず7回までスコアボードに0が並ぶ緊張感の続く投手戦となった。8回に均衡を破り先制した松大の1点が決勝点となり松山大1−0四学大という決勝戦にふさわしいゲーム展開となった。
春季リーグ戦4位と苦戦を強いられた松山大学が準決勝、決勝では春季リーグ1,2位の愛媛大、四学大を撃破し2年連続の優勝で栄冠を手にした。
年に1度の四国地区大学体育連盟が主催で開催される四国インカレ。今年度の運営担当は高知大だったため必要物品の準備や選手名簿の作成、当日の流れなど大学の職員の方と半年以上の打ち合わせを行い無事3日間ある大会のすべての日程を終えることができた。リーグ戦の1か所開催、インカレや新人戦のトーナメントの実施、1つの大会がどれほど多くの人の協力と準備があって成立しているのか、普段のリーグ戦で他大学の方がされている運営の大変さ、重要さをスタッフは実感し、四国六大学の運営面でのレベルアップしていかなくてはならない責任を身に染みて感じることのできる大会となった。

(記事作成=高大 立野)
shikokubaseball-2016-07-03T203A303A22-3[1].JPG

0703四国インカレ
松山大学VS四国学院大学
#優勝の瞬間 20160702  インカレ
高知工科大学vs愛媛大学
(撮影/四学MG・荒瀬)

#高知工科大学#愛媛大学#大学野球#野球
#baseball 20160703  インカレ
松山大学vs四国学院大学

四国学院大学
主将 /  原 (3年) (撮影/四学MG・荒瀬)

#四国学院大学#野球#大学野球
#baseball#キャプテン#主将 20160703  インカレ
高知大学vs四国学院大学

#高知大学#四国学院大学#インカレ#野球
#大学野球#baseball IMG_3127.jpg image3.JPG
posted by 四国六大学 at 03:00 | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

PB2016 vol.1〜春季リーグ

僅差の戦いの激戦を百戦錬磨の愛媛大が制す!

 丸亀決戦で幕を挙げた2016年春季リーグ。香川、高知、愛媛と各県で1ヶ所開催が行われるという選手、マネージャーともに責任と情熱に駆られたこのリーグ。天候には、球春を歓迎しているかのようにグラウンドを照らしてもらい、順延無く日程を消化できたため、選手は緊張感の途切れない一月となったのではないかと思う。第二週目にして、秋季リーグに優勝争いを演じた愛媛大学と高知大学に加え四国学院の3チームでの覇権争いがほぼ決まる。リーグ後半戦は直接対決があるため、どのチームも負けられない熱戦が繰り広げられた。その中でも、優勝を一気に引き寄せた愛大四学第2回戦は2016年春リーグを代表する試合になったに違いない。7回まで2点のリードを許すも、8回裏に3点を奪い返し愛大が勝利した試合。投手を中心とした守備で我慢し作った流れを攻撃につなげる、愛大らしさが存分に発揮された試合だったように思える。そして、緊迫の4週目、盤石な試合運びで高知工科大学から勝ち点を得た愛媛大学に対し、負けられない高知大学は四国学院との死闘となった。四国学院の先勝も2試合目は高知大学のコールド勝ち。第3試合、優勝への望みをつなぐゲームは両エースの意地とプライドがぶつかり合う試合となる。試合終盤、四球とエラーから四国学院がチャンスを作り勝ち越し。その後高知大学は追いつくことが出来ず終戦。この結果から愛媛大学の春季リーグ二連覇が決まり秋季リーグの雪辱を果たした。最終週、愛媛大学は高知大学に二連勝し、10連勝、勝ち点5の完全優勝で秋季リーグの後から掲げてきた第一目標を達成。次は、全国ベスト8というチームゴールに照準を定めた。
2年連続の全日本大学野球選手権出場となった愛媛大学。全国ベスト8という目標を立て、冬を乗り越えてきた。試合会場は昨年同様東京ドームとなり、一年前の涙を晴らす機会を得た。高知工科大学の協力もあり、人工芝対策も十分に行い四国勢悲願の勝利を背負って東京ドームへと乗り込んだ。対戦相手は福井工業大学、オープン戦を行ったこともある相手でデータ班も対戦相手研究に熱が入りチームを支えた。試合は序盤、ともに1点を奪い主導権を譲らない。しかし、試合中盤、愛媛大学は緊張からかミスが出てしまい勝ち越される。その後は、調子付いた福井工大の先発に押さえ込まれ、愛媛大学エース田中の粘投むなしく、愛大24年ぶりの勝利、そしてチームゴールとしていた全国ベスト8は叶わなかった。試合を通して、ディフェンス面では全国と勝負することが出来ると証明できた。やはり、まだ差が出るのが攻撃陣。素振りを見ているだけでも、レベルの違いを感じることが出来る。四国にも好投手は多い。打線は好投手に引っ張られレベルが上がるのでまだまだ向上していくはずである。打撃陣がこの壁を乗り越え、後輩たちが全国1勝を手に取れると期待して、数人を残し4回生は引退となった。四国勢のチャレンジャーとしての立場はまだまだ続く。
 全34試合中9試合が1点差の勝負となった春季リーグ。下位チームと上位チームの一点差ゲームもあった。つまり、一部の六大学間では埋められないほどの大きな差は無いということだろう。ゲームの流れ、選手の調子などその日に決まるものが試合を決める要因になったものも多かったのではないかと思う。試合運び、1ヶ月を戦い抜く戦略を万全にすることで、以降のリーグではさらに順位の変動があるのではと感じた。
 また、リーグ運営についても各県1ヶ所開催があったことで、この経験を活かせていけるのではないかと思った。当然のことながら、各大学間の連携は運営を行う上で非常に重要になってくる。一番意識しなければならないと思ったのは、共通認識、そしてその確認である。自分自身、全日本大学野球選手権へ学生スタッフとして派遣され、スタッフの話し合いの多さ、細かな連絡と確認、明確な役割分担など、どれも運営を改善するために徹底すべきものはあると感じ学ばせてもらった。それらで生まれる共通認識のおかげでそれぞれが考えて、動けるようになるのではと考えさせられた。四国六大学野球リーグでも、インフォメーションデスクの充実、ライブ配信の工夫、SNSでの情報拡散などが効果を発揮しさらに盛り上がりを見せている。
 リーグ戦の面でも、運営の面でも更なる変革の時を迎えているのでは感じ、その上で大きく期待が膨らんだ球春となった。

(記事作成=愛大橋元)
写真で振り返る2016春季
愛媛大学、全勝優勝を決めた歓喜の瞬間

20160402観客席 20160402インフォメーションデスク

20160403高知工科vs高知大 20160403  3回裏。松山大学田原、2点タイムリー二塁打を放つ

20160403松山大vs四国学院 20160403愛媛大vs香川大
posted by 四国六大学 at 13:00 | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

プレイバック2016〜序章

先月の愛媛県野球フェスティバルの活動で今年の公式行事は終了となりました。一年間、ご声援変わらぬご声援を頂き感謝申し上げます。
 このオフ期間の恒例となりましたオフ企画「プレイバック2016」記事を12月に順次掲載していきます。プレイバック記事を見ながら、過去の試合結果などをご覧頂き、この一年間を振り返って頂けましたら幸いです。本年より連盟の学生スタッフらが持ち回りで記事を作成しています。管理人の記載とは一味も二味も違う、当事者としての思いも感じられるものと思われます。
 本年も全国での一勝は叶わず、悔しい思いが残る年末ではありますが、連盟並びに加盟大学はあきらめることなく挑戦を続けています。

shikokutop20130520.jpg
posted by 四国六大学 at 18:00 | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

愛媛県野球フェスティバル2016 大学高校交流戦試合結果・報告

11月23日(水)坊っちゃんスタジアム
12:58開始(試合時間 2時間09分)
観客数 189人

イニングスコア
カタリナ=000|200|021|5
愛媛選抜=000|200|000|2

バッテリー
カタリナ=(勝)新保ー大森
愛媛選抜=亀岡、渡辺、(負)藤岡、三好ー乗松、宮田
二塁打=大森(聖カ)、先田(選抜)
三塁打=なし
本塁打=なし
暴投=なし
捕逸=大森(聖カ)
野選=なし
審判=(高橋、稲葉、田代、久保田)

記事=
「僕たちは野球が大好きです。」愛媛県学童南予選抜、金原主将の宣誓で幕開けた今年の愛媛県野球フェスティバル2016。
県内の学童、中学選抜、高校、大学、社会人チーム計22チームが松山市中央公園に集結した。
愛媛県大学選抜は、初めて全員が愛媛県の高校出身者で構成されたチームで中予地区一年生大会で優勝した聖カタリナ学園に挑むことになった。
試合は4回、聖カタリナ2番打者大森の中前安打を皮切りに5番伊藤、6番竹田蓮の適時打で愛媛県大学選抜二番手の渡辺(松大/東温)から2点を先制する。その裏愛媛県大学選抜は、一死一、二塁で5番先田(高工/今治西)の右中間適時二塁打、6番西本(高工/今治西)の犠飛ですぐさま2点を返す。しかし、その後は聖カタリナ先発の新保のコーナーを突く投球に連打が生まれない。
8回には藤岡(四学/伊予農業)、9回に三好(松大/西条)がカタリナ打線に捕まり、追加点を許し2-5となり、愛媛県大学選抜は高校生相手に悔しい敗戦となった。
今回の愛媛県大学選抜チームは他大学選手とのコミュニケーションを取れる場となり、春季リーグ戦に向けてお互いが高め合える意識を持つ機会であった。

午前中には松山フェニックス、愛媛大学、松山大学の選手が指導をした少年野球教室が行われ、小学生と大学生、社会人が交流を深めるとともに、野球王国愛媛のさらなるスポーツ振興を図ることのできた一日となった。

(報告者=松大 平松)

@先発の亀岡(愛大/松山東)

A先発の新保(聖カタリナ)

B2安打の先田(高工/今治西)

C愛媛県大学選抜チーム

野球教室の様子
IMG_4058.jpgIMG_5946.jpgIMG_4845.jpgIMG_5810.jpgIMG_9133.jpgIMG_0696.jpgIMG_4445.jpg
posted by 四国六大学 at 21:24 | その他公式戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

愛媛県野球フェスティバル2016

愛媛県野球協議会主催の愛媛県野球フェスティバル2016が以下の日程で開催されます。この協議会に四国地区大学野球連盟も参画しており、この催しに積極的に参加しています。
 午後に行われる大学・高校野球交流戦には、愛媛県にゆかりのある選手による四国地区大学野球連盟「愛媛県選抜」を編成し、中予地区代表と対戦します。高校及び大学で愛媛県の野球環境で育まれた選手たちは少しでも恩返しできるようにと懸命のプレーを披露しますので、ご声援よろしくお願いします。そして、この野球フェスティバルで触れ合う小・中・高の選手たちを、将来一人でも多く迎え入れることが出来れば、と願っています。

日程  2016/11/23(水・祝)
開催地 坊っちゃんスタジアム
08:30 オープニングセレモニー
08:50 少年野球教室(小学生対象:松山フェニックス、愛媛県大学選抜、愛媛大学、松山大学)
10:40 愛媛県高等学校野球1年生大会優勝校交流戦
    八幡浜高校(南予優勝校) - 小松高校(東予優勝校)
13:30 大学・高校野球交流戦
    愛媛県大学選抜 - 聖カタリナ高校(中予代表)

★当日、坊っちゃんスタジアムで行われるフェスティバルの模様はライブ配信する予定です。
posted by 四国六大学 at 00:00 | その他公式戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

愛媛県野球フェスティバル2016 愛媛県選抜メンバー

11月23日に行われる交流戦の四国六大学の愛媛県選抜について


背番号 位 置 氏 名 学年 職業/学生
30 監 督 大島 知樹 愛媛大学
50 コーチ 井上 浩次 松山大学
51 コーチ 永井  淳 愛媛大学

15 投 手 藤岡 幸生 3年 四国学院/伊予農業
16 投 手 鴻上 尚豊 3年 松山大学/新居浜東
17 投 手 三好 翔太 3年 松山大学/西条
18 投 手 渡辺 翔吾 2年 松山大学/東温
19 投 手 亀岡 優樹 1年 愛媛大学/松山東
I 捕 手 乗松 凌太 3年 愛媛大学/松山東
22 捕 手 藤本 裕暁 2年 愛媛大学/松山西
27 捕 手 宮田 翔生 1年 高知工科/松山北
_8 一塁手 小松 賢太 3年 松山大学/宇和島東
25 一塁手 岡崎 颯人 2年 松山大学/松山北
23 二塁手 藤原 翔希 2年 四国学院/三島
_4 一塁手 金子 直樹 1年 松山大学/新田
_5 三塁手 清水  知 2年 高知大学/伊予
28 三塁手 毛利周一郎 3年 松山大学/川之江
33 三塁手 西本 大悟 2年 高知工科/今治西
11 遊撃手 上田 幸樹 3年 松山大学/八幡浜
_6 遊撃手 宗岡 雄介 2年 松山大学/松山商業
_1 外野手 片山 幹太 2年 高知大学/松山東
_2 外野手 高木  駿 1年 高知大学/西条
_3 外野手 友居京太郎 2年 徳島大学/小松
_7 外野手 奥田 和志 2年 松山大学/小松
_9 外野手 先田 竜章 3年 高知工科/今治西
21 外野手 今村 直哉 1年 愛媛大学/三島
44 外野手 河渕 裕輔 3年 松山大学/小松

諸事情により一部メンバーの変更がある可能性があることをご了承ください。
posted by 四国六大学 at 08:53 | その他公式戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016新人戦四学大対香川大決勝戦

11月13日(日) 松山大学久万ノ台グラウンド
開始 14:18(試合時間 02時間27分)
主管 四国学院 観客 60人

イニングスコア
四国学院=004|020|100 |7
香川大学=013|000|004×|8

バッテリー
四国学院=土田侑、横井、矢野−古谷、森口
香川大学=上西−湯田
二塁打=藤原、山田、松堂(四学)大杉、車谷、國光、春名(香川)
三塁打=伊藤(四学)
本塁打=なし
暴投=矢野(四学)
捕逸=なし
野選=國光、春名(香川)
記事=
破壊力ある打撃陣で順調に勝ち上がってきた香川大と、愛媛大との投手戦を制し何とか決勝へと持ち込めた四学大の新人戦決勝、同県対決。
序盤、7番春名(香川)がライト前安打で出塁し、盗塁と湯田のセンター前安打で三塁へと進むと、センターが打球を後逸した間にホームへ生還、1点を先制する。対する四学大も3回、一死から四球で出塁し、ラストバッター藤原のレフト越二塁打が適時打となって同点へと追いつくと、失策・野選も絡んで逆転に成功。3点をリードした。
しかしその裏、一死からキャプテン車谷(香川)が安打で出塁。すかさず二盗を決めて次打者窪田のライト前適時打で1点を奪うと、大杉・國光の適時打で追加点をあげ、またもや直ぐさま同点に。
そんなシーソーゲームの均衡が破られたのは5回、四学大。3回にも適時打を放った藤原が安打で出塁し、相手の野選と失策で2点を追加する。更に7回にも伊藤・松堂・宮脇の三連打で追加点を奪い、2番手投手の横井(四学)を援護。試合の流れは四学大かと思われた。
迎えた最終回、香川大先発の上西は、二死から2本の安打で出塁を許すも無失点に抑え、味方の援護を待つ。
初優勝目前の四学大に対して、2013年以来2回目の優勝を祈る香川大。先頭濱田・車谷が、この回より登板した矢野(四学)を捉えて安打で出塁し、相手の暴投で2点差に迫ると、二死からこの日3安打の大杉の適時打で1点差にまで詰め寄る。次打者國光も左中間への二塁打を放って好機をぐっと広げると、打順は7番春名へ。カウント1-1から捉えた3球目はセンターの頭上を越え見事逆転打となり、サヨナラで香川大に軍配が上がった。
MVPにはサヨナラ打の春名(香川)が、VPには5打数3安打2打点の大杉(香川)と2番手投手の横井(四学)がそれぞれ選ばれた。

上記の結果、香川大学が2016年新人戦優勝。

(報告者=四学大 猪野)

写真は香川大先発の上西(香川)とVPの横井(四学)
PicsArt_11-13-09.10.23.jpgPicsArt_11-13-09.10.52.jpg
posted by 四国六大学 at 22:17 | 新人戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする