リーグ戦速報
試合経過・結果速報(イニングスコア)

ライブ配信実験
Open Video Platform
topics

記録・成績集

1981年より開催されているリーグ戦の表彰記録を掲載しています。

掲載記録

歴代順位

通算勝敗数
歴代ベストナイン

歴代首位打者

歴代最多打点

歴代最多本塁打

歴代最多盗塁


歴代最多勝

歴代最優秀防御率

歴代最多奪三振


歴代記録賞

歴代新人賞


posted by 四国六大学 at 01:10 | TrackBack(0) | 成績・表彰 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

優勝大学(愛媛大学)からのコメント〜2016秋

2016秋季リーグを制した愛媛大学から監督・主将のコメントが届きましたので、掲載致します。愛媛大学は今月10月29日に行われる明治神宮大会中四国代表決定戦に四国代表として出場いたします。

【大島監督コメント】
 この度、秋季リーグ戦において二季連続の優勝を達成し、中四国代表決定戦への出場権を得ることができました。関係者の皆様におかれましては、日頃より多大なるご支援を賜り、心から感謝申し上げます。
 リーグ戦では守備のミスの多さからなかなか流れを掴むことができませんでしたが、攻撃面では今チームのテーマでもある積極走塁でチャンスを拡大し、1点を確実に取っていくという自分たちの目指すべき野球が多少なりともできたのではないかと思います。
 しかしながら、ここからはロースコアの展開に持ち込み、少ないチャンスを確実に得点に結びつける野球ができなければ勝機を見出すことはできません。そのために代表決定戦までの1ヶ月間、もう一度バッテリーを含めたチーム全体の守備力を鍛え直し、バントや走塁等々の精度をさらに磨いて全国への切符を掴み取れるよう、日々努力を続けていきたいと思います。これからも変わらぬご声援をよろしくお願いいたします。


【主将 南拓哉コメント】
 新チームを立ち上げるにあたって、全国で勝つためにこれまでの自分たちの野球を一から見直し、新しい取り組みにチャレンジしました。しかし、オープン戦ではなかなかうまく噛み合わず、不安を抱えた中でリーグ戦を迎えました。チームとしての完成度はまだまだ低いですが、リーグ戦を闘う中で、チームは大きく成長することができたと思います。また、優勝することで自分たちが向かっている所は間違っていないと自信が持てるようになりました。
 全国で勝つために新しく築き上げた愛媛大学の野球を中四国大会で表現できるように頑張りたいと思います。応援よろしくお願いします。


中四国代表決定戦に向けて精力的に調整を進める愛媛大ナインたち
attachment03.jpg attachment00.jpg attachment01.jpg attachment02.jpg
posted by 四国六大学 at 01:00 | 2016秋リーグ戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リーグ総括〜2016秋

台風や悪天候に泣かされ、第7週目まで争うことになった今年の秋リーグ。日程だけでなく、覇権争い・順位争いも混迷を極め、これぞ乱世の秋というシーズンだったといえよう。
優勝の愛媛大は、結果的に勝ち点4を取ったものの苦戦を強いられるリーグとなった。チーム盗塁数40と足を絡めた攻撃スタイルは確立の域にある。このリーグ戦で愛媛大を牽引した西島(2年:広島新庄)は、18盗塁、打率0.435と攻撃面で大きく貢献した。さらに本職の二塁だけでなく、外野守備につくなどユーティリティな活躍をみせた。また、今リーグも乗松(3年:松山東)の冴え渡るリードで経験の浅い亀岡(1年:松山東)、勝田(1年:津山)など投手陣を盛り立て、優勝に導いたといえる。
2位の松山大は、開幕週で四国学院大に勝ち点をとり、勢いに乗りたいところだったが、次戦の愛媛大戦に敗れ順位に響いてしまった。しかし、四国インカレ優勝、秋季リーグ2位と着実に力をつけており、強豪復活まで僅かのところまで来ている。その背景には左腕平山(3年:高知)、主将で四番の田原(3年:大社)の活躍があった。
3位の高知大は、リーグ序盤で高知工科大、香川大に敗戦を喫し、終盤まで最下位争いを繰り広げていたが、上位を走る松山大、愛媛大から勝ち点を奪い巻き返しに成功した。道原(2年:西京)、上之薗(1年:小林)、益原(4年:三原)の細かい継投と持ち前の高い守備力で大量失点を防いだ。さらに、圧倒的な集中力で連打を生み相手を畳み掛ける試合展開を見せ、束になって襲いかかる怖さを知らしめた。その中心となったのが、四国を代表する好打者柴田(4年:春日丘)の存在である。
4位となった四国学院大は、小久保(3年:鹿児島玉龍)がリーグ最多タイの4勝の活躍、四番原(3年:日本大学第三)が長打を放ちながら3割を超える打率を残したが、リーグ全体でムラのある試合運びとなり、厳しいリーグとなった。また、今秋プロ志望届を提出した岡上(4年:幡多農業)が自己最速の153qを計測するなど、注目を浴びた。
5位の高知工科大は前評判通りの高い攻撃力で大量得点を挙げる試合が多く、1試合平均約5.4得点はリーグ1位となった。その中でも輝きを見せたのが、打率リーグ2位0.449の西本大(2年:今治西)と扇の要で四番の山川(3年:高知商業)の存在だ。0.392という高打率に加え、盗塁刺10を記録し、投手陣をバックアップした。新戦力の遊撃手山本卓(1年:岡豊)も台頭した。得点力はリーグトップの反面、リーグワーストの73失点を許した。投手陣の立て直しを図ればAクラス入りも近いだろう。春リーグも爆発的な打線に目が離せない。
最下位となった香川大は、河本(3年:丸亀)を欠き、守備面において大きな痛手となったことが今回の成績に直結したと言える。だがしかし、その中でもリードオフマン濱田(2年:創志学園)の目覚ましい活躍が光り、守備主体であったチームにアクセントが加わった。入替戦で鳴門教育大に惜敗し来季から2部降格が決定したが、上西(2年:香川中央)、井島(3年:大阪府立港)、田内(2年:坂出)を好捕手湯田(2年:丸亀)が支えることが出来れば、1季で1部復帰も大いに期待できる。
 2部はプレーオフまでもつれ込む吉野川ダービー、鳴門教育大が徳島大を破り、入替戦へと駒を進めた。そして、香川大に2勝1敗と3回戦まで及ぶ激闘に勝利し2015年春リーグ以来の1部復帰を掴み取った。エース安丸(2年:川島)の年々安定感の増す投球は、1部でも簡単には打ち崩せないだろう。
 愛媛大は、10月29日に中四国代表決定戦に出場する。これまでチームの中核として活躍した田中(4年:洲本)、杉山(4年:岡山芳泉)の最後の意地に期待したい。レベルの高い広島六大学代表、中国地区代表にどれだけ食い下がることができ、悲願の明治神宮大会出場を勝ち取れるか連盟全体で切に願う。

20160903 秋季リーグ戦
第3週 四学大VS愛媛大@

チームを支える扇の要 乗松(愛媛大3年・松山東高)

#大学野球 
#秋季リーグ戦 
#四国六大学 
#四国地区大学野球連盟 20160827 秋季リーグ戦
第2週 四学大VS高工大@

先発 中村(高工大2年・富岡東高)と、レフト越二塁打を放った原(四学大3年・日大三高)

#大学野球 
#秋季リーグ戦 
#四国六大学 
#四国地区大学野球連盟 2016秋季リーグ戦 8月28日 愛大-松大 愛大の絶対的エース 田中
#baseball #大学野球 2016秋季リーグ 2016.8.20松山大学vs四国学院大学
山西選手(松山大・3年)
撮影/荒瀬(四学MG) 2016秋季リーグ戦 8月27日 愛媛大-松山大
愛媛大キャプテン 南(3年)
#baseball #大学野球 20160909 秋季リーグ戦
第4週 高知大VS四学大@

帰塁する藤田(高知大3年・広島国泰寺高)、ファースト土田大(四学大1年・坂出商業高)

#大学野球 
#秋季リーグ戦 
#四国六大学 
#四国地区大学野球連盟


posted by 四国六大学 at 17:00 | 2016秋リーグ戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016交流戦四国選抜対JR四国試合結果

10月9日(日)、四国学院大学第2グラウンド、
13:05開始(試合時間02時間17分)
主管 四国学院・四国選抜
イニングスコア
四国選抜=000|000|010|1
JR四国= 000|010|000|1
※大会規約により引き分け

バッテリー
四国選抜=小久保、上ノ薗、玉木、岡上、安丸−湯田、山川
JR四国=松田、藤川、田内−小林
二塁打=片山、山川(選抜)、岩部(JR)
三塁打=なし
本塁打=なし
暴投=岡上
捕逸=なし
野選=なし
審判( 山脇、永山、塩田、西池)

記事=昨夜からの降雨の影響で、交流戦2日目の開催が心配されたが、四国学院大部員の早朝からのグラウンド整備の甲斐あって予定されていた2試合を開始時間の引き延ばしもなく消化できた。
交流戦2日目、今年度の社会人野球日本選手権に出場するJR四国との対戦。四国選抜は前日の一戦で四国銀行相手に引き分けと熱戦を演じ、この試合で一勝を掴みたいところ。
初回、先頭の濱田(香川)が初球をセンター前に運び、ベンチのムードを一気に高める。この流れを断ち切りたくない四国選抜は先発の小久保(四学)が上々の立ち上がりで、出塁を許すも4回まで無失点の好投を見せる。しかし5回、JR四国6番岩部のレフト前安打、二盗と7番佐々木のレフト前安打で一死一、三塁とすると続く片山にスクイズを決められ先制を許す。6回から上ノ薗(高大)、7回には玉木(松大)とリレーしJR四国打線を無失点で切り抜ける。すると8回先頭山川(高工)がセンター越え二塁打を放つと、車谷(香川)の犠打で同点のチャンスに四国選抜主将として2日間チームを牽引する田原(松大)が代打で打席へ。センターへのフライで山川がタッチアップし生還。同点の犠飛を放ちしっかりと役割を果たした。その裏、四国選抜のマウンドには岡上(四学)が上がる。安打を許すも捕手山川の盗塁刺があるなど、この回も無失点とし最後の攻撃に望みをかける。最終回、一死から山城(四学)がセンター前安打で出塁するものの、後続が続かない。そして、四国選抜最後の投手安丸(鳴教)に思いを託す。長打を浴びながらも要所を締めるピッチングを披露し、得点を与えなかった。
これで四国選抜は前日の四国銀行戦に続き、引き分けで交流戦を終えた。
この四国選抜チームは交流戦の2日間限定であったが、それぞれ得たものや感じたものは大きい。各チームにそれを還元し、連盟全体のレベルアップに繋がれば、今回の活動はとても意味のあるものになるだろう。

(報告者=松山大 平松)

先発の小久保(四学)

初回先頭で安打を放った濱田(香川)

安定感のある守備、小技が光った車谷(香川)

田原とともにチームを支えた四番の原(四学)
IMG_2942.jpgIMG_2668.jpgIMG_3387.jpgIMG_6744.jpg
posted by 四国六大学 at 22:10 | その他公式戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016交流戦愛媛大対四国銀行試合結果

10月9日(日)、四国学院大学第2グラウンド、
10:02開始(試合時間02時間19分)
主管 愛媛大学 観客数 60 人
イニングスコア
愛媛大学=010|020|000|3
四国銀行=000|030|000|3
※大会規約により引き分け

バッテリー
愛媛大学=佐藤、亀岡−吉森
四国銀行=菊池大、政岡−岡ア(高工大卒)
二塁打=南A、宇和川(愛大)、平瀬、田中(松大卒)(四銀)、
三塁打=浜口(愛大)、
本塁打=なし
暴投=なし、
捕逸=なし、
野選=なし、
審判( 永山、礒野、西池、塩田)
記事=昨日、四国選抜チームと白熱した戦いを魅せた四国銀行に愛媛大が挑む。
先制点を挙げたのは愛媛大学。
2回表、先頭打者の4番今村が鋭いライト前ヒットを放つと、続く康が四球で出塁、杉山の送りバント、吉森のスクイズで1点を先制。対する四銀は、愛大先発ピッチャー佐藤の好投に阻まれ、得点の機会を作ることが出来ない。
次に試合が動いたのは5回表。先頭の8番浜口が左中間へのスリーベースヒットを放つと、続く山本がセンター前ヒットですぐさまランナーを返す。その後も、2番南の二塁打に、代打宇和川の二塁打で3点目を獲得。四銀を突き放したかのように見えたが、その裏の攻撃、6番赤松がセンター前ヒットで出塁すると、続く平瀬が二塁打を放ち、行定のセカンドゴロの間に1点を獲得。愛大のエラーと松大出身田中の二塁打により2点を追加し、同点に追いつく。
振り出しに戻った試合はその後も両者譲らず、大会規定により引き分けで試合終了となった。
2日間に渡って行われた格上の社会人チームとの対戦を経て、選手それぞれが得るものも多かっただろう。今回の経験を活かし、次は10月29日に行われる中四国大会での優勝を目指す。

(報告者=愛大 吉原)
1475984320405.jpg1475984339190.jpg
posted by 四国六大学 at 16:58 | その他公式戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016交流戦四国銀行対四国選抜試合結果

10月8日(土) 四国Cスタ丸亀市民球場
開始 12:56(試合時間 02時間16分)
主管 四国学院・四国選抜 観客 84人
 
イニングスコア
四国銀行=000|000|000|0
四国選抜=000|000|000|0
※大会規約により引き分け
 
バッテリー
四国銀行=岸本、菊池大、亀岡−森口
連盟選抜=平山、安丸、岡上−山川
二塁打=岡崎(四銀)
三塁打=なし
本塁打=なし
暴投=岡上(選抜)
捕逸=なし
野選=なし
審判=(磯野、伊勢谷、塩田、奥村)
記事=
各大学の主力選手が集まり、2日間限りの特別チームで挑んだ交流戦1日目の対戦相手は、今年度の都市対抗大会にも出場した社会人チームの四国銀行。
四国選抜チーム先発の左腕平山(松山)は初回、先頭から安打・四球でランナーを許すも後続の二者を三振で抑え、悪い流れを断ち切る。5回を投げ、同校卒業生の田中・十河(四銀/松山大卒)や岡崎(四銀/高工大卒)ら四国六大学出身選手に計4安打を許したものの、140km越のストレートとキレのある変化球を武器に、7奪三振の好投で試合を作った。
攻撃では、今秋首位打者を獲得した田原(松山)・四国学院遊撃手の桝田(四学)が2回・3回と安打を放ち出塁するも活かすことができず、4回までの各回を3人で終えてしまう。中盤5回には、二死から今秋打率.392の山川(高工)と.364の小松(松山)が連打で出塁。得点圏へとランナーを進めるもセンターフライに終わり、試合は両者均衡した状態で無得点のまま終盤へ。
四国選抜は6回を安丸(鳴教)、7回以降を岡上(四学)のリレーで繋ぎ、安打や四球でピンチを招くも、扇の要山川(高工)のリードが功を奏し得点を許さない。
迎えた最終回。一死からレフト前安打で1番藤堂(松山)が出塁し、すかさず二盗。サヨナラのチャンスを広げると、更に代打湯田(香川)が粘って四球を選び、二死1・2塁の好機を作る。サヨナラのかかった打席は4番原(四学)へ。四国選抜ベンチはこのチャンスに盛り上がりを見せたが、四銀3番手の亀岡が投じた4球目はピッチャーゴロとなり、大会規約によって引き分けで試合終了。今回が初の顔合わせとなり当初は緊張の様子も感じられた四国六大学選抜だったが、社会人チームを前に白熱した戦いぶりをみせた。
自チームを離れて他大学選手と交流し、戦ったことで、選手・スタッフ共に視野の広がる学びの多い1日となった。より一層団結したであろう四国六大学選抜チームは明日、JR四国戦へと臨む。
 
(報告者=四学大 猪野)
 
先発の平山(松山)
_20161008_221438.JPG
ヒットを放った田原(松山)
PicsArt_10-08-10.09.23.jpg
2番手の安丸(鳴教)
PicsArt_10-08-10.18.19.jpg
好機を広げた藤堂(松山)
PicsArt_10-08-10.19.02.jpg
粘りをみせた代打湯田(香川)
PicsArt_10-08-10.15.58.jpg
選抜チームを率いる井上監督
PicsArt_10-08-10.17.18.jpg
2016四国六大学選抜集合写真
PicsArt_10-08-10.23.31.jpg
posted by 四国六大学 at 22:35 | その他公式戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016交流戦愛媛大学対JR四国試合結果

10月8日(土)、丸亀Cスタ球場、
9:57開始(試合時間2時間16分)
主管 愛媛大学 観客数 50 人
イニングスコア
愛媛大学=000|001|000|1
JR四国=000|010|10X|2
バッテリー
愛媛大学=田中宏、●勝田、亀岡−乗松
JR四国=〇田内、藤川−小林
二塁打=康(愛大)、小林(JR)
三塁打=なし
本塁打=なし
暴投=なし
捕逸=なし
野選=なし
記事=四国を制した愛媛大学とJR四国との一戦。初回から両者譲らぬ立ち上がりを見せ、2回まで互いに三者凡退に終わる。続く3・4回、JR四国は得点圏にランナーを出すも、愛媛大学の好守備に阻まれ先制点を上げることが出来ない。試合が動いたのは5回JR四国の攻撃、先頭の佐々木が四球で出塁し続く打者の犠打で二塁まで進むと、1番野尻のタイムリーヒットにより先制点を上げる。追いつきたい愛媛大学は6回、西島が四球で出塁すると、盗塁と南の安打で三塁まで進み、3番楠のサードゴロでエンドランを仕掛け同点とする。点を追加したいJR四国は7回、先頭片山が得点圏まで進むと、3番小林の二塁打で1点を追加する。愛媛大学は8回代打康が二塁打でチャンスを作るも、これを活かすことが出来ずJR四国がそのまま逃げ切った。
審判(伊勢谷、山脇、磯野、塩田)
(報告者=愛大 竹邑)
1475912849271.jpg1475912854552.jpg
posted by 四国六大学 at 16:55 | その他公式戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする